fc2ブログ

2019年の和綿(茶)を紡ぐ

 2021-01-25
今日も何とか紡ぎました。但し今回は和綿の茶。大昔に姉がお土産でくれたコットンベイブの子孫です。
この綿の固まりを持った時…もちもち感を感じました。なんだろう、羊毛だったら英国のダウンタイプみたいな感じ?弾力がある。
まあ私の言うことなので、ただの勘違いかもしれませんが…。

2019年の和茶綿紡ぎ終えた
茶色と言っても薄い茶色で、このスピンドルと色がなじんでいますね…。
スピンドルは昔ポンタさんのところで購入した7gスピンドルです。実際には8.4g位ありますが、確か名称が7gスピンドルだった。

かせにしたのはこちら。太さは…まあまあそろってきた…ような気がします。
2019年の和茶綿かせにした


紡いだ道具
ポンタさん7gスピンドル
紡いだもの
2019年ベランダ収穫の茶の和綿
紡いだ量
1g
紡げた長さ
12.9m
撚り
Z撚り
紡いだ時期
2021/1/25

ちょうど1gだったので、計算するまでもなく共通番手は12.9m/g。綿番手にすると7.62sというところかと思います。
けっこう細く紡げていた気がするのですが、全然そんなことはなかったようです。

…そしてやっぱり円盤の部分が下だと、時計回りに回していた私でした…。

参考用語
か行:かせ、
さ行:スピンドル
た行:ダウンタイプ
は行:番手
や行:撚り
スポンサーサイト



カテゴリ : スピンドルで綿を トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫