fc2ブログ

リリアンをほどく

 2023-03-01
昨年の夏から、リハビリさんに訪問してもらって母を見てもらっているのですが。リハビリで何の作業をしましょうと、いろいろ検討した結果、DAISOさんの毛糸deリリアン(サークル)で、レッグウォーマーを作ろうということになりました。
作ったら使えますしね!
毛糸色々余ってますしね!
ちなみにリハビリさんは手芸は特にやらないという方でして、リリアンを提案したのは私だし、一段目をやって準備をしたのも私です(笑)。リリアンの前に、編み物とか組みひもディスクとか色々提案したんですが、ちょっと母の手の状態から難しかったんですよね。リリアンは一番できそうでした。とはいえ一人ではできない。

で、リハビリさんが巻き、母が編み棒でピンから前の段の毛糸を外す、という二人三脚で進めていて、ここまで進みました。
リリアンの進捗
ちょっと太めの糸がいいとのことだったので、ブリティッシュエロイカです。レッグウォーマーというからには二つ作らなくちゃいけないけど、ブリティッシュエロイカの余りだけでは2つは作れそうにないかなあというので、途中から茶色の毛糸(私が紡いだ糸)に変えていますが、ちょうどこの写真だと影になってわかりづらいですね。

でもこう、赤矢印をつけたあたりで、編み目がおかしくないですか?(笑)
「まあ履けるからいいよね」と言ったのですが、元々かなり編み物とかやっていた母は妥協したくなかったらしい。
「ほどく」と言い張りました。
リハビリさん「えーほどくの?でも私ほどけないー」

…というわけで、ほどくのを請け負いました(笑)。ほどき始めた最初の辺りは手紡ぎ糸だったわけですが。
手紡ぎで太さが色々だったので目立たなかったのですが、手紡ぎ糸の部分でも、編む方向が2,3回逆になってました(笑)。
で、「多分ここまでほどけば、回転は正しい…」というところまでほどいたら。
ほどいたリリアン
こんなに短くなりました(笑)。

回転を…間違えないためにはどうしたらいいかな…と、リリアンの棒のところに数字シールを貼ってみましたが、効果あるかなあ…。
ナンバーを振る

あと、間違えた時にわかりやすいよう、手紡ぎ糸はやめたほうがいいかもしれませんね。ブリティッシュエロイカ、もう1玉買うか…でも通販で1玉だけ買うのもな…。なんかほかにも買おうかな…と、毛糸を増やしてしまいそうな勢いです(苦笑)。

それに、茶色の手紡ぎ糸を母にあげたから、と前回の在庫確認に入れなかったのですが、返してもらうことになったので、
2023年2月の所有している糸 手紡ぎしたものの羊毛に茜染めしてあったサフォークを紡いだもの18g追加です…。
スポンサーサイト



カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫