FC2ブログ

『色々な綾織り』

 2014-11-21
手織工房タリフさんで製作・販売されている綾織りの本です。千鳥格子の本に続く第二弾。

織り機のタイプをまず説明し、「下開口の織り機で綜絖の手前が1」を基本として、組織図(完全意匠図)の書き方を非常に丁寧に説明しています。
そのあと、色々な綾織りとして以下のものの織り方と織り地サンプルが載っています。

  • Bird's Eye & Rose Path
  • 杉綾-Herring Bone-
  • Seed
  • Finish Twill
  • Rambler Rose
  • Blanket Twill


そのあと、表紙にもなっている、綾織りベースの組織サンプルについて書かれています。

主に構成面で「?」というところがありますが、とにかく組織図については説明が濃いですし、サンプルで織られている作品群もいいものが沢山です。先日の展示会で実物を見てきましたが、可愛かったです。
杉綾マフラーのバリエーションの「よろけて見える杉綾マフラー」はキットになっていましたが、可愛くて思わずキットを買いそうになりました。家に糸が沢山あるだろう?と、自らを戒めて買いませんでしたが!(苦笑)
ちなみにこのマフラーについては本に「写真では見えませんが、実際に織ったものはストライプがよろけて見えます」と書いてあるのですが、写真でも私にはよろけて見えます(^^;。

ただ言われたとおりに織ってます、という人が一歩進むためにいい冊子だと思います。海外の織りの本に載っている作品を自分の織り機で織りたい、という人とか。


参考用語
あ行:綾織り→斜文織り
か行:開口、完全意匠図
さ行:杉綾織り、綜絖、組織図
た行:千鳥格子

『手織り手紡ぎ工房 (ハンドクラフトシリーズ 152)』

 2014-11-19
4800400295手織り手紡ぎ工房 (ハンドクラフトシリーズ 152 特集版)
彦根 愛 馬場きみ
ルックナゥ 2012-11-26

by G-Tools


シリーズ名から言っても、『手織り工房 (ハンドクラフトシリーズ 146)』の仲間かと思うのですが、出版社が違いますね…。はて。

新・東京スピニングパーティー2013の記事に追記していますが、とっくに紹介していると思っていたのに、紹介していなかった本です。そして、気付いたならすぐ紹介すればいいものを、たらたら1年も書いていなかったら、絶版になっちゃったそうです(ニュースソースはひこねあいさんのブログです)。ひこねあいさんのブログで絶版になっちゃったと知ってからも、2カ月近く記事書いていないですね…。我ながらトロい…。

内容は、『手織りと手紡ぎ―豊かな暮らしを育む手作りの糸と織物』『手織り工房』の内容を、ぎゅぎゅっと詰めた感じ、でしょうか。


手紡ぎ
『手織りと手紡ぎ』の「手紡ぎ」の抜粋?という感じ。
手織り【入門編】
『手織りと手紡ぎ』の「初歩の手織り(2枚綜絖・リジットルーム)」の感じ。
手織り【基本編】
『手織りと手紡ぎ』の「本格的な手織り(4枚綜絖)」の感じ。「つづれ織り」と「ノッティング」とからみ織りじゃないレース織りも出ていますが(これらは、『手織りと手紡ぎ』に紹介されている項目です)。
手織り【応用編】
『手織りと手紡ぎ』の「本格的な手織り(4枚綜絖)」の後半部分と、『手織り工房』の感じ。


目次の項目だけみると、2冊合わせた内容のようです。『手織りと手紡ぎ』の再版リクエストにこの本で応えた、というようなことがひこねあいさんのブログに書かれていたので、そもそも目的がそうなのでしょう。
しかし、手紡ぎに関しては『手織りと手紡ぎ』の方が詳しいです。手紡ぎ系の要望は少なかったのでしょうか。
あと、再版のようなものといっても、掲載されている作品は、ほとんど新しくなっています。かなり盛りだくさんです。

『千鳥格子のマフラーを織りましょう』

 2014-10-08
手織工房タリフさんで製作・販売されている千鳥格子の本です。

タリフさんには以前にチェックデザイン講習会で伺っています。その際に、講習の内容を本にするつもり、と聞いていました。

それで、本が出たと聞いて、いそいそと2014日本ホビーショーに買いに行きました。

ところで、講習は千鳥格子・グレンチェック・タータンだったのですが、出る本は「千鳥格子」と聞いて、「あれ?ほかのチェックは??」と思っていました。しかし本を読んで納得。「4枚綜絖の手織りを覚えるための本」で、「千鳥格子ほど初めての手織りに適した教材はない」から、まず千鳥格子だったのですね。

ちなみにこの本では、タリフさんで扱ってらっしゃる「スコットランド製工業用毛糸ラムウール双糸」を用いた内容となっていますが、まあ、ほかの糸での千鳥格子でも役立つ本だと思いますが、この糸自体が使ってものすごく感動する糸なので、この糸で織ってほしく思います。
織って縮絨すると完成度の高さに感動する糸ですよ!

内容は、織るところから仕上げまで丁寧に書いてあります。
あと、組織図についての説明がありますが、足をどう踏むといいかまで書いてある本は初めて見たかも(笑)。ピアノの運指のようですね。

『LAUTANAUHAT』

 2014-10-07
LAUTANAUHATLAUTANAUHAT -suunnittelu ja kutominen-
ISBN 978-951-31-5594-0
本体価格 €25.90※ 2014/9購入時。
発行元(多分) TAMMI
著者(多分) Maikki Karisto
B5より幅が1.5cmほど、高さが1.5cm高い、厚みは1.5cm位
ハードカバー、136頁位

北欧旅行中ヘルシンキでアカデミア書店に行ったら「WEAVE」と書いた段がありました。
でもあったのは、織りじゃないものと(…なんだっけな)このカード織りの本だけでした。

だけどこのカード織りの本は秀逸。
図がわかりやすい、気がします。
文章が全然わかりませんが。だってフィンランド語だもの…。スウェーデン語なら、過去に数冊買ったから少しはわかるのに…。

しかし図と中の作品がいい感じだったので買ってみました!
一応カード織りの仕組みは知っているわけなので、なんとかわかる…かもしれない…。

題名はフィンランド語→日本語翻訳をかけたら「ボードTAPES」になりました。…カードでテープ状のものを織るとかそういうことですかね??
サブタイトルは「設計と織り」でした。Design and Weavingですね!
ということはkutominenが織り!(それすらも初耳…)




コメントをいただいたついでに(?)表紙画像を載せてみました。表紙からしてもよさげじゃないですか??



(2019/5/3追記)
手仕事@タピオの国さんで、「各章の見出しの意訳(と内容)」を紹介してくださっています。
【カード織りの本】Lautanauhat ~カード織りの入門書~
それがわかるだけでもかなりハードルが下がった感がする…。

『VAV & WEAVE』

 2014-10-06
DSCN4339.jpg
VÄV & WEAVE:En bok om vävning - A book on weaving
Mariana Eriksson & Kerstin Lovallius
VÄVD FORM


参考書的、に分類したのは、スウェーデン語の辞書として参考にするつもりだからです(笑)。

何度か書いていますが、手織り日和さんの記事を見て欲しかった本です。スウェーデン語と英語で並んで説明されているという本。

記事を見てすぐ探しましたけど、ものすごーく高い、または、品切れでした。
入手できることはないんだわ…と落胆して、スウェーデン語の織り用語の理解のために、『The Big Book of Weaving』を買ったり、『SIMPLE WEAVES』を買ったりしていたのですが。

ウメオで出会えました!
それも「50クローネ」(今だと、750円位?)とか言われて耳を疑ってプライスリストを見ましたよ!本当に50SEKでしたよ!
あとで同行者から聞いたところによると、新版が出たので旧版を安売りしていたようです。
新版も気にかかりますが、辞書としては旧版でも十分です!…たぶん。

そんなわけで、「用語」の「スウェーデン語」のところが充実…する…かな??



以下2014/11/12追記。

辞書的にしか役に立たないような書き方もどうかと思ったので、表紙画像を追加し、内容についても記述します!(英語の見出しを参考にしています)


Rugs
裂き織りマット。シェニール糸作って織る、プラスチックでバスマットなんていうのも載っています。
Tablecloths, runners, and napkins
食卓を飾るもの系。基本平織り。weft floatやwarp and weft floatを平織りに足したものもあり。あとpseudo-damaskも(どういうダマスクのことでしょう…)。
Towels
綾織、キャンバス織り、スパニッシュレースでタオル。
Curtains
レノ、モックレノ(なんでしょう…)、Huckabackによるレースのカーテン。
Upholstery, cushions and seat cushions
ドレルのソファ座面、綾織や平織りの椅子の座面、緯糸をぽつぽつ出したスツールの座面、平織りのベンチクッション、ryaのやLiseré(なんでしょう…)のクッション
Fabrics for clothes and accessories
色糸効果の平織やクレープ織りの服地、平織りのスカーフやバッグ地
Different kinds of effect
密度やテンションを変えて織る、洗って効果を出す、素材を変えて洗って効果を出す
Tips when dressing a loom
Tips when weaving
After care


このように、けっこう色々なものが掲載されています。家具用の布とか、新しいように思います。あと、技法も色々載っています。

『SIMPLE WEAVES』

 2014-10-05
1570765553Simple Weaves: Over 30 Classic Patterns and Fresh New Styles
Birgitta Bengtsson Bjork Tina Ignell Bengt Arne Ignell
Trafalgar Square Pub 2012-08

by G-Tools


先月行った北欧旅行では、ヴェブ・メッサに行くことになっていたので、「よし!糸を買うぞ!」と思っていました。
無為に買ってもしょうがないので、何が欲しいのかあらかじめチェックしました。
その際にチェックしまくったのが、この本。

実は前回の北欧旅行で、『NYA VÄVAR』を購入していました。ヘルシンキで。
ヘルシンキで同じ本のスウェーデン語版とフィンランド語版が売られていて、
日本円換算するとスウェーデン語版の方が安いような気がしたのと、
まだスウェーデン語の方がわかる(その前の北欧旅行で、スウェーデンでは織りの本を買っていたため)ため、スウェーデン語版を購入しました。

前回の北欧旅行ではあまり惹かれる織りの本に巡り会わなかったのですが、この本はよかったので。
…そしたらよかっただけのことはあったのでしょう、1年後位に英語版が出たことを「ちまちま織り工房」さんのブログで知りました。

スウェーデン語版を持っているので悩みましたが、スウェーデン語より英語の方がまだわかります。
英語とスウェーデン語の織り用語の対応にも役立つかもしれない、と思って英語版も買いました。いや、『VÄV&WEAVE』という本が対応に役立つと聞いていたのですが、その本は入手できそうになかったので。

というわけでスウェーデン語版『NYA VÄVAR』と英語版『SIMPLE WEAVES』を持っています。
今回の旅でもウメオでこの本が売られていましたので、近年出た織りの良書、なのではないかと思います。

内容は以下の通り。

Plain Weave and Twill
チェックとストライプのハンドタオルやクッションカバー
チェックとストライプのブランケット
裂き織りのラグ
Canvas and Spot Weave
キャンバス織りのテーブル敷き
キャンバス織りの枕カバー(写真で見たところクッションカバーっぽいですが)
スポット織りのファブリック(写真で見たところ座布団カバーに見えます)
Monk's Belt and Honeycomb
Monk's Beltで織って裏にシープスキンを縫い付けたもの
Monk's Beltのバリエーションで壁掛けとかランナーとかクッションカバー
Honeycombのクッションカバー
Rosepath
ローズパスの枕カバー
ローズパスのストライプのハンドタオル
ローズパスのラグ
Overshot and Jämtlandsdräll(crackle)
オーバーショットのランナー
ヤムトランズドレル(crackle)のブランケットや枕カバー
ヤムトランズドレル(crackle)のラグ
ワッフル織り
ワッフル織りのハンドタオル
ワッフル織りのハンドタオルまたは綿ブランケット
ワッフル織りのラグ
ワッフル織りでバスローブ
ワッフル織りの枕カバー
Twills
Goose-eyeのブランケット
ヘリンボーンの枕カバーとかタオルとかテーブルランナー
Sheer Curtains
Color Effects
Hound's-Toothチェックの色々な作品(枕カバーとかタオルとかテーブルランナー)
平織りで色効果の枕カバー色々
綾織りで色効果のラグ
M's and O's and Halvdräll
Halvdrällの枕カバーやテーブルランナー
Halvdrällのウールのラグ
M's and O'sのゲストタオル
Block Damask(True Dräll)
リネンのカーテン
ウールのブランケット
チェッカーボードのウールラグ
ダマスクのテーブルランナー

作品として掲載されていますが、こういう織り方があって、これではこういうものを織るといい、みたいに書いてあるように思います。
それで糸の量も1m織るにはどの位いる、というように書いてあります。

とにかく、どれもこれも様子がいい!どれも織りたくなっちゃいます!

というわけで、この本の作品を織りたい!とこの本で糸チェック。
一応、最小の作品を織るにはどの位要るのかをメモっていきました。あちこちの作品で同じ糸を使用しているので、使用している糸の種類はそんなに多くありません。ウールと綿麻と綿とリネン、、かな。
全作品分の糸を買ったらとんでもないことになるので、糸の種類ごとに1作品は織れるくらいだけを買ってきました。どんな糸かがわかれば、あとは日本で同じ感じの糸を探せば…と言ったら、「同じ感じの糸、ないのよね…」と同行の方に言われてしまいましたが…(^^;。

まあ買ってきた糸でも6作品位は織れる…のかな?
6つも織るのに、私では一体何年かかるのか…。



(2016/9/13追記)今日「作品集的」カテゴリに一つ追加したところ、この記事が途中までしかアップされていないことに気付きました。旧ブログからの移行時に、落ちたみたいですね。Ä以下が。
幸い旧ブログもまだ残してあったので、コピーで再現しました。

『カード織りのテキスタイル・ストラップづくり』

 2014-03-30
405606623Xカード織りのテキスタイル・ストラップづくり: プチ・ハンドメイド01 (Gakken Mook プチ・ハンドメイド 1)
ペシュカ:内田潤子
学研教育出版 2012-04-19

by G-Tools

最近本屋さんでよく見かける、道具と材料入りの入門ブックです。
「モノづくり系女子のためのお手軽クラフト プチ・ハンドメイド」の01のようです。一番がカード織りとは。お手軽クラフトとして認知された?

さて、その昔から私は織物に興味がある人でしたが、そうそう織り機を入手はできなかったので、体験できずにいました。
そんな学生時代、大学の図書館で『紐を織る』という本を発見。これによるとカード織りというものは、織り機がなくてもやれるじゃないですか!
というわけで、割れた下敷きを切ってカードを作り、家にあった残り糸で織ってみました。うちには手ごろな結びつける棒がなくて、ベランダの手すりに結び付けて、窓を開けて織った思い出が…。
やったおかげで仕組みはわかりましたが、使った糸が並太毛糸だったので、分厚いものができ…結局何にも使わないままでしたねえ。

そんなわけで経糸を結びつける棒さえあれば、お手軽にできるクラフトです。
そして、この本はカードも、糸もついているので、下敷きを切って用意する必要も、並太毛糸で作っちゃって何にも使えないようなものになってしまう心配もありません。
本の内容も織り方の説明がかなりわかりやすいと思います。

…でもなあ、本自体は薄いので、これで1500円はちょっとお高いように思います。

『花と緑の染織』

 2013-10-14
4529027651花と緑の染織 (自然にやさしい手づくりシリーズ)
箕輪 直子
日本ヴォーグ社 1996-07

by G-Tools

多分、本屋さんで普通に手芸コーナーで見かけた初めての織り関係の本かと思います。初版日からすると、ちょうど織りを習い始めた前後に買ったのかな?
まだ織機を持ってはいなかったので、洗剤の空き箱を使って織る方法が載っていたことが、この本を買うきっかけの一つだと思います。


本の中で使用している織り機
タビールーム(リジットヘドル機です)
掲載されている作品
  • とうもろこしを玉葱で染めたものを緯糸にしたランチョンマットとコースター
  • ジーンズ地のシャツを裂いて緯糸にした三角ポーチ
  • 久留米絣を裂いて緯糸にしたミニ・マガジンラック
  • ハンカチを藍で絞り染め
  • コースターを藍染め
  • 和紙を緯糸にして織ったランプシェード
  • 和紙をカモマイルで染めて作ったフォーク・ナイフ・スプーン包みと箸置き
  • シーツをキンモクセイで染めて綴れ織りしたラグマット
  • 着物とネクタイを裂き織りにしたベスト
  • 着物とネップのある糸でベスト

そのほかの内容
  • 洗剤の空き箱で作る織り機(裂き織りのコースターを作成)
  • 藍の育て方
  • 紅花染め(黄色で毛糸と和紙を染める・赤で絹糸と和紙を染める)
  • モヘアのハーブ染め
  • いろいろなハーブで染めた色見本

こう細かく読み返してみると「この作品(ミニマガジンラック)の経糸は……」とか「この作品のこの色の部分(ラグマットの黄色とグレイ以外の色)は……」とか、どこに載っているのか(載っていないのか)わからない部分があったりもします。多分、参考情報だと思うのですが、作品には使わない技法(綴れの模様の入れ方)が載っていたり。

しかし薄さの割に、盛り沢山だと思います。染めと織り、両方載っていますし。
(どちらかというと染めがメインなのかなあ……)
そして私にとってはこれが「最初の一冊」です。
(厳密には、これより前に買った本はあるにはありますが……。多分織り関係では『織ってつくろう編んでつくろう』が最初に買った本。)


参考用語
あ行:藍染め
か行:絣
さ行:裂き織り、絞り
た行:綴れ織り
は行:紅花
や行:緯糸
ら行:リジットヘドル機

『咲きおりで織るすてきな手織り』

 2013-09-23
B00D5UNEYQ◆作品本◆クロバー咲きおりで織るすてきな手織り
DLG

by G-Tools

今はなき雄鶏社のきっかけ本を髣髴とさせる、薄くて小さい本。
咲きおりの経糸のかけ方だけでも手順の写真が29枚ある、入門書として大変わかりやすいと思われる本です。

作品としては、

  • 平織りで、経糸も緯糸も三色使った、格子のドイリー
  • 咲きおりならでは、途中で経糸を入れ替えるケーブル織りのマフラー
  • 千鳥格子のスヌード(最後に両端の房を合わせて結ぶのでスヌードになります)
  • スペース織りのマフラー
  • ベルト織りで携帯ストラップとポシェットのベルト
  • 裂き織りで、あじろ織りの畝織り
  • 段染め糸でマフラー

が載っています。
咲きおりのきっかけ本としていいんじゃないかな、安いし。……と思ったのですが。
Amazonで今見たら1260円とかになっててびっくりしました……。表紙に大々的に350円と書いてあるのにねえ……。


参考用語
あ行:あじろ織り、畝織り
か行:ケーブル織り
さ行:裂き織り、スペース織り
た行:千鳥格子、経糸
は行:平織り、ベルト織り
や行:緯糸

『世界の草木染め ワイルドカラーの魅力』

 2013-09-21
4882828898世界の草木染め ワイルドカラーの魅力
ジェニー・ディーン 箕輪 直子
ガイアブックス 2013-08-22

by G-Tools

半月くらい前に本屋さんで見かけたのですが、タイトルを見て「ああ、図書館で借りた本かあ。すごい本だったよなあ。入荷したのかー」位に思っていました。
何度かその本屋さんで見かけるうち「……あれ?図書館で借りたのはもっと分厚い本だった気が……」と思い、手に取って奥付を確認したら。あら、今年8月の発行ではありませんか。

媒染剤を選ぶための一覧表とか、助剤を選ぶための一覧表とかが「うわー、かゆいところに手が届く感じ!」と思ったので購入しました。
多分図書館で借りた本の簡略版じゃないかなと思ったのですが。

4882822288ワイルドカラー
ジェニー ディーン 箕輪 直子 Jenny Dean
産調出版 2000-08

by G-Tools

この本の新型本扱いらしいです。表紙の写真も一緒じゃあないですか。
Amazonのデータによると若干大きいものの頁数は一緒らしいですね。
ということは簡略版ではなく、本当に出しなおしなんですかね。……何か前の本は縦書きだった気もするのですが……。まあそれはどっちでもいいか……。

箕輪直子監修 ジェニー・ディーン著とありますが、

  • 園芸家で染色家であるジェニー・ディーン氏が著したものに
  • 箕輪先生が、日本では何の植物にあたり、どうやったら入手できるかを加筆した本

らしいです。前書きによると。

「染色のテクニック」の章と「染料植物」の章があり、「染料植物」の章は『草木染め大全』みたいに、色々な植物の写真と染めたらどんな色か、栽培と採取、染色の手順が載っています。しかし、植物は英国のものが多いので、日本では馴染みのないものもあります。

ですがそもそもこの本は、「この植物だとこういう色になります。やってみましょう」というより、「その辺で入手したもので染めてみましょう。何をどうやったらいいかな、色々試してみましょう」という本っぽいので、「染料植物」に入手しづらいものがあっても、あまり気になりません。

色々試してみたい!という人には大変オススメの本かと思われます。
染めた後の修正の仕方なども載っています。

修正によって、1つの染液から25色にする方法なんていうのも載っているのですが。このページ(p62,63)はちょっとひどい。大型本を小型にしたせいですかね。のどの部分が切れていて、無修正のかせが見えないんですけど……。それに、かせの種類を示すアルファベットもずれているような……。


参考用語
か行:かせ
さ行:助剤
は行:媒染

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫