FC2ブログ

斜め切り替えバッグの試作

 2019-07-28
本屋でバッグ作りの本をよく見ます。で、縦長に布を使うものがあると「これ、織り地で作れないかあ」と考えがちです。
今回見つけたのはこの本。

普段なら「織ってから作る」ことを考える(このバッグは何センチ幅で織っておけば作れる、と考える)のですが、この本の中の「斜め切り替えバッグ」には、既存の試し織りした長細い布を使えないかな、と思いました。

で、本を購入後、本に載っているバッグのサイズ、と試し織りした細長い布のサイズを確認。本の方は17cm幅の布を使っていますが、手元の布は13cm。13cm幅で作るとどの位のサイズかな…と計算しました。
…小さ目の持ち歩きバッグとしてよさそうですが、ウルトラマン布で作ったバッグの例もあります。作ってみないとよくわかりません。
あと、ZONOさんの作品集を見て「試作大事」と思ったこともあり、いきなり織り地を使うのではなく、試作をしてみることにしました。

まず13cm幅で作れるよう型紙を直して、手持ちの布を組み合わせて…こうなりました。
斜め切り替えバッグ試作1
生地は着物と帯の端切れだと思われます。買ったかもらったかしたものです。
本に載っているサイズだと、持ち手は肩から掛けられる長さでしたが、このサイズなら肩からはかけないかなと思い、短めにしています。

斜め切り替えバッグ試作2
底はこんな風になっています。

斜め切り替えバッグ試作3
裏も着物の端切れです。…裏の方が可愛いなあ(笑)。
マグネットボタンがついています。
あと写真に写っていませんが、内ポケットも一個あります。

本当は底芯を入れる指定になっていましたが、このバッグについては入れていません。織り地で作る時は入れるかも。

サイズは文句ない感じにできましたが、どうもこの試作バッグ自体が汚っぽいのは…端切れがなんとなく汚かったせいですね(苦笑)。使うなら裏表逆に使った方がいいかも…。マグネットボタンが外につくけど、そこは両脇にマグネットボタンをつけた小かぶせでもつければ…。

しかし、作る前のざっと計算では、試し織りした生地でこのバッグが2つできるかなと思っていたのですが。縫い代分を考慮していませんでした。実は1個しか作れず、布がけっこう余ることがわかりました。余った分でまた何か作らないとですねえ…。
スポンサーサイト



カテゴリ : バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫