fc2ブログ

紡いだ和白綿の撚り止め

 2021-01-28
先日洋茶綿の撚り止めをしたわけですが、せっかくだからほかのも撚り止めしておくかと思って、今日は以前に紡いだ和白綿をまとめて撚り止めしました。

和白綿の撚り止め
後ろが糸棚なのでわかりづらいかと思いますが。5つ干してあります。

2008年にベランダで収穫した和綿を、2008年11月にポンタさん7gスピンドルで紡いだもの2.23gと、
2010年に花壇で収穫した和綿を、2018年8月までにJoyで紡いだもの、17.36gと12.87gと、
2011年に花壇で収穫した和綿を、2013年5月にタクリで紡いだもの5.51g
2012年にベランダで収穫和綿を2014年に綿繰りして2015年9月までに桜楓スピンドルで紡いだもの0.92gです。

今回は棒を通して、棒にトレーニング用の重石?をつけてみました。多分父が足につけて鍛えていたものだと思われます。

ところで今回、馬鹿をやりました。ところどころに黒いものがついちゃってて。
和白綿の撚り止め 黒いものが付いた
前回と同様スズランテープにどの糸かわかるよう書いて、かせにつけて煮たのですが。
うっかり書いたペンが水性だったようで…。マジックだと思ったらPROCKEYだったんですよ…。PROCKEY好きだけど、煮たらダメですよね…。水性顔料マーカー。
多分、マーカーが落ちた黒だと思うんですよね。幸い染まったわけではなく、固まったのが付いただけみたいなので、乾いた後はたいたら落ちてくれるのではないかと期待しています…。
ダメだったら染めるという手もあるし…。

まあ何にしろ粗忽ものなので、色々へまをします…。

参考用語
か行:かせ
さ行:スピンドル
や行:撚り止め
スポンサーサイト



カテゴリ : 紡ぎ関係 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫