FC2ブログ

GTTで予行演習

 2020-06-20
GTT、デザインを考えられる、ということはつまり、織るのの予行演習になりますね。
で、「あ、毎回毎回、どこから回転変えるんだっけ??とかになる、SPINUTSのあれ、デザイン作っておけばいいんじゃーん!」と思い立ったので、作ってみました。実際にカードに糸を通してから「しまった通し方逆…」とかなると非常に悲しいので、予行演習は有益です…。

えーと、色々複雑な話があるのですが、結論から言うと、GTTではカードの表面を人から見て右側と思えばいいです。そしてCard Setupの画面では、カードの穴は上からABCDなので、図案1のままSetupすれば大丈夫です。通す向きも、1~6がSで、7~12がZで大丈夫でした。

最小限がわかればいいので、各模様2回ずつ位しかやっていません。
しかし、ほら、それっぽくなりましたよ!
spinuts 基本柄 全体像

右側の柄は裏がどうなるかです。
ツールバー1列目の右から7番目、Show reverse of band アイコンをクリックすると出せます。

手元に実際織ったものがあるので見比べてみましたが、表も裏もちゃんと、実際のものと近いですよ!
あえていうと、実際に織ったものやSPINUTSの写真だと、6枚目と7枚目の間にちょっと隙間ができているものでも、GTTだと、ぴっちりくっついているように見えますね。でもまあその程度の差です。

ちなみに最初、柄がはっきり見えるくらいのサイズで、カードアクション表示(昨日の記事で「右側の数字がたくさん書かれる部分」って言っていたところ)も見える形で、画像を3枚にして貼り付けていたのですが…、「これだけ見て織れるレベルになってしまっている…。著作権的にまずいかも…」と思ったので、この画像一枚にします!

スポンサーサイト



カテゴリ : その他の図案関係 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫