FC2ブログ

桃の残液で染める

 2020-04-17
桃でウールを染めた結果、染液はまだ色が残っていました。
それはもう…残液でも染めるでしょう!
というわけで翌日、染めるものを見つけて投入しました。
桃の染液
その後、銅媒染。驚くほど濃い茶色に見えましたが、その後引き上げて洗ったら、落ち着きました。
奥にあるのが、みょうばんで媒染したウール糸を桃で染めたもの。
右側二つが今回桃の残液で染めたものです。茶色。まあ使い勝手はよさそうな色かな…。
桃の残液で染める


染めたもの
織り機を譲っていただいた時にいただいたループ糸。FA509と書いてあったので、おそらく後正さんの、毛80ナイロン20の糸ではないか? 200g
染料
桃の枝 272gでアルカリ抽出して染めた後の残液
媒染
染め直後に銅媒染
参考書籍
作成した『My草木染め手順書』。この手順書のもとになっているのは手持ちの染めの本。


手順書を見ながらやったのに、最後に酢酸処理をするのを忘れました…。昨日はやったのに…。
今日は後媒染だったのでうっかり…。

もっと見やすくしよう、手順書。


参考用語
あ行:アルカリ抽出
さ行:酢酸処理
た行:銅媒染
スポンサーサイト



カテゴリ : 羊毛糸を トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫