FC2ブログ

ツインカラフル使い切りストール2枚

 2019-05-14
前回かぐや姫の青いのでスウェディッシュレースのストールを織りました。手持ちのかぐや姫の青をほぼ使い切るのではないかと思ったのですが、整経を間違えたのかちょっと余りました。

実は。
かぐや姫の青と組み合わせたらいいんじゃないかなーと思って買ってあった糸があるんですよ。
ツインカラフル
みのわ先生の2018年5月の個展会場で販売されていました。サンプル織り地が不思議な感じで、織ってみたいと思って購入したんですよね。
その時の写真がばっちりみのわ先生のブログに載っています。2枚目の写真。手に持っているのがツインカラフルです(笑)。
で、この時しているのが初代のかぐや姫で織ったスウェディッシュレースのストールだったもので、「かぐや姫の青と、ツインカラフルの青系、すっごくなじみそうな気がする!」って思ったんですよね。。。

そしてそれから一年後の今回。「かぐや姫が余った。よしツインカラフルを織ろう!」となって、5/5に計画を練りました。

ツインカラフルの紹介ブログによると、センチ3で、2m整経だと、2.5玉(+他の糸)使って1本織れるとのこと。幅の記述がありませんが、ていうことは1袋5玉(=415m)で、3.7m整経したら2本織れるのではないかと考えました。
あと残っていたかぐや姫が100m位と思われました(重さから算出)。

415mのツインカラフルと100mのかぐや姫の量におさまるようにExcelで糸量をいじくりまわした結果、
センチ3の通し幅30cmで、ツインカラフルを60本、かぐや姫を30本。緯糸はツインカラフルを2/cmで入れれば、どうにか2本作れるのではないか、となりました。

で、5/5に整経。5/6から織り始め。平日はあまり織れず、5/12に二枚目まで完了。
ツインカラフルストール2枚
できました、2枚。気を付けたつもりでしたが、長さが違っちゃいましたが、まあ、どちらも使える長さなのでよしとします。
素晴らしいのがツインカラフルもかぐや姫も、どちらも余すことなく糸を使い切ったということです!計算通り!!

しかし、3.7mというけっこう長い経糸を咲きおりで整経すると。けっこう近い棒の間を行き来させるのでうっかりすると棒を間違えますね。途中で上から覗き込んで、変な風にかかっているところを発見。「はっ間違えている!!」とかなり戻って整経をやり直しました。
そして、整経時・織っている時。ツインカラフルははしご状の糸なので、なんかあっちこちにひっかかりました…。梳けないですしね…。
また、はしごの両脇の糸は細い糸なので…咲きおりのソウコウから抜けやすかったですね…。かぐや姫も30羽で使うにはちょっと細いので抜けました。

抜けた結果…間違いが生じていることに房を作っている時に気が付きました。
ツインカラフル経糸間違ってる!
わかりますかね。かぐや姫は6本ずつ入れたのですが、写真の部分はかぐや姫5本と1本の間に、ツインカラフルが1本入っちゃってます。おそらく経糸がソウコウから抜けちゃって、入れ直したものの、入れるところを間違えたんだと思います…。

ツインカラフルほかのところも間違ってる!
よくよく見ると他のところも経糸が交差しているところがあるのですが、同じ糸どうしならそんなに目立たないんですが…何故にかぐや姫とツインカラフルで入れ間違えるかなあ…orz。
直そうかな、とも思ったのですが、、、なんか出来がおかしくなりそうな気がしたので諦めました…。

あと織っている時は、かぐや姫とツインカラフルが馴染み過ぎていて「…全然かぐや姫が入っているところが目立たない…。もっと太い糸にするべきだったかなあ」と思ったのですが。
ツインカラフルできあがり
出来上がって明るいところで見てみると、それなりに目立ちました。この写真でも経糸が違うのわかりますよね?

「ただの平織りなのにめちゃくちゃ複雑なからみ織り?」みたいな感じに見えるストール2枚、完成


出来上がり寸法(房を含まず)
1枚目29cm×129cm。2枚目29cm×148cm
経糸総本数
90本
整経長
3.7m
通し幅
30cm
筬目
3目/cm
使用した糸
経糸・緯糸とも:ツインカラフルとかぐや姫。かぐや姫は緯糸は最初と最後のみ。
組織
平織り
使用織機
クロバー咲きおり
作成期間
2019/5/5~5/12


一枚は人にプレゼントしようかなーと思っているのですが。もう一枚自分用と思っていたら母が「あなた似合わないわ。私にちょうだい」と言っているので…母のになるのかもしれません…。


参考用語
あ行:筬、筬目
さ行:整経長
た行:経糸
は行:平織り
や行:緯糸


カテゴリ : まきもの トラックバック(-) コメント(0)

スウェディッシュレースのストール

 2019-05-05
先日、昔に織ったスウェディッシュレースのストールをして知り合いの家に行ったら「それいいわねえ」と言われました。
子どものころからお世話になったお方です。わかりました。ちょうど糸もあります。織りましょう。

というわけで、買い置いてあったかぐや姫の青を使って、2009年の組織図を見て、また織りました。

出来上がりはこちら。
スウェディッシュレース2019

透け感が出るように撮影したアップ。
スウェディッシュレース2019 アップ1

厚み感が出るように撮影したアップ。
スウェディッシュレース2019 アップ2

要するに3本と1本の平織り、みたいな感じなので、3本のところが厚みになって、なんだかいい風合いなのです。
かぐや姫は絶対この織り地にあった糸だと思うのですが(廃番ですが)、いかんせん、ほつれやすいです。
で、今回は房及び、緯糸の終わりに糸始末リキッドを使いました。これで安心。


仕上がり予定寸法
50cm×160cm(本体) 実際の長さは、46cm×128cm(本体)。
経糸総本数
200本
通し幅
50cm
筬目
4目/cm
綜絖枚数
4枚
使用した糸
かぐや姫(細) 竹56% 絹44% 1玉134m/25g
組織
スウェディッシュレース(=ミッグシェル)+ 平織り
使用織機
アジャカ4枚綜絖織機(ろくろ式)
作成期間
2019/3~5/4


整経を間違えたんですかね?出来上がりが相当短いです。まあ渡すのは小柄な相手なので多分大丈夫、、なんじゃないかな…。


参考用語
あ行:筬、筬目
さ行:スウェディッシュレース、綜絖、組織図
た行:経糸
は行:平織り
ら行:レース織り、ろくろ式

カテゴリ : まきもの トラックバック(-) コメント(0)

昼休みにカード織り

 2019-04-29
カード織り熱が高まっていたので、三月末から昼休みにカード織りをしていました。
10連休なので持ち帰ってきて、4/28に、大改造 劇的ビフォーアフターや世界卓球を見ながら織っていたら、経糸を織りきりました。

ちなみに会社でやろうという位なので、モバイル性を大事にして、こういう感じで織っていました。
カード織りの様子
ベルトに糸端を直接通してお腹にしめる。反対側は会議用机(この写真は家なのでテーブル)の脚にとめる。
緯糸はシャトルに巻いて使う。このシャトルは新・東京スピニングパーティー2016で購入した手織工房SOXさんの糸巻き刀杼です。ベルト織り・カード織りに便利といううたい文句に惹かれて買ったようですが、本当に便利でした。そのまま打ち込めますからね!

今回参考にしたのは、糸巻き刀杼と同じく新・東京スピニングパーティー2016で購入した「SPINUTS No.81より抜粋」のカード・ウィービングの冊子。
まず基本からやろう!と思って「カードの回転の違いで柄が違う」を1から6まで試しました。

尚、糸は綿糸で濃色と淡色を探したのですが、濃色があまり量がなく致し方なく水色と白というどっちも淡色になったのですが。やってみたら悪くなかったです。なかなかに爽やか。

1. ずっと後ろ回転。途中からずっと前回転。
カード織り1

2. 冊子では「前方4回転 後方4回転」とありますが、模様のところは「後方4回転 前方4回転」って書いてあるんですよね。4回転ずつだからどっちからやっても最終的に同じ柄になりますが、「1セット」の開始を冊子の写真の印のところと考えると「後方4回転 前方4回転」だと思います。
カード織り2

3. これもセットの説明が2種類あるんですが、おそらく「後方2回転 前方2回転」が正しいです。前方2回転 後方2回転でやって冊子の写真のような柄にならずやり直しました。
カード織り3

4. これはセットの説明は「前方5回転 後方5回転」で揃っているのですが。セットの開始位置が冊子の写真では2種類ある…。3からの続きで冊子通りの柄にするなら、「後方5回転 前方5回転」が正しいと思います。
カード織り4

5. これもセットの説明が2種類あります。「後方3回転 前方3回転」が正しいと思います。
カード織り5

6. これもセットの説明が2種類あります。「後方4回転 前方4回転」が正しいと思います。
カード織り6

上述通り、記述の通りにやってもなかなか冊子の通りにならなかったわけですが、戻すのは簡単なので、戻りつつ違う回転を試したりした結果…、戻すのと、回転を検討するのは上達したかな(笑)。

ただ、脇があんまりピンとしていません。柄にもよるのですが。2番の柄辺り、大分脇が緩い感じ…。
「緯糸入れる→カードを回す→トントン→ピッ!」という動作なんだそうですが、どうもこの「ピッ」がうまくない。もうちょっと精進しないと。

ところで今、カード織り流行っています?個人的には、Atelier kisaragiさんがiOS用のカード織りデザインツールを紹介されていたのが、はまりのきっかけなんですが(笑)。
最近、よくカード織りという言葉を見るような気がします…。
なんか今年のスピニングパーティーではワークショップもあるようですし…。(でも中級向けって聞いたんですよ…。独学でしかやってない私は参加できそうにない…)

カテゴリ : カード織り トラックバック(-) コメント(0)

イノシシ+2019について

 2019-01-01
既にお披露目済みの一枚目(右側)を織ったあと、デザインを修正して織りなおしました。
イノシシ2枚

耳のラインが細くなって、尻尾が尻尾と主張するようになって、鼻と本体の区切り線はなくなって(これはあってもよかったかなあ…)、足が太くなって、お花と葉っぱの位置が近くなりました。

全般に大きくなったのは、茶色の糸に使っていたプリンセスアニーがなくなったので、緯糸をメイクメイクパフェに変えたせいです。どれも余り糸利用。

なかなか可愛いイノシシなのではなかろうか…(自画自賛)。

あと、『ポーランド ヤノフ村の絵織物』だと、経糸始末で載っているのはネクタイ結びなのですが、今回は上側・茶色だけに見えている辺りを二層にして織り、経糸は中に入れ込んで始末しました。棒を入れて飾りやすいように、と考えました。
イノシシ+2019 棒入れ

二層になっているので、棒を通す部分の裏側は白だけになっています。裏はこんなです。
イノシシ+2019 裏

織り上がった時点での犬からイノシシまでくっついたものはこうなっています。
犬犬イノシシイノシシ

いつもケチって後で苦労するので、今回は、作品と作品の間を潤沢に空けて織ったのです。
そうしたら最後のイノシシで、尻尾直前位まで織ったら(緯糸が太くなった分作品が大きくなったこともあって)開口が悪すぎて織れない状態になりました。
致し方なく、緯糸を抜いて戻り、作品と作品の間の紙を1枚抜いて、で、織りなおしました。
なんとか、開口を保って織ることができました。

そんなわけで、イノシシ1枚目と2枚目の間の糸は少なかったので、ネクタイ結びをするには、ループ返しを使用しました。
2枚目のイノシシの上の部分の糸始末にもループ返しは大活躍しました。

経糸総本数
濃色64本、淡色62本
通し幅
16cm
筬目
4/cm(丸羽)
使用糸
濃色 経糸:プリンセスアニー(40g/112m)、緯糸:メイクメイクパフェ(25g/62m)
淡色 パピーNew 4Ply (40g/150m)
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
4枚


参考用語
あ行:筬目
か行:開口
さ行:綜絖
た行:経糸、通し幅
な行:二重織り、ネクタイ結び
ま行:丸羽
や行:緯糸



1/6追記。

この二枚目のイノシシ、よく見ると三か所は間違ってますねえ…。
いや二か所(下のラインのところの両脇)は織機から下ろしたときに気が付いていましたが。
イノシシの後ろ足の上あたりのでっぱりは、玄関ドアに飾ったのを見て、昨日気が付きました…。
カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

イノシシ+2019

 2019-01-01
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
イノシシ+2019

亥年!に間に合いました。ヤノフ村の二重織り方式による、オリジナルデザインのイノシシ+2019です。
詳細は後程。

カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

2018年内に間に合いました

 2018-12-30
ヤノフ村の二重織りの織り方による、オリジナルデザインの犬を織ったのは、以前に織機にある状態のまま紹介いたしました。
その1
その2

余った経糸で続けてイノシシを織って、ようやく織機から下ろしました!
経糸始末をしました!
このようになりました。
犬 切り離した
左がその1。右がその2。
やはり口は右の方がいいな。

経糸は、『ポーランド ヤノフ村の絵織物』に書いてあった通りに始末しました。あれはネクタイ結びですよね。

2018と入ってしまっていますが。なんとか2018年のうちに始末まで済んでよかったです(苦笑)。


参考用語
た行:経糸
な行:二重織り、ネクタイ結び

カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

ヤノフ村の二重織り方式でイノシシ挑戦

 2018-11-03
せっかくイヌを織りきったので、早速イノシシの図案を考えて織りました。
イノシシは『ポーランド ヤノフ村の絵織物』に「春の野を駆けるウリボウ」が載っているので、来年の年賀用にはそれを使うのでもよかったのですが。
何分にも経糸を前回のイヌの余りを使う気満々だったので、サイズに制限があったのでした。
あと単純にせっかくマクロを作ったんだから、使いたい(笑)。元々ドット絵を描くのは得意な方ですし。といってもヤノフ村の絵織物の図案はドット絵とも勝手が違って難しいのですが…。

考えた図案はこちら。最初に書いたのはもっと大きかったのですが、経糸の数の都合で小さくした結果…胴が短いイノシシに…。
でも何とかイノシシなのではないかと。
イノシシ図案1号
一応、イヌの時の反省は少しは入っています。奥側の足だということをわからせるために、脚と胴の間に線を入れてもムダとか。両脇の白線をまっすぐにするのは難しいから誤魔化せるデザインにするとか(そこは綺麗に織る努力をするべきでは…>自分)。

織った結果がこちら。
両脇の白線はゴマカしが効いているようでしたが。
イノシシ試し1号
まだまだ「細かいところを表現しようとしてもムリ」という反省が生きていなかったようです。

奥側の足、細すぎ!遠近法を持ち出そうとしてもムリ!
鼻と胴体の間の線も入れてもムダ!
尻尾、毛がバサバサなっている表現と大差なく、尻尾だとわからない!
耳は線が太過ぎる!
目は大きすぎる!

…また図案を変更して挑戦したいと思います。

経糸総本数
濃色64本、淡色62本
通し幅
16cm
筬目
4/cm(丸羽)
使用糸
濃色 プリンセスアニー(40g/112m)
淡色 パピーNew 4Ply (40g/150m)
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
4枚

参考用語
あ行:筬目
さ行:綜絖
た行:経糸、通し幅
な行:二重織り
や行:緯糸
カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

ヤノフ村の二重織り方式で犬 2

 2018-10-29
昨年末に「ヤノフ村の二重織り方式で犬」を織り、「ちょっとおかしいから図案を変更した。まだ経糸があるからぼちぼち織る」とか書いていましたが。
…放置していました。

来年のイノシシを織るために経糸は再利用できますが、織りかけの犬をどうにかしなくては!…というわけで、先週位からチマチマ織りました。
日本シリーズの第一戦が長引いて、なかなかフィギュアスケートグランプリシリーズカナダ大会の放映が始まらなかったので、土曜の夜に大分織り進み、日曜日に織りあがりました。しかし、まだ経糸があるので、今度も織機にあるままです…。
ヤノフ村の二重織り方式の犬2

前のと比べて、口は細くなっています。この位でよさそう。
両脇の白線がまっすぐじゃないので、緯糸の入れ方がよろしくない、ということがものすごくよくわかります…。精進しましょう。

赤追加 図案を6ピクセルに
赤丸の辺りは…何だかよくわかりませんね!右の図案を見ると胴体の一部だったり、折り曲げた足っぽい。細かいものは表現しようとしてもほぼムリ(自戒)。

青追加
あと、この青丸の辺りになんかツノができてしまっています。
今月この辺りから続きを織り始めたのですが…おそらく一段とばしましたね…。どこまで織ってあるのかがよくわからなかったんです…。マグネットで図に印をしていたのですが、10カ月も放置していた間にマグネットがずれちゃっていて…。
そりゃあ、さんざん模様替えで織機を動かしましたから、印もずれるでしょう…。

というわけで反省点が色々で、この犬にもまた挑戦したいですが(そしてまだ織っていない犬図案もある…)、取り急ぎ次はイノシシです!反省はイノシシに生かしたいと思います。


経糸総本数
濃色64本、淡色62本
通し幅
16cm
筬目
4/cm(丸羽)
使用糸
濃色 プリンセスアニー(40g/112m)
淡色 パピーNew 4Ply (40g/150m)
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
4枚

参考用語
あ行:筬目
さ行:綜絖
た行:経糸、通し幅
な行:二重織り
や行:緯糸
カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

「ヘドルルームで裂き織りベルト」のワークショップで織ったもの

 2018-05-15
ワークショップではこちらを織りました。
裂き織りベルト

経糸の用意はされていて、最初10cm位は織ってあります。それによりどんな柄ができるのかがわかるので、好きな柄を選んで織るという方式でした。
上が最初に織ってあった部分なんですが、そこに比べると自分で織った部分は太い…。どうも引き具合の加減がわからなくて。もうちょっと精進しないとダメそう。
カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

ネクタイ裂き織りL字ポーチ

 2018-02-04
伯父の形見のネクタイで作った生地が、もうちょっと残っていました。残っている量と手持ちの材料を考えて、最後はL字ポーチを作りました。

サイズ的にすぐ出来上がるかと思ったのですが、意外に時間かかりました。というのも一度ファスナー付けた後、裏地を付ける段になって「あれ?ファスナーのつける向き間違えた?」と思ってほどいたんですよね。
ほどいてからもう一度よくよく本を見たら「あれ?ほどいたけど合ってた??」となって、本の通り作れるかどうか、ファスナーと裏地をしつけ糸で仮縫いしてみたのでした。…本の通り作れることがわかりました。

というわけで、それから再度ファスナーをミシンでつけ、裏地もつけ、、、、まあいろいろして出来上がりました。
ネクタイ裂き織りL字ポーチ全景

ファスナーはこのようについております。まあまあ。
ネクタイ裂き織りL字ポーチファスナー

ちょっと上の二枚はL字であることがわかる写真になっていませんが、口を開くとこんな感じになります。
ネクタイ裂き織りL字ポーチ口を開けたところ

裏地はまたまた防水布です。

まあ、可愛くできた、んじゃないかなー…。
カテゴリ : 裂き織りバッグ用生地 トラックバック(-) コメント(0)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫