fc2ブログ

織地でカードケース

 2023-01-19
名刺入れなどを作りたいと言っていた小物用の布地
カードケースを作ろう!と思って100円ショップでカードを入れるやつを買ってはありました。
正確にはカードケースを買ってあって、中身を再利用しようと思ってたんですよね。

しかし買ってあったカードケースがこういうので、
100円ショップのカード入れ(両側)
そんなに嫌いな柄でもなかったのでついこのまま使ってしまって…、えーと織地ができた時期を考えると多分6年以上このまま使ってしまって(笑)、先日とうとう中身が壊れました(笑)。

このタイプの、カードケースの作り方をチェックしてあったんですけどね!
https://ameblo.jp/cross1231/entry-11157807416.html
このサイトに載っているような、両脇に差し込むタイプのやつが中身だったんですよ。両脇が硬くなっていて差し込みやすくなっていたのですが、その片方が割れました…。

まあでも、片側だけ差し込むタイプのやつも100円ショップで買ってありました。
100円ショップのカード入れ(片側)
多分、財布に差し込んでカードを入れるところを増やそう、とかそういうやつだったように思います。
これには外身がないので、ではこれ用に外身を作ろう、と重い腰をあげました。

片側だけ差し込むタイプも作り方はチェックしてあったんです。
https://misinyuai.exblog.jp/15261692/
しかも2か所まっすぐ縫えばいいだけという、有難くも簡単な作り方です。

まずは、その辺の端切れで指定のサイズでしつけ糸で仮縫いしました。
なお、断面図が正しいとすると、最初の図の一番左側の折り目は山折ではなく谷折だと思います。

小さくてかわいいのができました。直接カードを入れるならこのサイズでいけるのですが、今回はカード入れを差し込むという使い方をするので、もう少し大きくないとダメそう。
12センチは12センチでいけそうですが、16cmで谷折、16cmで谷折、7cmで山折の7cmかな…。

これで、今度は本番の織り地で仮縫いをしました。そうだ、タグをつけよう、とタグの位置も確認。
布の両端は接着テープは貼ってありましたが、ほつれるようなので三つ折りすることにしました。しかし生地はもう切っちゃってるのでサイズは変更できません。折り返しを短くすることにします。

アイロンで三つ折りして、タグも仮に縫って、再度仮縫いをします。
タグの位置の調整。あと、カード入れを入れてみて、やはり接着芯を貼ろうと決めました。

そして本縫いです。タグを縫って三つ折りしたところを縫って、両脇をしつけして、一応再度ひっくり返してみてサイズを確認してから、元に戻して縫いました。

出来上がりはこんな感じです。
カード入れ1

カード入れを入れて折り畳むとこんな感じ。
カード入れ2
折り目にアイロンしたのですが、まだ落ち着いてなくて、開いちゃいますが(笑)。
100円ショップのは細いフラップがついていてマジックテープで閉められるようになっていましたが、この作り方だとフラップを挟んでは作れないんですよね。なくてもいいかと思ったのですが…こう開いちゃうとねえ…。しばらく重石をしておいたら落ち着くと思いますが。うーん、片側をもうちょっと長くして、フラップにしてもよかったかな…。

こっちの写真の方が折り畳んだ時の感じが出ているかな…。
カード入れ3

いいんじゃないでしょうか!接着芯を貼ったのも、ピンとなってよかったかと思います。

次は名刺入れかなー(しかし今名刺入れを使う機会がなくて…)。




スポンサーサイト



カテゴリ : 自織地で縫ったもの トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫