fc2ブログ

デンマークの馬蹄型のショール

 2021-11-18
昨シーズンから編み始めたショール。今年寒くなってから続きを編んで、テレビを見るときに作業をするようにしていたら出来上がりました。
デンマークの馬蹄型のショール
昨シーズン何十段か編んだところで「あれ?左右の目数が違う…」と悩んだ結果、全部ほどきました。いやー、編み物万年初心者なのでほどくと拾えないんですよ…。何目か戻る位はできるんですが。
そして編みなおしていたら、前に編んだのの半分位のところで暖かくなってきてしまい、保留になっていました。

ようやく前回よりも大きくなってきて模様編みに入った頃、結局「あれ?また左右の目数が違う…」になったのですが、「もういいや…」になって編み続けました…。最後の辺りなんかけっこうな目数で指先がかたくなりました。編み物たこ?多分持ち方と編み方が悪いのです。


こちらの本でデニッシュラップショールという名で載っている作品です。

使用糸は、残っていたアルパカリミスト。絶対足りない量でしたので、途中から別糸を入れて縞々にしました。アルパカだからアルパカな糸にしよう!と思って、以前JOYで紡いだ推定アルパカ+シュロップシャーを使いました。
色合いどうかなあと思ったのですが、こういうもんだと思えばありですかね。
しかし、それも使い切ったので途中からは、スピンドルで紡いだアルパカ牧場のアルパカを使いました。
更にそれも使い切ったので最後の方はまたJOYで紡いだ推定アルパカ+シュロップシャーです。
デンマークの馬蹄型のショール

模様ごとに紡いだ糸とアルパカリミストを交互に使って縞々にしていましたが、アルパカリミストが足りなくなってしまい、最後の辺りは手紡ぎ糸だけで編みました。模様編みの最初から縞々にしていれば、ちょうどいい感じに縞々で終わったかもしれない…惜しい。

両脇の紐はコード編みです。初めてのコード編み。
『輪針でニット』の説明だといまいちよくわからなかったので、こちらの本も参考にしました。

すっごい楽しいですね、コード編み。

この紐を使って身に巻き付けて結び付けて着た写真がこちら。手を伸ばして頑張って自撮りしました。
デンマークの馬蹄型のショール 身に着けたところ
あたたかい…。

ちなみに、ショールの幅?が100cmなのは本と同じなのですが、本だと高さが48cmなのですが、私が編んだら36cmでした。
段数は多分ほぼ一緒なのですがねえ(2段間違えている疑惑がありますが)。糸が違うとはいえ幅は同じにできたのになあ…。もうちょっとゆったり編むといいのでしょうか。
48cmだともうちょっと羽織っている感が出たかもしれませんが、これだとすっごいでかい衿、のような感じもします…。
でも私にしてはまあまあの大物を編みました。

左右の目数が違ってしまったし、また挑戦してみたい気はします。
スポンサーサイト



カテゴリ : 編物 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫