FC2ブログ

啓翁桜と紫蘇による染め

 2005-03-07
1月に啓翁桜を買ってきて、家の中で花見を楽しんだ後、葉っぱが出るのを待って、葉っぱをむしって、枝を木っ端微塵にして、染料を抽出しました。
去年の啓翁桜染めでは、葉っぱと細い枝で抽出して、出た液の色は大分薄かったのですが、今年は木っ端微塵の効果か、けっこういい色が出ました。
img49_02270001.jpg


染料液抽出日
2005/2/26
抽出方法
啓翁桜の葉+枝150g位を水1.5Lで抽出(1番液も2番液も同様)
出来上がり量
1番液+2番液でおよそ2L
参考にした本
『ハンドウィービング―手織りの実習』
『草木染―四季の自然を染める』

詳細は日誌に記述しています。
この染料液で、ペニーロービング1/6.5番手 生成りを40g位染めました。(画像左)
合わせて、母が去年梅干を漬けた時の紫蘇の葉の灰汁で何か染めてみてと言っていたので、染めてみました。(画像右)
img50_03080002.jpg

画像では良くわかりませんが、桜は肌色っぽく、紫蘇は薄茶色っぽく染まりました。
啓翁桜はいつもの通りみょうばん媒染ですが、紫蘇についてはどうしようか考えて、200cc位のそれに、30cc程お酢を入れたもので染めました。葉だったらお酢でもみだしたりするのでそうしてみたのですが、葉っぱの原型がなく灰汁だけのものに酢を入れても意味がなかったかもしれません。

参考用語
は行:媒染、番手
ま行:みょうばん媒染

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
https://riko122.blog.fc2.com/tb.php/49-fa2c1b06
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫