fc2ブログ

シートベルトカバー

 2022-05-02
12月に車を買い替えたのですが。助手席のシートベルトを母が痛がります。いや冬はよかったんですよ。厚着をしているから。上着を脱いでシートベルトをすると、首に食い込むのか痛がるのです。
や、タントなので助手席のシートベルトはシートの背もたれから出てくるタイプなんですよね。前の車より痛がるのはそこらへんも関係あるかもしれません。

ともあれそれで「そうだ、シートベルトカバー作ろう」となりました。前に姉の車にも作りましたし。

特にその時型紙を作っておかなかったのですが、検索したら、シートベルトカバーの作り方を載せてくれている人がいました。有難い有難い。適切なサイズがわかんないですからね。
こちらの作り方では、表面は4枚の布を縫い合わせて可愛くしていますが、そんなことはしないので、18×24の表地と裏地+キルト芯(縫い代別)があればいいわけです。

手持ちの布をあさりましたが、うーん、どれにしようかな…。あ、織り地の端切れとかでないかな…とあさったら。
昔、アトリエ喜世恵さんの個展で購入した裂き織りのハギレがありました。一度ポーチにしたけど、作りがいまいちで布地に戻していて、一つはトートバッグのリメイクに使ったけど、もう一枚は残っていました。しかも残っていた一枚は布地に戻すときにうまくいかず表地と裏地も分かれていました。

というわけで縫ってみたのがこれ。
シートベルトカバー表

裂き織り地で厚みがあったので、縫い代は1cm残して、ひっくり返した後、周囲をぐるりと縫っています。

ところで、作り方の説明を見て、マジックテープの位置が両方とも端っこから1cm位のところに見えたのでそのように縫ったのですが。
シートベルトカバーマジックテープの位置
考えてみたら、三つ折りにするんだったら片側は折り目から1cmのところにしなくてはいけなかったのでは…。
いや、作り方説明には特に端から1cmとは書いてなくて、考えればわかることなので、作り方が悪いわけではなく私のミスですが。

おかげで裏側は真ん中で合わせている感じになりました。
シートベルトカバー裏

ただ、裂き織り地であることと、芯が厚めだったのか、この状態でシートベルトにちょうどいい幅になってました…。
姉のシートベルトカバーの時も厚みのことを考えてなかったのに成長してないな…。

教訓。
材料が違うんだから、サイズはちゃんと測って、あと、仮縫いして合わせてみよう。
スポンサーサイト



カテゴリ : バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫