FC2ブログ

【教室】綴れ織りサンプル

 1998-03-02
1997年1月から、経糸をながーく整経して、随分長いことサンプルを作ってました。

経糸総本数
40本
通し幅
16cm
筬目
2.5目/cm(5目/cmの筬で一本交互に糸を通した)
使用した糸
経糸:たて糸5号 緯糸:ウール並太
綜絖枚数
二枚(平織り組織なので2枚でOK)
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
作成期間
1997/1/19~1997/2/23(提出1998/1/11)
参考書籍
『ハンドウィービング―手織りの実習』

まず、綴れ織りです。
垂直線を作る方法として、スリット、織成、ダブティリング(1段おき、2段おき)、インターロックを習いました。
斜線は一段ずらしと二段ずらしを行いました。

その後、与えられた図案を、上記の技法を使って織りました。(三角とか丸の辺り)
その次の黄色と黒のしましまのあたりは当時技法の名前を聞いた覚えがないのですが、今にして思えばラーヌ織りなのかなあ、と。
img4_tudure1.jpg

これは今、キーボードの上にかけてあります。


作成期間
1997/秋頃?

これまでに習った技法で何か織ってみましょうと言われて、以下を織りました。
img6_tudure2.jpg

これは今、織り機に巻かれています。いや、打ち込んで戻す時に、枠にぶつかる音がうるさいと家族から指摘を受けたので、その音を緩和するために……。


参考用語
あ行:インターロック、筬、筬目
さ行:織成、スリット、整経、整経長、綜絖、組織
た行:経糸、ダブティリング、綴れ織り、通し幅
は行:平織り
や行:緯糸
ら行:ラーヌ織り

スポンサーサイト



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
https://riko122.blog.fc2.com/tb.php/5-828ad5a8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫