FC2ブログ

つぼみ編みの帽子を直す

 2019-02-21
7年前に母に編んだつぼみ編みの帽子。最近母はよくかぶっていたのですが、よくずり落ちて目まで隠れてしまうのです。私がかぶるとそんなことはないんだけどなあ…。
で、母が「ここまでほどいて、そこでぎゅっとしぼって」とか言い出しました。
いやいや単純にほどいて絞ったら、一番上にもっのすごく穴があくでしょう!

というわけで、職場で昼休み。
編み物が得意な友人に相談して、模様編みのギリギリまでほどいてそこから減らし目をしました。
つぼみ編みの帽子を短く
…ものすごく様子の違う帽子になりました…。


実は元々頭頂部は絞り切れず直径1cm位の穴があいていたのですが、友人が「一個おきに二周して絞る方法があるよ」と教えてくれました。帰宅後編み物の本を探したところ、そのやり方が載っていたので、その通りに絞ってみたところ、
短くしたつぼみ編みの帽子の頭頂
ほとんど頭頂部に穴があいていない!!

しかしぎゅっと絞ったからか、とってもフリルの様になっています。その分丈が短くなっています。今度はちょっと小さいかも…。
…もしかして、編み図のままのサイズでもぎゅっと絞ったらもうちょっと小さくなったのでは…と思いました。ですが、これでいいと母が言うので、この丈の長さで完成です。

尚、ほどいた分毛糸が余ったので、お湯につけて再生しました。元々余っていた分と合わせて30g位あります。何かになるかなあ…。
スポンサーサイト
カテゴリ : 編物 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫