FC2ブログ

突然作り始めたけど苦節9年(?)な布ぞうり

 2016-07-10
昔、父が布ぞうりを作る体験会に行ってくる、と言い出しました。
しかも直前になって「あ、布を切って持って行くんだって」とか言い出すから、大物を作るためにためておいたシーツをしぶしぶ提供したものでした。
しかし、父は体験会の途中で「用がある」と言って抜け出したらしいのです。足にかけて作っていたらしいので、途中で抜けたらどうにもならないですねえ…。我が家には一応作りかけらしい物体と、ロープだけがやってきました。
まあ、布ぞうりは欲しかったらしくてその後父はどこぞで買って来て愛用しているのですが。

で、その残されたロープで、実は私も一度挑戦しました。足に引っ掛けて。しかし、いくら緯糸を入れても入れてもどんどん詰まっていってしまって一向に片足分にもならない。…今にして思えば、布が薄かったのですが。薄い布は幅広に切らないと。
そうこうしている間に用事が出来て立ち上がらないといけなくなってしまい、この時挑戦した布ぞうりも出来上がらずじまいでした。

そして得た結論。「足を何十分も拘束されるのは無理」

で、去年、『裂き織り大全』に、織り機を使って布ぞうりを作る方法が載っているのを見て。「おお、足を拘束されずに作れる!これならいつかはできあがる!」と作る気満々になりました。

そしてこの度とうとう作り始めたのは、箕輪先生のブログで、布ぞうりがブームなのと、父が履いている布ぞうりが余りにもボロかったからです…。
そこで、布ぞうりのロープを出してみたら、一緒に父が体験会でもらってきたらしいプリントが一緒に出て来て、それに2007年6月と書いてあったので、「ああ、あれからもう9年も経ったのね…」と思ったのでした。

参考にしたのは勿論『裂き織り大全』ですが、これだけだとよくわからないところを箕輪先生のブログで補足しながら作りました。特に全体のプロセスが載っているのが、2016年4月9日の記事です。

まず、咲きおりへのロープのセットの仕方がよくわからなかったのですが。上述の4/9の記事と、7/4の記事でよくわかります。もっとも、4/9の方は「本とはちょっと違う掛け方」とあるので、、、本の方は足にかけて布ぞうりを作る時の掛け方なのかもしれないです。

あと緯糸になる布。薄い布なら幅広に切るというのは、6/17の記事に書いてありました。まあ今回は薄くはなかったので5cmで切りましたが、むしろ厚かったようで、13mも要りませんでした。そしてとても分厚い布ぞうりになりました。いっそ4cm幅位で切ってもよかったかもしれません…。

それから、織り始めと織り終わりの布端はちょっと長めに残しておいて、見えるロープを隠す、というのも、4/9の記事でわかりました。

あと本には、鼻緒用の布は、ループ返しで中表にしますとありますが。中表にして縫うのだと思うので、返したら外表なんじゃないかな…と思いました。ちなみにループ返しがない人はこういうものでひっくり返せますという内容は、7/9の記事に載っています。

そして毛糸束を用意するわけですが。極太毛糸で30cm×8周とあったので、一周30cmのを8周かと思っていたのですが。4/9の記事を見ると、整経台で30cmのところを往復しているようなので、1周だと60cmですかね。6/22の記事だと20cm(1周40cmですね)とありますが、多分女性なら鼻緒は20cm位でいいということじゃないかと。今回は父用なので30cm(1周60cm)のまま用意しました。

毛糸束は極太毛糸8周とありますが。両足分で8周だから、片足4周分ずつということでしょうか。
もっとも4/9の記事6/22の記事にも書いてありますが、ここら辺は毛糸の太さによるので、ふっくらする程度入れればいいということですね。
私は、余っていたジャンボニー(一応極太毛糸の筈)を片足に5周ずつ入れました。

ちなみに本で「毛糸の束が鼻緒の中心に来たら」でけっこう悩みました。中心までしか行かない状態だったら片方はふっくらしても片方には布が入ってないのでは??と。悩むまでもなく、毛糸の束の真ん中が鼻緒の中心に来た状態の話ですね!
鼻緒を作る部分の話は本より6/22の記事の方が詳しいです。でも私は輪っかにした綿糸の端をどこかにひっかけるのではなく、ループ返しの反対側の輪っかをどっかにひっかけて、筒状の布を引っ張りました(笑)。やりやすかったですよ。

あと、鼻緒止めの布の付け方も文章で見てちょっと悩みましたが。あれですね、糸に二つ折りにした糸をつける時のやり方ですね!何とか結びと言う名前があるのではないかと検索したのですが、わかりませんでした!
ともあれどうにか鼻緒止めもつけられたので、ぞうりの本体につけようとしたのですが。本体が分厚いせいで縛るのがしんどかったです…。20cmじゃなく、もっと長めに用意すればよかったです。
使う布が分厚いせいでこんなところにも影響が出るのですね…。

そんなこんなで、一応どうにか1足分できました。
布ぞうり

左右で形が違いますが。はけるので良し。
母からは「涼しげで今の時期にいいわー」と言われました。父が愛用しているボロボロの布ぞうりは、大変暑苦しい色合いなのでした…。

カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(2)

組ひもプレートで紐を組む

 2016-06-26
先日ユザワヤに行ったら、静電気防止の「ベルアートNo.88」という糸を在庫整理で安売りしていました。
静電気防止。それはいいなあ…。と思いました。
というのも今の時期はさすがに大丈夫ですけれども、冬になると、けっこう静電気で困る体質なのです。
特に、車に触ろうとするとバチバチ。

だから、静電気防止糸で紐でも作って車のキーにつけておくか!と思いました。「ベルアートNo.88太」だと、太さもよさそうな感じだったんですよ。以前、サンダーロンという、やっぱり静電気防止の糸も買ったのですが、あまり色数がなくて、細かった、、ような気がする…。それであまり使えていないのです。

「ベルアートNo.88」も、在庫整理だけに残っている色数は少なかったのですが、赤と黒があったので、その二色でなら何か作れるだろうと、それぞれ1コーンずつ購入。

しかし、紐と言っても色々作る手段があります。組ひも、カード織り、ベルト織り…。どうしようかなと思いましたが、持ち歩きやすいので組ひもにすることにしました。平たい紐がよかったので、組ひもプレートの方で。
ちなみに組ひもプレートと組ひもディスクでは、重りが要らない分、組ひもディスクの方がよりお手軽、と思っていたのですが。今回、
かわいい組ひもの教科書: はじめてでもかんたんにつくれる 50通りの組み方とアクセサリーのつくり方かわいい組ひもの教科書: はじめてでもかんたんにつくれる 50通りの組み方とアクセサリーのつくり方
多田 牧子

by G-Tools

をよくよく見たら、この本では組ひもプレートでも重りをつけないのが基本のやり方でした。まあ、重りをつけるといいですよ、みたいなことも書いてありましたが。
それで今回は重りをつけずにやってみましたが、いい感じかもしれません。斜めに組みあがっていくのね、と実感もできました。

さて今回はキーホルダー用ですので、
組ひもで作るアクセサリーと小物―組ひもディスクと組ひもプレートで簡単&スピーディー組ひもで作るアクセサリーと小物―組ひもディスクと組ひもプレートで簡単&スピーディー
雄鶏社

by G-Tools

を参考に、115cmを二つ折りにして組みました。
10本1-1安田組

組み方は10本1-1・安田組。結果、幅が9mm位で、33cm組めました。長く出来上がりました。
そりゃー、本とは糸が違うので、サイズが違うのはしょうがないですね。
ところどころまっすぐではなくでっぱっているのは、力加減の問題でしょうか…。

ベルアートNo.88(太)は、本で指定の糸よりは、細いかもしれないなーと思って、次は二本取りにして組んでみました。
組み方は16本1-1・安田組。幅が2.2cm位で30cm位。
…うん、二本取りにしたうえ10本を16本にしたら、そりゃあでかくなりますよね。
しかしすんごくしっかりとしていて、持ち手とかによさそうな感じにできあがりました。
二本取りで、16本1-1安田組

しかしとにかくベルアートNo.88(太)については、なかなか使いやすくて気に入りました。…廃番なので、在庫以外はもう入手できないですが…。
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

マクラメもどき玉ねぎ入れ 3

 2015-06-28
玉ねぎをいただいたのですが、前の玉ねぎ入れが見当たらないので(たぶんボロボロになって廃棄したのではないかと…)と母に頼まれてまた作りました。
但し今回の玉ねぎはことのほか小さかったそうで、穴を小さ目にして、と言われました。
で、作ったのですが…。
DSC00232.jpg

ビニールひもが残り少なくて、ある分だけで作ったら、なんかパイナップルのようになりました。
しかも穴を小さくしすぎたのか、全体も小さいです。玉ねぎ、5,6個しか入らないのでは…。

参考にしたのは今回も
麻ひもで結ぶマクラメ―バッグと小もの (きっかけ本)
雄鷄社
4277490522

です。

エコクラフトでゴミ箱

 2015-05-03
5/1,2でゴミ箱を作りました。
DSC00188.jpg

参考にしたのはこちらの本。雄鶏社の本ですね。
4277451020エコクラフトで作るかご&バッグ
雄鶏社
雄鶏社 2003-02-10

by G-Tools


但し、手持ちの材料で作ったので、色合いは違います。
でもまあありあわせで作ったにしてはそう悪くないのではないかと。

本で見ると、もうちょっと小さく見えたのですが、けっこう大きかったです。大きさがわかるよう、比較対象にティッシュボックスを置いてみました。

実は底が丸くなってしまって、ちょっと浮いています。
エコクラフトにカーブがついたままやったからかなーと思って、底を作った時点で重石を置いて一晩置いたのですが。
少しはましになったのですが、やはり浮いてました。どうも、締め付けすぎたようですね、底を組むときに。

まあ使うのに問題はなさそうなので、このままいきます。もう一回円柱状のものを作ってみたいですね…。

組ひもディスクで紐作り

 2014-11-11
北欧旅行中、飛行機での時間つぶしに組ひもディスクを持ちました。
だって、機内に持ち込んでも絶対取り上げられないじゃないですか(笑)。

ちなみに今回、うっかり普段の筆入れを持って行ってしまい、中にはさみが入っていたもので、捨てられてしまいましたよ…。まあ、紙用安いはさみだったので、まだあきらめがつきますが。

で、行きの飛行機ではそれなりにやりました。組み方は前回のパスケースの紐と同じ。前回ガタガタになったのでやり直したかったのです。それに、この組み方なら単純だからテキストを持たなくてもやれますしね。
帰りの飛行機ではほとんど組みませんでしたが、それでも旅行中に数十センチ位は組んだかと思います。
しかし、用意してあった糸がまだまだあったので、10月に会社で昼休みに組みました。11月もまだ組んでいたかな…。

出来上がりはこちら。
DSCN4340.jpg

組み始めと組み終わりのアップがこちら。
DSCN4341.jpg

今回はガタガタはしていませんよ!
ちょっとひっぱりながら組むといいようだ、と今回思いました。

ところで出来上がりが130cm位あるのですが。果たして何に使えばいいでしょうか…。

パスケースの紐

 2014-08-18
帽子の紐を作り終えたので、次はいそいそとパスケースの紐を組ひもディスクで組み始めました。

パスケース自体は以前に織ったサンプル布で作ったものです。

DSCN3872.jpg

使った糸は、大量に買っちゃったんで、延々と我が家にあるルーバフォルコット(EX) 40g約98mの、108(水色)、117(紺)です。
組ひもには初めて使いましたが、これがなかなかよかった。いい太さですし、さくさく進みます。昼休み1週間だけでできあがったんじゃないかな…。

金具も手持ちの金具で済ませ、新たに買ったものは何もなしです。

ところでパスケースにくくりつけた状態で組み始め(したがって出来上がるまでの間、このパスケースは使えませんでした…)、最後に金具をつけたのですが。

つまりこの写真でいうと、手前が最初に組んだ方で奥に行くほど後で組んだ方なのですが。
DSCN3874.jpg

わかりますかね?最初に組んだ辺りは綺麗に出来上がっているのですが、次第に、こう、パンケーキを重ねていくとどんどん微妙にずれていくかのように、ずれていっています。
力加減ですかね。組み間違ったんですかね…。
力加減だとしたら、最初の辺りもボロボロでもおかしくないので、多分組み間違えでしょうか。

うーむ…。

帽子の紐をくみひもで

 2014-08-16
dc081301.jpg

帽子を作ったわけではないですよ。帽子の紐です。

本屋でこの本を見かけて気に入って買ったんです。
4416314043かわいい組ひもの教科書: はじめてでもかんたんにつくれる 50通りの組み方とアクセサリーのつくり方
多田 牧子
誠文堂新光社 2014-04-11

by G-Tools

丸台・組ひもディスク・組ひもプレートが載っていて、組み方も多彩。作品も定番のストラップやミサンガ、キーホルダーだけでないのが載っていて、本自体なんだか可愛い。フルカラー160ページ1500円となかなかお買得。
というわけで買ってしまったのでした。

それで「このパスケース紐を作ろうと思うんだよね!」と母に本を見せたら、夏帽子を買ったばかりの母が「あら、この夏帽子の紐いいわね」と言い出して…、それで帽子の紐を組んだのでした。本の「夏帽子のひも」と同様、8Z-スパイラルで組ひもディスクで組みました。

ちょっとアップにするとこんな感じ。
dc081302.jpg

手持ちの丈夫そうな糸、しかもあまり派手すぎない色で、というわけで、アナンダさんの染色綿糸茶色と赤を選択。100g/550mですが、ちょっと細すぎました。なかなか作り終わりませんでした。
そのうえ、途中で長さが足りなくなって本に書いてある通りボンドでつなげました。写真をよくみると途中で糸がぼさぼさでているのがわかるかと思います。糸を足して、最終的に97センチのひもを作りました。

7月の頭から作り始めて、8月の頭に出来上がりました。7月の昼休みの成果です。

製本

 2014-05-13
趣が随分異なりますが、作ったものなのでこちらに載せてしまおう。

dc051104.jpg

以前、『くぬぎ山ものがたり』の表紙を絵織りしましたが、この本の姉妹編の『くぬぎ台駅前商店街』が電子書籍で出ました。で、母が読みたがったのですが、電子書籍のままだと母には読みづらいので印刷して製本しました。

印刷は1月ごろにやったんですが…製本はなんだかんだで5/11になりました。とろい…。

配布されている電子書籍はそのままだとA4横書きで、持つのに大きすぎて大変そうだったので、上下2つに分けて印刷してA5横サイズです。手持ちの紙だと裏写りしそうだったので、片面印刷。それでけっこう厚くなってしまいました。

ホッチキスでは絶対とまりそうになかったので、なんか製本しなくちゃ…とネット検索をして、bindupさんの、無線綴じの並製本工程を参考に製本しました。

実は、作るのが遅れた原因の一つは、道具に必要なグルーガンを入手するのに苦労したせいです。ユザワヤで買えばいいやと思ったら、本体があってもグルースティックがなくて…。ユザワヤのほかの店に行ったら、本体は高温用で、グルースティックが低温用だったりして…。
結局出先の山梨で入ったホームセンターでふと思い出して探してみたらあったので、山梨で買いました…。

とりあえずいまのところくっついてはいるようです。そのうち分解するかもしれませんが。
そもそも不器用なので、慣れないくっつける作業以前に紙をまっすぐ切れませんで…。表紙の紙がまっすぐじゃなくて、本体が見えていたりします…。

そういえば先日生まれて初めて障子貼りをしたのですが、それも失敗しましたよ、色々と…。ああ、不器用って悲しい…。

エコクラフトでパンかご

 2013-09-18
8月にエコクラフトで2つほどかごを作りましたが、その際に母から「パンを入れる籠が欲しいわね!」と言われました。
材料が足りなかったのでその時は見送ったのですが、先日買って来たので3連休初日に挑戦しました。
ちなみに、前と同じ色のエコクラフトテープを買ったつもりだったのですが、蓋を開けてみたら違う色だったので(……)、前の残りは使えませんでした。

参考にしたのは、今はなき、雄鶏社のこの本。
エコクラフトで作るかご&バッグエコクラフトで作るかご&バッグ
雄鶏社

雄鶏社 2003-02-10
売り上げランキング : 180429

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ですが……作り方説明は、かゆいところに手が届かなかったですね!この本は。
直角に折り曲げる……どう直角ですか!とか。
最初に残した2cmの始末は!残した4,5cmの始末は!?とか。
そうかと思えば、最後のふちに使った紐の始末の説明はやたらと詳しい……(けど、写真と説明がいまいちよくわからない)。

わからないながらも、誤魔化しながら作りました。
出来上がりはこちら。
写真ではりんごを入れていますが、パンを入れる予定です。
DSCN3348.jpg

特に深く考えなくても、自然にカーブがつきました。
見た目より意外にものが入ります。
母は前に作ったものより気に入ったようですが、色のせいかもしれません。

2013/8/8 ビーズ入りリリアン編み 夜空のボーゲン

 2013-08-11
8月6日からビーズ入りのリリアン編みを始めました。前に一度キットを作っているので、今回が二度目です。
今度もキット。そして、今回はちゃんと指定通り、リリアンドールを用意しました。前回、無視してフレンチリリアンを使ったら、大きくなったので…(いや、大きくなったのは、それだけのせいではないと思われますが…)。

今回も参考にした本はこちら。
ビーズでかんたん!リリアン編みのアクセサリー (レッスンシリーズ)ビーズでかんたん!リリアン編みのアクセサリー (レッスンシリーズ)

by G-Tools


こちらのP17の「夜空のボーゲン」というやつを作りました。前回はテグスでしたが、今回はあみいと利用。あみいとは初めての使用ですが、丈夫ですねー。
あと、前回は毎回間にビーズを入れたのですが、今回は入れないところと入れるところがありました。
最初10センチほどはビーズを入れずに編み、そのあとはビーズを入れる段と入れない段を交互に編む、ビーズを1パターン分入れ終わったら、入れないで5段編む、という感じでした。
ですが最初ビーズを一段交互で入れたり入れなかったりすることに気づかずに、全部入れて編んでしまいました。

ビーズがリリアンドールの穴に入っていかないので「これはおかしぞ!?」と説明を見たら、ビーズを入れて1段編んだら、ビーズなしで1段編むんだったという。
それで、仕方がないのでほどいたのですが。…リリアン編みは、棒針編み以上に、ほどいたらどうしたらいいかわかりませんね…。そういうわけで、ビーズを入れずに編んだ10cm分も、全部ほどいて一からやりなおししました。
おかげさまでちょっと慣れて、最初よりも綺麗に編めました。

さて、そんなわけで説明書の通り、1段交互に編み始めたのですが。どうもそれでも途中、リリアンドールの穴にビーズが入っていかないんです。おかしいなあ…と思って、説明書を見たら。「編み機にビーズが詰まらないように1周ごとにビーズを下げながら編みましょう」って書いてありました。本には書いていません。
しかし「下げながら」ってどういう意味でしょうねえ。そもそもすでに詰まっているのに、どうにかなるものか…、と下に引っ張って引っ張って引っ張っても、ぜんぜんビーズ詰まりは直らなかったのですが、ある時突然、穴に収まってくれました。
またほどくことにならなくてよかったです…。

もっともほどかないで済んだからといって、その後は完璧だったかというと、そんなことはなく、おそらく間違っています。特に、ビーズなしで5段編むところ。あそこが4段になったり6段になったりしているんじゃないかと思いますが、まあ、味です、味。

というわけで出来上がりはこちら。
DSCN3312.jpg
DSCN3314.jpg

作る前から「前のと同様、できあがっても使う機会がなさそう」と思っていたのですが、できあがったら、ビーズが編み糸の中に大半隠れるので、意外に地味です。地味というか地味派手というか。
これなら使う機会も、万一、ことによったら、もしかしたら、あるかもしれません。
私がこれに似合うような服装をすることがあれば、ですが。

ビーズを通して編み始めたのが6日の夜、編み終えたのが7日、金具とかをつけたのが8日の午前中かと思います。

夏休み中にもう1,2個作りたいものがあったのですが、着手できませんでした。理由の一つは暑さですね。金曜辺りからますます暑かったですよね……。
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫