FC2ブログ

チェックのマウスパッド

 2019-11-15
作った…といっても手工芸系では全くないのですが、チェックなので載せてしまいます。

大昔、マウスパッド・キットなるものを見つけました。その頃姉が撮影したすさまじく美人なメジロ写真があったので、メジロマウスパッドを作りたいわ!…と思って買いました。実はキヤノン純正カラーBJ用で、うちのプリンタはキヤノンではなかったのですが(笑)。あきらめようと思ったら、その時一緒にいたPCに詳しい友人が「キヤノンのじゃなくても大丈夫だよ!」というので、えいやっと買いました。

ところが時代は変わり。マウスはボール式から光学式、赤外線式と変わり…マウスパッドが不要な世の中になりました。
そんなわけでメジロマウスパッドが作りたい!…とは思ったまま作らずに10年以上経っちゃったのですが。

うちの今の机、マウスの動きが悪い(笑)。
そういうわけで「よし、あのマウスパッドキットを今こそ使うとき!」と思って、メジロ画像を探したのですが…当時の写真を保存したCD-Rが読み込めなくなっていまして…。
ああじゃあ代わりのインコとか羊とかイラストとか…!と思ったのですが。

待てよ、チェックも可愛いんじゃないかな、と(笑)。

いきなり方針を転換して、『TARTAN CHECK PATTERNS』からチェックを選び、印刷して乾くのを待ち、ベースを貼り。
B5サイズでは大きいので半分に切って。

で、こういうマウスパッドが二枚できました。

チェックのマウスパッド

これから寒いので暖色系にしました。うちのマウス、赤いから似合うんじゃないかな。

ところで2枚できたので1枚会社に持って行ってみました。会社の机は別にマウス使いづらくないんですけどね。
そしたら。
会社の机にこのマウスパッドを置くと、マウスの動きがめちゃくちゃ悪くなりました(笑)。
そのうえ、マウスパッド自体が机の上で動く(苦笑)。

会社で使うのはなしになりました。でもまあ本来の目的である、家の机では使えるのでよし、です。

『TARTAN CHECK PATTERNS』、見て楽しむばかりであまり使っていませんでしたが、こういう小物作るのも可愛いですね!(著作権には留意しますが)

さて実はキットは二枚組なので、まだマウスパッド作れるのです。…次は本来の目的通り、写真かイラストを探し出して作ってみたいです!
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

羊の角の柄も再度試す

 2019-10-29
「SPINUTS No.81より抜粋」の冊子が、なんか違うわけですが。
わかめこさんによると、羊の角の柄もまたさらになんか違うらしい…。

というわけで、羊の角の柄もまた試すか!…ってなったわけですが、手持ちに糸がないー。刺し子糸は2色しか残ってないー。
で、「あ、アナンダの染色綿糸どうかな。ちょっと堅いけど」というわけで、今までと趣の違う糸を試すことにしました。

趣は違うけど、色はいろいろあるので、柄を試せます。

そう、羊の角の柄。前回やったとき、ブログには特に書かなかったのですが、一番に「ちーがーうーじゃーん!」と思ったのは実は色です。
あの、一般的にこういう書き方の場合、最初にアップで載せられているものの色を図案には載せるんじゃないかなと思うんです。
しかし図案に載っているのは、どう見ても、参考作品っぽく載っている、赤と白のカード織り作品のうち、白の方ですね。図案からすると白ではなくグレイらしいですが。

そして、先日「この冊子、経糸の通し方は英語のほうが正しい!日本語逆!」と気が付いたのですが。
わかめこさんがコメントで教えてくださったとおり、羊の角の柄では日本語に従って通さないとダメです。

つまり、「カード織りの本の分類をした回でもあとで『あれSPINUTSは逆かも』って書き直したんですが、逆じゃなかった!」って思ったのも道理で、「カードの回転の違いで柄が違う」のページは、「糸の方向が線の向き=糸の向きだった」のですが、羊の角の柄については、「糸の向きが線の向きではない」のです!惑うわ!

さてはて。今回、手持ちのアナンダの染色綿糸でやった結果、色合いは、アップで載せられているやつと似た感じになりました。
羊の角の柄
ところでこれまでと比べると相当経糸が余っているところで終了にしました。
…途中で「あれ間違えた?」と思って戻ったら、二進も三進もいかなくなったんです…。長さ60cmまで織りたかったのですが。残念です。

アップはこちら。
羊の角の柄アップ


さてSPINUTSではあと水平軸ひねりが残っているわけですが。これの経糸の通し方はどっちなのか。そして図案の書き方がこれまでと違うっぽいのですが、理解できるのでしょうか…。
まあここまでSPINUTSにこだわってるのって水平軸ひねりをやりたいがためなので(手持ちのほかの本には水平軸ひねりがほとんど載っていない)、頑張って解読するしかありませんね…。

しかしその前にまた、カード織り用に糸買わなくちゃ…。

カテゴリ : カード織り トラックバック(-) コメント(5)

カード織りを再度試す

 2019-10-22
前回静電気防止糸で「SPINUTS No.81より抜粋」の冊子の「カードの回転の違いで柄が違う」の、4を織ってみた結果、「経糸の通し方が違うじゃん!」となったわけですが。

経糸の通し方が違かったからには、(その割に、前は一応織れちゃってるけど)何か、織り間違えているところがあるかもしれない!…と、再度、よくよく冊子を見ながら「カードの回転の違いで柄が違う」をやってみました。

SPINUTSの基本の柄再度
できあがりはこちら。またギリギリまで織っています。えーラグビーの日本対南アフリカの試合を見ながら織っていたので、大変進みました。最後の1模様だけ、昼休みに会社で織りました。

緯糸は途中で足りなくなり、前に織った経糸の残りをちまちま足していたので、ちまちま飛び出ています。あとで綺麗にします。
ちなみに経糸こんなに短いのでやってられるか!…と途中から別の糸を余り糸を緯糸にしました。

1.5cm幅位で、長さ72cm位のものができあがりました。

さて、再度やってみてわかったこと。
図案1の横の経糸の通し方。表から裏へと裏から表へが逆だと考えても、あの絵を解釈しようとすると、めちゃくちゃわけがわかりません。だってね、この冊子では基本的に、カードの表面は人から見て右側です。
と考えると、この絵の左側が人に結び付けるほう、右側が固定するほうと思われるわけですが。だとすると、左側の絵が表から裏、右側の絵が裏から表になるのです…。
というわけで、この絵のことは考えないことにしました。考えれば考えるほどわけがわからなくなります。

前回もおかしいなと思ったけど。
「1~5の柄はカードの表が右を向いている」とありますが…6は?
つながっているのだから6もカードの表は右でしょうねえ。
Aがfar topの位置(つまりDAが上)から始めるのが1~5の柄、なんだろうと思います。

そして。1は途中で後ろ回転から前回転に変えますが。
1はAがfar topから始めたので、前回転に変えるのもAがfar topの時だろうと思って前はそうしたのですが、冊子の写真と柄がちょっと違うんですよ。…Aがnear topの位置(つまりABが上)にあるところで回転を変えると、冊子の写真のように、ちゃんとくっきり< ◆ >みたいな柄になります。
SPINUTSの基本の柄再度のアップ

Aがfar topの時に回転を変えると、<と>がくっついちゃうんですよ。

あ、そうだ。iOS用のカード織りアプリはカードの表が左を見るので、SPINUTSとは逆のようですが。
カード織りアプリでは、カードの穴が上からDCBA、SPINUTSでは上からABCDなので、そのまま使えます。

…ただ、SPINUTS、DAが上から始めるので、そこのところは考えて入力しないとうまくいかないかもしれません。
あと、カード織りアプリ、回転パターンに制限があるので、その点でもうまくいかないかもしれません。「後方回転のみ」と、「2回転ずつ」はなかったような。
カテゴリ : カード織り トラックバック(-) コメント(4)

カード織りしたものでキーホルダー

 2019-10-22
先日カード織りをした、静電気防止糸での紐。思ったより幅広になりましたが、予定通りキーホルダーにしました。
キーホルダー

思ったより厚地でもあるわけで、手持ちの金具では到底止められなかったので…、ほつれ止めにもミシンをかけ、キーホルダーにするにもミシンをかけました(笑)。
キーホルダーの縫い目

まあ前に同じ糸で組ひもして、車のキーホルダーにした時も、厚すぎて縫ったものです。あの時は手縫いでした…。
カテゴリ : カード織り トラックバック(-) コメント(0)

『はじめての、小さなキリムと小物たち』

 2019-10-19
本屋さんに行ったら、織り図案に転化できそうなクロスステッチの本とか、面白そうな編み物の本とか、気になる新刊が色々出ていました。どれか買おうかなーと思っていたら、こんなのもあった!
『KILIM』!



KILIMがタイトルかと思ったら、奥付によると『はじめての、小さなキリムと小物たち』がタイトルってことになっています。確かに背表紙にはその文字だけ入っていますね。
キリムの各種技法というか、モチーフの紹介をコースターサイズでした後に、こういう作品にできますよ、と作品へのアレンジも載っています。
見たところ、よさそうな本です。何より、キリムの本が特別な棚ではなく、ふつうに手芸本コーナーにあったのがすごい…!
というわけで買いです。買いました。

※ 日本でいうならキリムの織り方は綴れ織りなので、カテゴリは「綴れ織り」にしました。

本の内容は次の通り。


  • キリムの世界へようこそ
  • (各種モチーフ)
    • ストライプ
    • ハッチ/十字
    • ギョズ/目
    • エル、パルマック、タラック/手、指、くし
    • チェンゲル/フック
    • ブカーウ/足かせ
    • キュペ/耳飾り
    • チチェッキ/花
    • ベレケット/豊穣
    • アシュク ベ ビルレッシム/斜陽
    • クシュ/鳥
    • ユルドゥズ/星
    • ムスカ/お守り
    • エリベリンデ/腰に手
    • プトラック/オナモミ
    • ハヤットアージュ/生命の樹
    • サチバーウ/髪飾り
    • コチボユヌズ/雄羊の角
    • クルトアージュ、クルトイジ/狼の口、狼の足跡

  • コンビネーション
    • ヨコボーダー斜め織り
      • カナバル アヤーウ/モンスターの足跡
      • クルトイジ/狼の足跡
      • ブカーウ/足かせ
      • キュペ/耳飾り
      • スユル/流れる水

    • ヨコボーダースリット織り
      • ギョズ/目
      • スユル/流れる水
      • エル、パルマック、タラック/手、指、くし
      • ハッチ/十字

  • (作品)
    • マグカップウォーマー(モチーフ:スユル/流れる水)
    • タペストリー(モチーフ:サチバーウ/髪飾り)
    • タペストリー(モチーフ:ユルドゥズ/星)
    • クラッチバッグ(モチーフ:チェンゲル/フック)
    • クラッチバッグ(モチーフ:キュペ/耳飾り)
    • ブローチ(モチーフ:エル、パルマック、タラック/手、指、くし)
    • チャーム(モチーフ:ユルドゥズ/星)
    • ピンクッション(モチーフ:アシュク ベ ビルレッシム/斜陽)
    • サコッシュ(モチーフ:エル、パルマック、タラック/手、指、くし)
    • サシェ(モチーフ:アシュク ベ ビルレッシム/斜陽)
    • サシェ(モチーフ:チチェッキ/花)
    • ヘアアクセサリー(モチーフ:エル、パルマック、タラック/手、指、くし)
    • ヘアアクセサリー(モチーフ:サチバーウ/髪飾り)
    • キーケース(モチーフ:チェンゲル/フック)
    • キーケース(モチーフ:ブカーウ/足かせ)
    • ポットマット(モチーフ:ベレケット/豊穣+エル、パルマック、タラック/手、指、くし)

  • キリム織りの基礎知識
  • アレンジカタログ(飾りひものアレンジ、織りかたのアレンジ、タテ糸の始末のアレンジ、縫い綴じのアレンジ)
  • KILIM Gallery(著者作品が2ページ、オールドキリムが6ページ)


…意味が分からないカタカナを打つのにけっこう苦労しました…。
ですが、96ページでサイズも小さいわりに盛り沢山なのは理解していただけるかと!

あと、気になる道具と材料。

本の中で使用している織り機
F8サイズのキャンバス用木枠。まあでも100円織り木枠でも、なんでもいけるんじゃないでしょうか。要は経糸がきっちり張れれば。
使用している糸
経糸は撚りの強い強撚糸。
緯糸は粗目の羊毛糸でほとんど流通していないため、オリジナル糸を販売しているとのこと。Webで購入可能(タテ糸も購入可能)。ただし、この本では入手しやすいDMCのタペストリーウールでの作成も提案しています。こちらで織る場合、サイズが小さくなるとのこと。


というわけで、入手できるようなもので始められるのがいいな、と思います。
楽しそう。
カテゴリ : 綴れ織り トラックバック(-) コメント(0)

カード織りは続く。静電気防止糸で織る。

 2019-10-16
前回、次は静電気防止糸で織る、と言った通り、準備を始めました。
静電気防止糸とは、前に組ひもプレートで組んだ糸です。「ベルアートNo.88」。
これを、家のカギにつけたり車のカギにつけたりしましたが、今度は家用のをカード織りで作ろう!と思った次第です。

さて、キーホルダーにするので、細くていいのですが、ベルアートNo.88は、コットンキングよりは細そうだけど、刺し子糸よりは明らかに太い。うーん、経糸12本位かなあ、と思いました。

垂直軸ひねりにはまっているところですが、両脇2本ずつの4本を緯糸隠しのために緯糸と同じ糸にするとしたら、中は8本。あまりいろいろな柄を作れません。ダダ柄(色違いだけど)はなしかな…。

あ、ダダ柄とは何かというと。カード織りWSの課題1、白地に黒の紐を見て友人が「…ダダ!」って言ったんです。ウルトラマンはほとんど見たことがないのですが、彼女が見せてくれた画像を見たら、なるほどあの柄はダダ…!
というわけで、ダダ柄と呼ぶことにしました(笑)。

するとほかに12枚で作れるものは、と『カード織り・ベルト織り』を見ましたが、持っているベルアートNo.88は赤と黒の二色なのでねえ…。カード織りで載っているものは2色のものがなかったようでした。
じゃあまたSPINUTSに戻るか、と、前に織った「SPINUTS No.81より抜粋」の冊子の「カードの回転の違いで柄が違う」の、4にすることにしました。

ところで、SPINUTSのを織ろうと経糸の準備をすると、いろいろ間違えて毎回スタートに苦労していました。
これまでにわかったことを冊子に書き込んであったし、今度は丁寧に準備したはずなのですが。
織り始めるとやっぱり違う…。裏に柄が出ます。
二度くらい慎重にやり直して、やっぱり違う…。

えー?って思って冊子をじっと見たら。ああ!こんなところまで違う!!!
いや、「カードの回転の違いで柄が違う」で織ったときも、説明が間違ってるだの、英語と日本語で説明が違うだの思いましたが。

SPINUTS
見えますかね。表から裏の方、英語はunlettered side to lettered sideって書いてある…!lettered sideが表だよねえ?どう考えても!!
日本語と絵だけ見て、「表から裏でこの絵ってことは、右から左に通してるのか…矢印と違うなあ」と思ってたんですよ!
カード織りの本の分類をした回でもあとで「あれSPINUTSは逆かも」って書き直したんですが、逆じゃなかった!
日本語の説明が間違ってただけだった!!!

そりゃー表と裏を逆に通せば、柄が裏に出るわけですよね!!!!
…というわけで理解したので経糸を通しなおした結果、あとは、普通にできました。

そんなわけで昼休みにもやったんですが、違うって何度も戻したので、この出来上がったのは家でバレーボール見ながらやったものです。今年の世界バレー、男子は燃えましたね…。

ギリギリいっぱいまで織った結果、ここまで織りました。…もうちょっと手前であきらめろ、という気もする(笑)。
経糸残り

全体像はこんな感じ。2cm幅で、織れている部分が40cmってところですね。ちなみに整経は1mだったはずなので、無駄糸は60cm。
全体像

アップにするとこういう感じ。まあまあかな…。
幅2cmの出来上がりは思ったより太かったです。でもこれ以上詰めるのもどうかなあって感じだったんです。
一部アップ
緯糸の入れ方については思うところがあったので、次は『カード織りベルト織り』方式でやってみようかなと思います。

糸はなかなかカード織りによかった、と思いますが、もともとワゴンセールで買ったんだから、おそらく廃番糸でしょう。しかも今回で赤をほとんど使い切りました…。

しかしなあ…私が持っているSPINUTS No.81より抜粋の冊子。重版のものと、改訂第2版のものなんですが。
なぜ、間違いが直ってないのでしょう。「抜粋」して「重版」して「改訂」して、それも「重版」したんですよね?
まさか誰もこれで織っていない?(笑)

間違えて持っているのに改定後のものも買っちゃったんですけど、人にあげられないなあ。これ見ては織れないもの。
(ほかにもいろいろ、これじゃわからない、というところがある)
カテゴリ : カード織り トラックバック(-) コメント(2)

カード織りWSの課題その2を刺し子糸で

 2019-10-09
前回もう一本同じ柄を刺し子糸で織ろうと思うと書いた通り、もう一本織りました。
…ただ、前回より細いから、倍量とかにしなくても織りきれるかなーとちょっとケチったら、結局課題の模様は最後まで織れませんでした。
あともうちょっとなのですが!
カード織WS課題2刺し子糸
全体像はこんな感じ。買い込んだ糸の色の都合で、真ん中が黒になりました。
刺し子糸は前回使った糸より細いので、出来上がりも細いです。これで幅2cm位。
一時2.3cm位になっていましたが、戻して直しました…。
長さは56cmってところです。

カード織WS課題2刺し子糸アップ
アップにするとこうです。まあまあちゃんと織れているかな…?

そして次に昼休みにやるカード織りも準備しました。
今度は静電気防止糸を使用して、キーホルダー用のひもを作る予定です。


カテゴリ : カード織り トラックバック(-) コメント(0)

カード織りWSの課題その2

 2019-09-25
東京スピニングパーティーで受講したWSでの課題は二つありましたが、当日二つ目には全く手を付けませんでした。

で、22日の夜、経糸をカードに通しました。いやそれだけでなく、うっかり織り始めそうだったんですが、「夜中だから!」と自分に言い聞かせてました。テレビを見ながらとか、会社で昼休みにやるとかしよう!と。
…そして23日、女子バレーをテレビで見ながら、ほぼ織り終えてしまったのでした。…昼休みには何をやれば…。

最後の何段かと糸始末は昼休みにやろう!…というわけで、出来上がったのは24日です。
整経長が90cm程度とはいえ、早いなー。どんどん作ってるなー…。

今回も、4つを1ブロックとして、前方回転と垂直軸ひねりで模様を出すものですが、両脇2つずつはボーダー部です。このボーダー色と緯糸の色が同じなので、両脇の緯糸が目立たないわよ、とのことでした。

出来上がりがこちら。
課題2全体
アップにするとこう。ボーダー部が緑と黒。中の3ブロックはグレーのブロックと白のブロックになっています。
幅も大体3cm位の一定幅で織れましたし、いいのではないかと。
課題2アップ
長さは47cm位です。

ところで、このWSは「(ABCDと穴に書いていない)無地のカードを使って自由自在にキブリム文を織る」というものでして。
課題1の時は一つの穴に黒、残りに白の糸を入れたあと、黒を入れた穴を回して移動させて、スタート位置にし、その時点でカードに線を引いたんですね。それがこの黒線。
課題1のライン

課題2も同じ風にする…には、まっさらなカードが必要です。WS中に課題2まで行った人は、新たなカードを購入して線を引いておられましたが、「毎回新しいカードを用意するわけにもいかないし、最初からずらした穴に入れよう!」と思って、課題1で使ったカードに課題2用の糸を通した…のですが。
両脇2個ずつはボーダーで、ずらして入れるのは3枚目からでした。穴を二つ間違えちゃいました。
というわけで、黒の線がある辺の反対側にオレンジの線を引きました(苦笑)。課題2はオレンジ線を基準にやりました。
課題2のライン

大丈夫です。何とかなりました!

…で、これまでにわかったことを今、ノートにまとめているのですが…。「どの穴の糸が出る」のかが、ちょっと自信ないので、この柄をもう一本織ろうと思います。…というか90cmでは課題の模様、最後まで織れなかったから、というのもあります。

糸は、ユザワヤ錦糸町店で買ってきた刺し子糸をさっそく使います!


ところで、PCを新しくしました。OSがWindows8.1からWindows10になりました。
この記事は新しいPCでの初投稿です。
カテゴリ : カード織り トラックバック(-) コメント(0)

カード織りWSで織ったもの

 2019-09-23
21日中に織りきる、とか言ってましたが、結局22日になりました。でも織り始めたら経糸的に少ししか織れずすぐ終わりました…。

ちなみに、会場では丸棒一本しかなく巻き取れなかったわけですが。帰宅後は箕輪先生方式で、杼を二枚重ねました。前回、杼がなかったと書きましたが。実は先週木曜日に、「増税前に咲きおりの20羽ソウコウを買おう!」と蒲田のユザワヤに行った折りに、エオリアのシャトルを見つけたので買っておいたのです。2本。
そんなわけで無事に織れました。

出来上がりはこんな風です。
カード織り課題1全体
一部アップにするとこう。
カード織り課題1アップ
カードのうちの1枚だけが黒で、回転は前方回転のみ。4枚ずつが1ブロックの柄で、黒線の向きを変えたいところはカードを垂直軸ひねりします。

最初のうち隙間がなかった黒線に隙間があくようになったので間違えたかな、と思ったのですが。
詰め方の調子であって間違えてはいないそうです。
詰め方の調子が異なっているからには、当然幅が一定じゃないです。
これも箕輪先生方式ですが、次から定規柄のmtを貼って幅を決めて織ろう…と思いました。

今回はおおむね3cm幅くらいで、長さは48cmです。


とりあえずこれで、この方式のものは色々な柄が自分でも作れます!
しかもデザインがExcelで簡単にできる!!(Excelを使い倒している私…。あれは表計算ソフトだぞー)
カテゴリ : カード織り トラックバック(-) コメント(0)

新・東京スピニングパーティー2019

 2019-09-22
今年のスピニングパーティーは二日目の日曜日に行きました。
というのは、日曜日のレクチャーに行きたいものがあったからです。
行きたかったのは「カード織の探求〜システムの森に分け入って〜」。はい、カード織り三昧です(笑)。

毎年何かしら改善されているように思いますが、今年はレクチャーの受付方法が改善されていました。
入場料を支払ってから、レクチャーの整理券配布に並べる。
と、理解していたので朝、8階の受付に並んでいたのですが。
レクチャーの整理券配布に並びたい人は入場料の支払いも9階の受付でした。よくよく見たら、HPのレクチャーの頁にある画像での案内にはそう書いてありますね…!でも、レクチャーの整理券配布に並びたい人は9階に行ってください!って言われた時に、移動したのが複数人いたので、誤解した人は割といたのでは…。土曜日はどうだったんでしょうね。

あと、整理券配布は、廊下に並んだうち、20人位ずつ、受付会場に入れて、申し込みたいレクチャーに並ぶ方式でした。で、複数レクチャーを申し込みたい人は、もう一回並んでね、ということだったのですが。受付会場で並び直した人と、外の列に並び直した人と2種類いたみたいですが、どっちが正解だったのでしょう??後者の人が圧倒的に損してますよね。
ちなみに私は、今回カード織りのレクチャーの整理券しかとっていないので、得も損もしていませんが。

さて、整理券を無事ゲットしたので、レクチャーが始まるまで1時間弱の余裕がありました。その間に会場を一巡り。
ZÜSさんのフエルトは今年も気になりました!
下村ねん糸さんでは古木枠が出ていて気になる…(午後に買いました)。

西銘通商さんではほぼ毎回糸を購入していますが。今年はちょっと種類が少なかったかなあ…?
羊まるごと研究所さんでは、ウールを触り。
国産アルパカ毛さくらてあみさんでは、アルパカでフエルト化させたボールを触り。

東京アートセンターさんでははしご糸があって、見させていただき。
齊藤機料店さんでは(午後ですが)、太い綿糸が欲しい話をし。

ASIAN ACCENTSさんでは、アメリカの雑誌の話を聞き(だいぶ売れちゃったそうですが、古い雑誌を出しておられた)、来年から会場の場所が変わる話を聞きました。午前中もお話ししたけど、より話したのは午後かな。
STUDIO TESSILEさんでは今年も「織ってる?」と訊かれ、今年は一応「お、織ってます」と答えられました…。

さをりの森では糸の並べ方が芸術的でしたが、欲しいのは定番の一定の太さの綿糸だったので…。

ギャッベハネさんでは「あ、道具がばら売りされている…」と思い。
AMHさんでは「あ、ひつじ百貨店で購入したスピンドル!」と思い。いやここの羊グッズ、可愛いですよね。
bolly木工房さんでは、ミニサイズの綿繰り機と糸紡ぎ機にうっとりしつつも「…いやでも普通サイズのを持ってるしな…」と断念。あ、四角いスピンドルにも心惹かれました。四角いのの何がいいって、転がらないのがいいですよね…!(という話をKakara Woolworksさんでもした。Kakaraさんのところにも同じ四角いスピンドルが置いてあったので)

古紙を織るさんでは、大福帳が販売されているのにびっくりし(それを糸にするそうです)。
K-Spindlesさんでは、ウールピッカーなるものを体験させていただきました。スムーズに動かせて気持ちよかった…。

タリフさんでは、特売品に心揺れるも「でも糸持ってる…」と断念。
ベンガラ染め古色の美さんは、毎年気になっていたものの、買ってはいなかったのですが。午後買いました。

とりあえずチェックした後、レクチャー会場へ向かいました。
いかにしてカード織りと巡り合いはまったか、みたいな話と、インドネシア・スラウェシ島のカード織りの話、こうすると、こういう撚りのものができる、という実演などなど。ワークショップと合わせてなるほどと思えました。
しかし、一番衝撃的だったのは、PINTERESTにカード織りの図案が色々出ている、という話でしょうか。決まった図案の描き方があるんだ!?とも思いました。帰宅後、card weaving pinterestで検索してみましたが、出るわ出るわ。柄の絵と、数字が書いてある表のセットが。
この図案の読み方は…わかる…ような気もしますが、どう読むんだ、みたいな説明はどこかにないですかね…。あるいは載っている本はありませんかね…。

レクチャー後、再度会場を3巡り位し、会えた知り合いとお話もできました。そのあと、4階のユザワヤに寄って買い物をして帰宅。

さて、戦利品はこちら。
スピニングパーティー2019戦利品
右の二つがスピニングパーティーの会場での戦利品です。木枠とベンガラ泥染め。木枠は5個買うか悩んだのですが、2個にしておきました…。2個でも単価がちょっと安くなったのですが、5個だともっと安かったんですよね…。

左手前がワークショップで入手したもの。第一の課題が終わったものと、カードと薄い木の板。左側のビニールの入っているのは第二の課題の糸です。

左側の残りはユザワヤで仕入れたものです(笑)。奥の大きいのは馬。いや金曜日の行きにもユザワヤに寄ったのですが。「あ、増税前に馬買おうかなあ」と思い出したので。アイロン用具です。本当はまんじゅうも欲しかったのですが、ここには置いていませんでした。
あと糸6束は刺子糸です。齊藤機料店で染織工房こおり舎さんと太い綿糸の話をしたのですが、「刺子の人にも太い綿糸が欲しいって相談される」と聞いたのです。それでユザワヤさんで刺子の糸(セール中だった)を見掛けた時、リップスマットには細いけど、カード織りにどうかなあ。色も色々あるし、刺繍糸より1かせの長さが長いし。というわけで試しに買ってみました。
左側はこないだ黒で染めた時に「色止め剤が残り少ない…!」と思ってほしかったミカノールです。パッケージが変わっていましたが(みや古染めもパッケージが変わっていた)、見つかりました。

あ、載せなかったですが、ワークショップ会場で冊子『カード織りを理解するために ヨーロッパにおけるカード織研究・百年の足跡』も購入しました。レクチャーの内容も一部載っています。
カテゴリ :イヴェント トラックバック(-) コメント(0)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫