FC2ブログ

『楽しんで、ナチュラル染色』

 2007-09-22
楽しんで、ナチュラル染色―子どもも一緒に楽しめる染色の本楽しんで、ナチュラル染色―子どもも一緒に楽しめる染色の本
松本 道子

文化出版局 2006-10
売り上げランキング : 36483

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

購入したのは去年の秋です。同じ頃『草木染め―Enjoy! Natural Dyeing』も出ていたので、「あら、今草木染めが流行りなのかしら」と思ったものでした。……でも私が本屋で見つけたのはその2冊限りでした。
台所にあるものや、身近な植物で染めたり、色々な柄つけの仕方が載っていたり、布や糸以外も染めてみたりと、なかなか楽しい本です。「子どもも一緒に楽しめる」とあって、そう難しいわけではないのに、それなりに深いところまで説明がある辺り、私はとても気に入りました。
本の内容は以下の通り
台所で見つけた染料
タマネギの皮で木綿のハンカチを染める
ティーバッグでレーヨンのスカーフを染める
黒豆のゆで汁でカシミアのストールを染める
身近な植物で染める
ヨモギの葉やクズの葉で絹のスカーフを染める
マリーゴールドの花で麻のナプキンを染める
オリーブの枝や葉でウールの糸を染める
サルスベリ、五倍子、オオマツヨイグサ、クリのいがで厚手の木綿地をグレーに染める
青い渋柿で麻布を染める
カワラマツバ(アカネの仲間)の根で絹と綿の入ったスカーフを染める
タデアイの生葉で木綿のシャツを染める
ビワの葉でウールのストールを染める
クリの鬼皮で麻の布を染める
柄出しテクニック・簡単絞り
絹のスカーフを輪ゴム絞りしてクサギの実で染める
麻のランチョンマットをびょうぶだたみ絞りしてソヨゴの葉で染める
大和藍で、色々な絞りをして染め
柄をつける・ろうけつ染めと板締め絞り
大和藍で、蓮根スタンプ、ヤツデの葉を型紙にして染め、板締め絞り
柄をつける・オパール加工、抜染
紙で型紙を作り、オパール加工専用布を染める
藍染めの布を、藍専用抜染剤でふりかけ抜染
型紙を作り、藍染めの布を抜染のりで型抜き抜染
布や糸以外を染める
和紙を柿渋で
障子紙を大和藍や、スオウ・クチナシで
ウッドビーズをアカネやウコンで
ロウをココアやニンジンで
ブタの生皮をスオウや黄金花で
コチニールなどで、合繊を染める


参考用語
あ行:板締め、オパール加工
さ行:絞り
は行:抜染
ら行:ろうけつ染め

『草木で染める』

 2006-12-21
草木で染める (ネイチャーズクラフト)草木で染める (ネイチャーズクラフト)
林 泣童

農山漁村文化協会 1996-07
売り上げランキング : 132913

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

baruさんのKnitting with Handspunの、桜の紅葉染めを拝見して、「そういえば、『草木染―四季の自然を染める』以外にも、桜の落ち葉で染めている本あったよなあ」と本棚をあさってみました。
元々この本は桜の落ち葉染めが美しかったのと、レース編みしたものを染めた例が載っていたので、買ってしまった本です。
でもこの本の染めは実行するにちょっと敷居が高いです……。
だって上述の桜の落ち葉染め。真紅の美しい葉だけを集め、三ヶ月間漬物にして染料を取り出すのです。三ヶ月……。そして酢酸銅媒染。
そのうえ、染めているのはスカーフとストールですが、材質が何だかわかりません。シルク、のような気がします。

そのように、材質が何だかわからなかったり、どのくらいの量のものを染めているのかわからなかったり、足りないところもありますが、染めているものなどはなかなか面白いと思います。絵による説明も丁寧です。
個人的には手作りの媒染剤や豆汁の作り方が載っているのが良、です。

本の内容
草木の色(草木と媒染による色合いの一覧など)
草木染めの基本(道具、染料、下準備、染め方)
草木染め作品
  • 柿渋手描きの麻スクリーン、コースター
  • 紅花染めの掛け軸、黒米糠染めの掛け軸
  • 赤くなった桜葉染めのストール、スカーフ
  • ケヤキ染めのコースター、ストール、板締め絞りのテーブルセンター
  • 藍染めの浴衣(絞り)
  • ちりめんを染めてぬいぐるみ、ポーチ
  • カシワで白レース染め
  • コチニール染めの暖簾
  • クリのいが染めの風炉先
  • チューリップの花びら染めハンカチ
  • 木型染めに色をさす(型締めハンカチ)
  • 毛糸染めのベスト
  • マユ細工

参考用語
か行:豆汁
さ行:酢酸銅媒染
は行:媒染、紅花

『草木染め―Enjoy! Natural Dyeing』

 2006-11-01
草木染め―Enjoy! Natural Dyeing (ブティック・ムック (no.603))草木染め―Enjoy! Natural Dyeing (ブティック・ムック (no.603))
母袋 信恵

ブティック社 2006-10
売り上げランキング : 535358

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お手軽系草木染めの本が、お手ごろ価格で出たわ。内容も毛糸あり、原毛ありでいいわ。……と思って購入した一冊。
購入してよくよくみたら、書き手が『やさしい草木染め』を書いた方と同じで、内容も幾分かぶっています。写真とか同じのを使っていたりしますし。
しかしまあ、前述通り毛糸染めも原毛染めもありますし、さすがに『やさしい草木染め』より、説明が丁寧なので、家庭の台所で染めをやろうというむきにはオススメの本だと思います。

本の内容
ドライもので染める(タマネギ・カモミール・ピーナッツ・ラベンダー・ローレルでシルクスカーフやフエルトや綿のキャミソールや毛糸)
身近なもので染める(ブルーベリー・インスタントコーヒー・シナモン・栗の皮・小豆・クチナシで綿布・綿テープ・麻の樹木シート・麻紐・麻テープ・フエルト)
フレッシュ草花で染める(ミント・ビワの葉・ヒメジョオン・ヨモギでフエルト・色々な布・シープボア・麻紐・花びら染め(ハイビスカス・パンジー・アマリリス・バラ))
色々なものを染める(紐・紙・ウッドビーズ&ボタン・原毛・卵の殻・ラグラス)
応用作品(染めたもので作る作品例)
模様をつける染めのテクニック(豆乳の濃淡染め・部分染め・ぼかし染め・重ね染め・しぼり染め)
植物カタログ(39種類)

巻末の染め材INDEXも便利。

参考用語
か行:原毛
さ行:しぼり

『やさしい草木染め』

 2006-10-23
やさしい草木染め (プチブティックシリーズ (311))やさしい草木染め (プチブティックシリーズ (311))

ブティック社 2003-07
売り上げランキング : 895869

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容は、

  • タマネギで木綿のハンカチを染める(色々なものをタマネギで染めた色見本あり)
  • フレッシュな草花染め(コスモス・ニンジンの葉・タンポポ・クローバーで、シルクのスカーフやチーフ。ヨモギでシープボア)
  • 花びら染め(サザンカの花びらでシルクのチーフ)
  • ドライなハーブ染め(カモミール・ラベンダー・ローレル・サフラン・タイムでシルクのチーフ。シナモンでラフィア)
  • 実ものや野菜染め(ブルーベリーで障子紙。栗の皮で麻紐・麻布。小豆でちりめんやナイロンのリボン。ピーナッツの皮と殻でフエルト)
  • 身近な食材染め(インスタントコーヒーで綿ジャージー。紅茶で絹靴下。緑茶、ウコンでシルクのチーフ。クチナシで木綿)
  • 色々な素材を染める(タマネギの皮でひも類・紙・木片・ワインコルク)
  • 模様をつける(豆乳で模様を描く、しぼり、ぼかし)

以上、けっこう盛りだくさんです。方法はお手軽。ただ、布染めが多くて、毛糸の染め方は載っていないのが個人的には惜しいです。

さて、お手軽な草木染めをお手軽価格の本で知ることができていいのですが。
確か同じシリーズで、もっと内容が充実した本が出ているのですよ。多分これだと思います。
4834763889かんたん草木染め―身近な材料で楽しむ

ブティック社 2005-06
売り上げランキング : 102735

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

何だかくやしいので私はこちらの本は購入していませんが、どちらかといえばこちらの方がオススメ。
(2006/10/23記。2006/10/26追記)

『草木の染色工房―身近な草花、樹木を使って』

 2006-07-30
草木の染色工房―身近な草花、樹木を使って (ハンドクラフトシリーズ (136))草木の染色工房―身近な草花、樹木を使って (ハンドクラフトシリーズ (136))
加藤 国男

グラフ社 1997-05
売り上げランキング : 248453

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

根本的には毛糸(ウール)の染色の本。絹・麻・木綿の布地を染める例は巻末にちょびっと載っているだけです。

ウールについてはとても詳しいです。基本の染色法の記述もかなり詳しいのですが、やはり特筆すべきは、「染色に使った植物」の例の多さと、これら全てに染め色見本が載っていることでしょう。

「染色に使った植物」は、
  • 庭の草花(18種類)
  • 庭木・街路樹(30種類)
  • 日本の野生植物(29種類)
  • 帰化植物(9種類)
  • 野菜(13種類)
  • ハーブ・薬草(11種類)
  • 果物・ナッツ類(12種類)
  • 市販の染材(コチニール・セイヨウアカネ・ゴバイシ・ウコン)
  • 身近な染材(タマネギ・ブドウ・レモン・オレンジの皮、紅茶・煎茶・コーヒーの出がらし)
……これだけ掲載されています。

染め色見本は、素材は毛糸(ウール)のみですが、
  • アルミで先媒染したもの
  • 錫で先媒染したもの
  • クロムで先媒染したもの
  • アルミで先媒染、鉄で後媒染したもの
  • アルミで先媒染、銅で後媒染したもの
  • 上記五種類について、インディゴで重ね染めしたもの
の10種類が載っています。

染色方法など、初心者向けにかなり丁寧に書いてある感じはするのですが、初心者とはいっても専門的にやりましょうと人向けである気がします。劇物系をあっさり使ってますし、道具も何だか専門的だし。

「染色に使った植物」については身近なものが多いので、身近なもので、毛糸を染めてみたいという方には、かなりオススメできる本です。

本の内容
基本の染色法
染色に使った植物
絹・麻・木綿の染色法
作品


参考用語
は行:媒染

(2006/10/23追記)

『インディゴ・ブルー 藍色に染める』

 2006-03-30
インディゴ・ブルー 藍色に染めるインディゴ・ブルー 藍色に染める
雄鶏社

雄鶏社 2004-04
売り上げランキング : 354817

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本はインド藍の染色セットを用いた藍染めの本ですが、染めの技法が色々載っているので、藍染めならずとも役に立つと思います。
藍は好きで、インド藍の藍染め液を使って、色落ちしたズボンや帽子を染めたこともあります。ただ、さほど藍染めをやるとも思えないのに藍染めに特化した内容の本を買うのはどうよ、と思い、躊躇したのですが、技法の説明が詳しいので、買ってしまいました。

載っている技法
絞り(縫い絞り)、板締め、抜染


参考用語
あ行:藍染め、板締め
さ行:絞り
な行:縫い絞り
は行:抜染

『染める紡ぐ織る』

 2005-10-29
染める 紡ぐ 織る染める 紡ぐ 織る
寺村 祐子

文化出版局 1987-04
売り上げランキング : 605370

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タイトル通り、「染める」「紡ぐ」「織る」の本ですが、「染める」の割合が高いように思うので、草木染めの本としてエントリーしておきます。

本の内容
植物で染める(木綿の藍染め、毛糸染め、絹糸染め、原毛染め)
色々な染め方(縫い絞り、段染め、板締め、絣)
ハンドカーダーのやり方、スピンドルでの紡ぎ
キャンバスの木枠での織り(棒とたこ糸で綜絖も作成)
イラストボードを綜絖や枠にした織り

掲載内容がいまいち詳しいような詳しくないようなで、半端な気がするのですが、原毛染めが載っているのがポイント高です。

織りや紡ぎについては、手軽に始められるものを紹介している感じでしょうか。が、木枠の織りはちゃんと綜絖も作ってやっているので、単に「木枠」よりちょっと本格的な感じがします。

参考用語
あ行:藍染め、板締め
か行:絣、木枠、原毛
さ行:スピンドル、綜絖
た行:段染め
な行:縫い絞り
は行:ハンドカーダー

『草木染―四季の自然を染める』

 2005-09-14
草木染―四季の自然を染める草木染―四季の自然を染める
山崎 和樹

山と溪谷社 1997-08-01
売り上げランキング : 139558

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


染め色図鑑として、77種類の染料植物の染め色が掲載されています。染料店で買えるもの、雑草、落ち葉など、手に入れやすい染料ばかりが載っているのが特徴。また染め色も絹・麻・木綿・木綿(豆汁下地)について、無媒染・明ばん媒染・おはぐろ媒染が載っている(一部例外あり)のが有難いです。

染め方として、浸し染めの例(ヨモギで麻の小敷物)、煮染めの例(ヨモギでインド綿の多用布)、藍の生葉染めの例(シルクのショール)、ウール染めの例(サクラの落ち葉、キンモクセイでウール1かせ)、紫根染め(ふくさ)、紅花染め(ふくさ)が載っています。
あとは染め色図鑑に載っている染料液の取り方を参考に自分で頑張れ、という感じでしょうか。いずれにしろ草木染は見本通りには染まらないので、自分で色々やってみるしかないんですよね。

染め方の例については多少かゆいところに手が届かない感じがするのですが、
(例:この本でいう「明ばん」は焼き明ばんであることが途中のページにちょろっと書いてあるだけだった、中性洗剤10ccを何ccのお湯に入れるか書いてない、など)
前述どおり手に入れやすい染料ばかりだったり、媒染に台所で使って問題のないものだけを使っているなど、好感が持てます。

染め方はかなりマジメなので、この本の例に従うとかなり長い間台所を専有することになり、台所の主に嫌がられます。
割とちゃんと草木染をやってみよう!という人向けだと思います。

参考用語
あ行:おはぐろ媒染
か行:豆汁
な行:煮染め
は行:媒染、浸し染め、紅花
ま行:みょうばん媒染


(以下、2014/3/4追記)
この本の新版が出ていました。

新版 草木染 四季の自然を染める
新版 草木染  四季の自然を染める山崎 和樹

山と渓谷社 2014-01-24
売り上げランキング : 169306


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


旧版の内容にプラスして、
  • 代表的な藍染めの仕方を3種類紹介
  • 重ね染めについて紹介。重ね染めをした時の染め色見本の写真を77枚追加掲載

のようです。
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫