FC2ブログ

コーヒーでポロワススライバーを染める

 2015-11-29
金曜日、週末を迎えるにあたり、TODOリストの整理をしておりました。いや、この週末は何から片付けようかと…。

TODOリストの染めのところは、イコール手持ちの染材のリスト、なわけですが、一個あるのかないのかわからない染材がありました。
ムラサキタマネギの皮です。
もう染めたような気がするんだけど、チェックし漏れなのか。それとも本当にまだあるのか。
と、前から思っていたので、この際、確認してしまおう!と、土曜日、染材の入っている段ボール箱を引っ張り出して、存在確認を行いました。
あと、桜の紅茶とSAKURA TEAって二種類あるんだっけ?一個を二回書いちゃってるのかなあ…というのもありました。

結果としては、ムラサキタマネギの皮はないみたいで、桜の紅茶とSAKURA TEAは別々にありました。
そして、段ボール箱に染材を戻している時に、「うーむ、沢山あるなあ。…染めちゃえば減るよねえ」と思い至り。(何も思い至らなくても…。当たり前のことだろうに…)
「一番場所を取っているものから片付けよう!」と、選んだのがこれ。
コーヒーの粉
ラウンドキャニスターと言うんでしょうか。密封できる入れ物に入っていたので、全く湿気てはいません。見てわかると思いますが、ドトールのマイルドブレンドです。
おそらく、こんな入れ物に入れたために、存在を忘れていて、消費期限を大幅に過ぎてしまい、「染めに使っていいわよ」と回されたものかと思います。もらったのがいつかはわかりませんが、消費期限は2007年でした。

コーヒー投入
量は約180gありました。ゴミ用のネット…だと隙間から出てきそうな気がするなーと思って、不織布で包んで輪ゴムで止めました。ちなみに不織布は、クリーニング屋さんで衣類にかけてくれるやつです。再利用。

コーヒー抽出中
ぐっつぐつ煮ています。4Lの水で一番液を出し、2Lの水で二番液を出しました。

ここまで土曜日の作業。

日曜日、併せて6L弱(煮ると減るので)になった染料液に水を足して6Lにして…さて何を染めようか悩みました。
ポロワススライバーはみょうばん媒染してあるから楽だな。しかし、糸で銅媒染もいいなあ。銅媒染なら後媒染するから、糸そのまま染められるし…と悩んだのですが。
結局、媒染済みで染めたら終わるのでポロワススライバーにしちゃいました。
もっとも原毛を染めても、紡がないと糸にはならないので「染めたら終わる」わけではありません…。

ちなみに今回の手順は、作成中の手順書を見ながら進めました。
作っている手順書
ペーパーレス時代に反してわざわざ印刷しました。まだ作成中なので書き込みながらやりたいですし…。印刷すると、PC画面上では気が付かなかったミスに気が付くものなんですよ!
ところで、開いて書き込みやすいように中綴じ印刷をしたのですが。最近のMS-WORDは中綴じ印刷が標準機能でできるんですね!あんまり簡単で感動しました。中綴じ印刷にあたって参考にしたのはこちらです。http://ciao.aoten.jp/ciao/2014/12/word-531a.html

染めている間、隣のコンロが空いていたので、蒸したり煮たりして、溜め込んでいた紡いだ糸の撚り止めをしました。
写真は重石をつけて干しているところです。撚り止めのために、家に傘がいっぱいあってよかったなあと思います…。
撚り止め

ちなみにまだ撚り止め待ちの糸があります。染材と同様こちらも溜め込まないでちまちまやればいいのですがね。

さて、コーヒー染めしたポロワス。こうなりました。
コーヒー染めしたポロワス
かなり濃く染まりましたよ。180gで100gを染めるという、かなり贅沢な使い方をしたせいもあるかもしれません。出がらしじゃないコーヒーの粉ですしね!

で、残液も十分濃いのです。…これもまた染めるかなあ…。そのようにして、染めはいったん始めると、どんどん被染物を使い切ってしまうのですよね…。


染めたもの
ポロワススライバー 100g
染料
コーヒーの粉、180g
媒染剤
ミョウバン媒染
参考書籍
作成中の『My草木染め手順書』。この手順書のもとになっているのは手持ちの染めの本。


参考用語
あ行:後媒染
さ行:スライバー
た行:銅媒染
は行:ポロワス
ま行:ミョウバン媒染
カテゴリ : 原毛を トラックバック(-) コメント(0)

ポロワススライバーをワカメで染める

 2015-09-15
真綿を染めた乾ワカメの残りがあったので、「この際使い切っちゃえ!」と、先週染料を抽出しました。
で、イヌビユ染めと並行してポロワス染めを行いました。
消毒薬はもうなかったので、ただの水での抽出です。

DSC00302.jpg

やはり黄色っぽく染まりました。
うーん、やはりこの乾ワカメに関して言えば、あまり過酸化水素水の効果はなかったんじゃないでしょうか…。


染めたもの
ポロワススライバー 約50g
染料
乾ワカメ 37g
媒染剤
ミョウバン媒染
参考書籍
媒染については、『世界の草木染め ワイルドカラーの魅力』
染めは『草木の染色工房―身近な草花、樹木を使って』



参考用語
さ行:スライバー
は行:ポロワス
ま行:ミョウバン媒染

推定イヌビユでポロワスを染める

 2015-09-13
今年も棉のプランターにイヌビユが生えました。
DSC00289.jpg

これも恒例になってまいりましたね。今年もイヌビユで染めることにしました。収穫はこの位。
DSC00290.jpg

今年は何を染めようか悩んだのですが、染め用に買ってあったと思しきポロワススライバーが300gあったので、まとめてミョウバン媒染し、そのうちの50gを染めました。
こちらが染まり具合。
DSC00309.jpg

微妙ですが一応薄緑に染まっています。


染めたもの
ポロワススライバー50g位
染料
イヌビユの茎・葉。
媒染剤
ミョウバン媒染
参考書籍
媒染については、『世界の草木染め ワイルドカラーの魅力』
染めは『草木の染色工房―身近な草花、樹木を使って』



参考用語
さ行:スライバー
は行:ポロワス
ま行:ミョウバン媒染

玉ねぎ残液でメリノを染める

 2014-12-30
前の週に染めた玉ねぎの液をとっておいて、またメリノを染めました。
DSCN4412.jpg

やはりかなり色は薄くなりましたね…。でも、毛先の茶色いのは目立たなくなったからいいかな…。

メリノを玉ねぎの皮で染める

 2014-12-25
先日メリノを推定イヌビユで染めた時、自分で洗ったメリノは毛先が茶色かったので、「じゃあ茶色く染めればいいんじゃないかな」と思いました。

茶色っぽいといえば玉ねぎの皮。そういうわけで実はストールを染めた時一緒にメリノ原毛も入れました。メリノ原毛が蓋状態になっていたので、完全に染液につかっていたストールがよく染まったんじゃないかな、という気もします。

メリノはこんな感じに染まりました。

DSCN4398.jpg

なかなかいいんじゃないでしょうか。毛先も目立たないし。

メリノを推定イヌビユで染める

 2014-12-11
ベランダの推定イヌビユで8月に染めましたが、またプランターにイヌビユが育ってしまいました…。

被染物、何にしよう…と考え、手持ちの原毛をひっくり返したところ。
自分で洗ったメリノに目が留まりました。
これ、けっこう量あるんですが、今まで染めたりに使っていなかった理由はただ一つ。これ以上煮たり洗ったりしたらどうにもならなくなるのではないかと思ったからです…。
でもまあ、どうにもならなかったら、フエルト化させてもいいや、と開き直りました。
イヌビユの採集と抽出は2014年11月16日。銅媒染と染めは11月22日にやりました。
結果はこうです。

DSCN4379.jpg

染まっているんだかなんだかわからない写真になりましたが、一応染まっています。
銅媒染で青くなり、そのあと一応ちょっと緑が入りました。
茶色い部分は、ずっと洗いに失敗した部分と思っていましたが、今回よくよく見たら茶色いのは毛先なので、もしかして、日焼け?


染めたもの
メリノグリージーを大昔に洗ったもの 50g
染料
イヌビユの茎・葉・花 90g
媒染剤

参考書籍
『草木染め大全』



参考用語
か行:グリージー
た行:銅媒染
ま行:メリノ

銅媒染済みのポロワスを推定イヌビユで染める

 2014-08-19
去年推定イヌビユで綺麗な緑に染まりました
よし次の機会があったら銅媒染にしよう!
と思っていました。

したがって今年は、どれだけイヌビユが生えてこようと抜かないで育てました。
一つのプランターなど棉が生えてこなかったのでイヌビユだけでこんなことに。
DSCN3867.jpg

このプランターだけではなく、あちらこちらの棉のプランターや鉢に生えたので、大中小合わせて18本のイヌビユを収穫することができました!

染めた結果はこうです。もともと媒染でかなり青かったのですが、そこにイヌビユの緑成分がちゃんと入ってくれました。
DSCN3880.jpg


染めたもの
ポロワススライバー75g
染料
イヌビユの茎・葉・花。
媒染剤
前に銅で媒染したもの。
参考書籍
『草木の染色工房―身近な草花、樹木を使って』




参考用語
さ行:スライバー
た行:銅媒染
は行:ポロワス

花束染め

 2013-06-30
いただいた花束のうち、濃色の花びらでは花びら染めをしましたが、花びら以外と、淡色の花、葉っぱが残っていました。
種類別に染めてみるのが正しい道でしょうが、すると量も減っちゃうことなので、まとめて煮染めをしました。
豪快?

ものはみょうばん媒染してあったポロワス全部です。

DSCN3279.jpg

結果、けっこう濃く染まったのですが、一体何が色の元なのでしょうねえ……。

染めたもの
ポロワススライバー38g
染料
花束。
媒染剤
みょうばんの先媒染。
参考書籍
『草木染め大全』



参考用語
か行:原毛
さ行:スライバー
は行:ポロワス
ま行:みょうばん媒染

推定イヌビユで羊毛を染める

 2012-10-05
ベランダのプランターに勝手に生えてきたものがあります。
488142551X散歩で見かける草花・雑草図鑑
高橋 冬
創英社/三省堂書店 2011-06-07

by G-Tools

この本で調べたところ、多分イヌビユかと思います。ちなみにこの本、写真がかなりわかりやすくていいですよ。実は道端の草花を見分けて草木染めに使うのにいいんじゃないかと思って買いました(笑)。

で、ほかのちゃんと育てているものの邪魔になるほど、大きく育ったので収穫しました。
img799_DSCN2841.jpg

全長65cm。
イヌビユと判断する決め手となった花部分はこんな感じ。あとは葉っぱの形とか茎の色とかが判断材料。
img800_DSCN2842.jpg

けっこうな量がありましたので、ちょっと煮出してみました。そして色が出たので染めてみました。
img801_DSCN2861.jpg

写真ではあまり色が出ていないのですが、薄い緑色。なかなかいい色です。まあ堅牢度はわかりませんが……。


染めたもの
ポロワススライバー20g
染料
イヌビユの茎・葉・花。抽出液600ccで染め。
媒染剤
みょうばんの先媒染。(栗染めの時にしておいたもの)
参考書籍
『草木染め大全』



参考用語
か行:堅牢度
さ行:スライバー
は行:ポロワス
ま行:みょうばん媒染

栗の皮でポロワスを染める

 2012-09-27
服地サンプルも織りあがっていますが、記事にするのは縮絨をしてからにするとして。本日は、栗染めの記事をUPします。

img796_DSCN2853.jpg

手前は渋皮で染めました。奥が鬼皮。
ピンクと黄色(茶色?)ですけど、どちらもちょっと渋めの色です。



23日、姉が栃木のお友達からもらったといって立派な栗を袋一杯もってきました。そのお友達の家には栗の木が1本(ほかにも柿とかいろいろ)あるらしいです。

栗をいただいたからには、まずは栗の皮剥きです。姉が鬼皮を包丁でむき、私が渋皮を皮剥き器で剥きます。私、かなり何でも皮剥き器で剥きます。キウイの皮とかも。……包丁があまり得意じゃないだけですが……。

剥きながら、「栗の皮って染まるんだよねー」と言ったら、姉に「わあ!皮まで使ったって聞いたら友達喜ぶわー!」と言われてしまいました。……特に染めようと思っていたわけではなかったのですが、そう言われては後に引けなくなってしまいました……。
そんなわけで皮を剥いたあと、早速、草木染めの用意を。最初、鬼皮も渋皮も一緒に煮出そうかと思っていたのですが。染める前に、ちょっと『草木染め大全』を見たら、渋皮に重曹を入れるとピンクに染まるとあるじゃないですか。ちょっと実験心がむくむくと……。
そんなわけで、栗の皮を中性抽出、栗の渋皮をアルカリ抽出しました。
いや、本当に栗の渋皮は赤い液が……。濃いですよ!桜煮た時のような驚きが!

そして25日。渋皮はみょうばん媒染で染めたかったので、ポロワスの原毛(と、せっかくなので合わせてウールシルクも)を媒染しました。
で、栗の皮の方は、前に銅媒染してあったポロワスがあったので、そちらで染めました。が、放置冷却してすすいで脱水したら、どうにも……あまり色が入ってなくて、媒染の水色がかなりそのまま見えてしまっていたので、また染液につけました。

で、27日。渋皮でみょうばん媒染のポロワスを染める傍ら、鬼皮の方も再度煮ました。あまり原毛は何度も煮たくないのですが、いたしかたなく。

これは、渋皮染め中の写真。湯気が邪魔ですが、液が黒いほどに赤いのはおわかりいただけるかと。
img795_DSCN2850.jpg

それぞれの染まり具合をアップで。こちらは鬼皮。
img798_DSCN2857.jpg


染めたもの
ポロワススライバー27g
染料
栗の鬼皮。抽出液800ccで染め。
媒染剤
銅の先媒染。(小豆の残液染めの時にしておいたもの)
参考書籍
『草木染め大全』

まだ青みが見えていますが、まあよしとします……。紡げば多分まざってよくわからなくなるでしょう……。

渋皮。
img797_DSCN2856.jpg


染めたもの
ポロワススライバー40g
染料
栗の渋皮。抽出液1200ccで染め。
媒染剤
生みょうばん30gと酒石英7gで、ポロワススライバー100gとウールシルク糸250gを先媒染したものの一部。
参考書籍
『草木染め大全』


……で、渋皮液は勿体無いので、またとってあります。近いうちまた染めないと……(染めはやり始めると残液が勿体無かったりして、何日も続いてしまいますよねえ……)。


参考用語
あ行:アルカリ抽出
か行:原毛
さ行:縮絨
た行:銅媒染
は行:ポロワス
ま行:みょうばん媒染

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫