fc2ブログ

Excelでマクロが使えない場合の解除方法

 2023-12-12
先日箕輪先生に訊かれるまで知らなかったのですが、最近はマクロ入りのExcelファイルを開くと
「このファイルのソースが信頼できないため、microsoftによりマクロの実行がブロックされました。」
というメッセージが出て、マクロが実行できないことがあるそうです。

調べてみたら、2022年の夏頃のアップデートでセキュリティが強化されて、ネットワーク上にあったExcelファイルを開いた場合に、マクロがブロックされるようになったんだそうです。
自分のPCにあるファイルを使っている分には問題ないので、今まで全然気が付きませんでした。

どうやったら使えるようになるかというと。
「このファイルのソースが信頼できないため、microsoftによりマクロの実行がブロックされました。」の横に「詳細を表示」というボタンがあるのですが、そのボタンをクリックして表示される説明サイトを読めば書いてあります。
こちらのサイトになります⇒「潜在的に危険なマクロがブロックされました」
サイトのタイトルが不穏ですよね…。なお現時点で私が「詳細を表示」ボタンをクリックしたらこのタイトルのサイトに行った、ということなので、変わるかもしれません。

いったん、マクロが使えないExcelファイルを閉じて、上記のサイトの「1 つのファイルのブロックを解除する」に書いてある手順をやってから再度Excelファイルを開けば、マクロが使えます。
ただ、この説明サイトには、[プロパティ] を開いて、[全般] タブの下部で、[ブロック解除] チェック ボックスを選択と書いてありましたが、少なくとも私の環境では「ブロック解除」ではなく「許可する」でしたけどね。
プロパティ


まあ内容を読んだところ、同じようなことを書いてあるので「許可する」にチェックを入れて、OKしたら、大丈夫でした。

このファイルのマクロは大丈夫!と思うファイルのみ、ご自分の責任において「許可する」にしてご利用ください。

なお、株式会社OA推進センターというところのブログの説明がわかりやすかったし、ちゃんと「許可する」になっているので、参考までにリンクをはっておきます。

あー、https://github.com/riko122/WeavingMacroも直さなくちゃ…。
(10月にPCが壊れて以来、開発環境はまだ整えてないんですよ…)
スポンサーサイト



カテゴリ :ドラフト トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫