fc2ブログ

【オンライン講座】手織り入門lesson4 あじろ織のベンリーがま口バッグ

 2023-12-11
一か月前に織った生地で、バッグを仕立てました。

バッグ本体はこうです。
あじろ織りのバッグ地本体
口部分にピコット編みをしています。

内袋もつけました。ただし、内袋はミシンで縫いました…。本体にたてまつりで縫い付けるのは、しつけもしてちゃんと縫いましたよ!
あじろ織りのバッグ地本体の内側

そしてベンリーがま口の金具を通して出来上がりです。
あじろ織りのベンリーがま口バッグ
ベンリー口金、初めて見たときから使ってみたかったんですよねー。
金具を通すことでギャザーがよるので、ふっくらして可愛いバッグですね。

一見まともですが。まあ、出来上がりサイズが「長さ58cm、幅が32,5cm~34.5cm」って言ってるくらいで、まっすぐ織れていないんですよ。小さい方に合わせて接着芯を切って貼りましたが。
で、内袋は接着芯サイズに縫い代をつけたサイズで切ったので、本体と合わせようとしたら…まあ、大きいところとは合わない。…ごまかしました(笑)。

あと、あじろ織りもブロックのサイズが一定じゃなかったようで、ピコット編みは3ブロック分するんだったんですが、どこも3ブロック分ずつ編んだはずなのに折りたたんでみたら、合わなかったんですよね…。ピコット編みした部分の長さが。これもごまかしました…。

ベンリーがま口は、がま口部分が持ち手なわけですが、穴があったので「ここに何か通せばショルダーになるわけね」と思い、手持ちのショルダーストラップをつけてみました。

穴にこのように金具を通して…、
ショルダー紐をつけた部分

はい、ショルダーバッグの出来上がり。黒ですが合わなくもないですね。
ベンリーがま口バッグにショルダー紐を追加

8月の終わらせる予定だった課題が12月になりました…。入門コースの課題はあと2つですが…今年はもう無理かな…。

スポンサーサイト



カテゴリ : 自織地で縫ったもの トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫