FC2ブログ

ハンカチタオル

 2006-08-31
夏なので綿ものが織りたいなあ、と以前から作りたかったタオルに挑戦しようと思い立ちました。
手持ちの本でタオルが載っているのは、そらで思い出せるところでは二冊。
『はじめての手織り』と、『アッシュフォードの綜絖 おさ式織物の本』です。
見比べてみて、糸の入手のしやすさから、アッシュフォードの方を参考に織ろう、但し、どうなるかわからないから、サンプルということで、まずハンカチタオルを織ってみよう、と決めました。
……決めたのは七月なので、ハンカチタオルを作ったのは、甲子園での出来事とは何ら関係ありません。

さて、アッシュフォードの本では、使用しているのは8/2の綿です。……2/8と書いてあるところもあるのですが、恐らく8/2で正解でしょう。
綿で8番手ということは1ポンドが2400ヤード。ということは、453.6gが2194.4m。……であれば、40gが193.5m。
撚り糸本数が2なので、40gが96.76m位の糸を使っている……という計算で合っているでしょうか。
探しあてたのは40gで約98mの綿糸なので、ほぼ同じといえましょう。しかも撚り糸本数も2でした。

経糸総本数
2本どりで111本(つまり222本)。
整経長
150cm(22cm×3枚のつもりだったが、多めにとった)
通し幅
22cm
筬目
5目/cm
使用した糸
経・緯糸とも、ルーバフォルコット(EX)。色番は101(白)、108(水色)、117(紺)。
使用織り機
クロバー咲きおり
作成期間
2006/7~8月
参考書籍
『アッシュフォードの綜絖 おさ式織物の本』

img98_08300001.jpg

タオルなので、ある程度ぼこぼこしていた方がいいんじゃないか……と平織りで織ることにいくらか疑問を持っていたのですが、糸の太さの割にきつい筬目なので、平織りでもけっこうぼこぼこなりました。

奥の二枚は当初予定通りハンカチタオルを目指して、ミシンで端始末をしましたが、ミシンの調子があまりよろしくなくて……。
手前の一枚は、母が「これ、敷物にいいわよ!」と言い出したため、急遽敷物にすることにして、端は房にしました。
あ、手前の一枚にところどころ入っている色糸は、前にくみひもディスクでストラップを作った時の余り糸(刺繍糸)です。

使ってみて、使い心地がよいようなら、ハンドタオルを織ろうと思います。しかし端始末はもうちょっとどうにかしないとダメな気がします……。タオルだったら三つ折りでもいいかなあ……。


参考用語
あ行:筬目
さ行:整経、整経長
た行:経糸、通し幅
は行:番手、平織り
や行:緯糸




(以下2006/09/09追記)
コメントにも書きましたが、使ってみた結果、この糸は吸水性がいまいちでタオルとしてはよろしくありません。三枚とも敷物として使う運命のようです。

(以下2013/08/25追記)
ルーバフォルコット(EX)の撚り糸本数が2とか書いていますが、今見るとどう見ても4です。あれえ?
スポンサーサイト
コメント
本日、使ってみました。……吸水性がよくありません。ダメじゃないですか、タオルとして……。
「吸水性がいい糸ってなにかなあ」と呟いたら、母に「綿」と言われました。
いえ、母よ。綿は綿を使っているのですが。その後、「織り方が悪いんじゃないの。単に平織りがいいんじゃないの」とも言われました。
……いえ、母よ、降り方も平織りなのですが……。
さて、吸水性のよい綿の糸。……探すことにしましょう。
# ま、織り方はパイル織りがいいかもしれませんよね……。
【2006/09/01 21:54】 | Riko #79D/WHSg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
https://riko122.blog.fc2.com/tb.php/139-c0333418
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫