fc2ブログ

和茶綿35号

 2023-12-31
今年はもう終わりかなと思ったのですが、今朝一個はじけているのに気が付きました。
2023年和茶綿35号

なかなか立派です。

まだはじけていない棉がけっこうあります。うーん、いつまで様子を見るかな…。

さて、2023年も大詰め、最終日です。
プロフィール画像が2023のうさぎなので変えなくちゃなのですが、龍を織らなかったので…さて何の画像にしようかな…。

よいお年を!

スポンサーサイト



カテゴリ : 棉成長記録 トラックバック(-) コメント(0)

和茶綿34号、洋茶綿46号まで

 2023-12-25
投稿し忘れていましたが、12/19に三つ収穫がありました。
2023/12/19の収穫

左側が和茶綿、右側の二つが洋茶綿です。
カテゴリ : 棉成長記録 トラックバック(-) コメント(0)

レッグウォーマーのお繕い再び

 2023-12-24
一月に繕った母のレッグウォーマー、気が付いたらまた穴が…。

再び『大切にしたいものをお繕い 野口光が教える一生使えるダーニング術』を参考に繕いました。

フィギュアスケートの全日本を見るときの隙間時間(CM時間とか)にやるかとやり始めたのですが。一周目のブランケットステッチがおかしかったので、ほどいた…ら、男子フリーが終わってしまい(笑)、結局その後にやりました。

今回はお玉をダーニングマッシュルームの代わりに使いました。(前回はなしでやってました)
レッグウォーマーのお繕い
前回よりちゃんとハニカムダーニングになっている気がします。
というか今回お繕いを終えた後、前回のを見て「あれ違う手法でお繕いした?」と思った位、前回のが変(笑)。

そして、実はここ以外にも穴があったと思ったのですが、繕ったときには見つけられなかったので、今回は一か所のみ。
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

洋茶綿44号、和白綿21号まで

 2023-12-17
細々とはじけています。

12/13に収穫した分。
2023年洋綿43号、和白綿21号

12/15に収穫した分。色が飛んで写っていますが、洋茶綿です。
2023年洋綿44号

しかし今になってはじけるのは根性あるなあと思うけど、今になって咲くのは無謀だなあと思うなあ…(昨日一個咲いてまして…)。
カテゴリ : 棉成長記録 トラックバック(-) コメント(0)

リリアンでレッグウォーマー片方

 2023-12-16
3月に母とリハビリさんでリハビリにやっているDAISOさんの毛糸deリリアン(サークル)の話を書きましたが、ここまで来たところで母が「この長さでいい」と言い出しました。
リリアンでレッグウォーマー終わりにする
で、最後の始末も請け負いました(笑)。

こんな感じに出来上がりました!
リリアンでレッグウォーマー片方
履かせてみたら、一応履けますよ!

もう片方作らないといけないので、新たに一段目も編んでおきました(笑)。結局ブリティッシュエロイカを1玉通販で買い足したので、それを使いました。
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

Excelでマクロが使えない場合の解除方法

 2023-12-12
先日箕輪先生に訊かれるまで知らなかったのですが、最近はマクロ入りのExcelファイルを開くと
「このファイルのソースが信頼できないため、microsoftによりマクロの実行がブロックされました。」
というメッセージが出て、マクロが実行できないことがあるそうです。

調べてみたら、2022年の夏頃のアップデートでセキュリティが強化されて、ネットワーク上にあったExcelファイルを開いた場合に、マクロがブロックされるようになったんだそうです。
自分のPCにあるファイルを使っている分には問題ないので、今まで全然気が付きませんでした。

どうやったら使えるようになるかというと。
「このファイルのソースが信頼できないため、microsoftによりマクロの実行がブロックされました。」の横に「詳細を表示」というボタンがあるのですが、そのボタンをクリックして表示される説明サイトを読めば書いてあります。
こちらのサイトになります⇒「潜在的に危険なマクロがブロックされました」
サイトのタイトルが不穏ですよね…。なお現時点で私が「詳細を表示」ボタンをクリックしたらこのタイトルのサイトに行った、ということなので、変わるかもしれません。

いったん、マクロが使えないExcelファイルを閉じて、上記のサイトの「1 つのファイルのブロックを解除する」に書いてある手順をやってから再度Excelファイルを開けば、マクロが使えます。
ただ、この説明サイトには、[プロパティ] を開いて、[全般] タブの下部で、[ブロック解除] チェック ボックスを選択と書いてありましたが、少なくとも私の環境では「ブロック解除」ではなく「許可する」でしたけどね。
プロパティ


まあ内容を読んだところ、同じようなことを書いてあるので「許可する」にチェックを入れて、OKしたら、大丈夫でした。

このファイルのマクロは大丈夫!と思うファイルのみ、ご自分の責任において「許可する」にしてご利用ください。

なお、株式会社OA推進センターというところのブログの説明がわかりやすかったし、ちゃんと「許可する」になっているので、参考までにリンクをはっておきます。

あー、https://github.com/riko122/WeavingMacroも直さなくちゃ…。
(10月にPCが壊れて以来、開発環境はまだ整えてないんですよ…)
カテゴリ :ドラフト トラックバック(-) コメント(0)

【オンライン講座】手織り入門lesson4 あじろ織のベンリーがま口バッグ

 2023-12-11
一か月前に織った生地で、バッグを仕立てました。

バッグ本体はこうです。
あじろ織りのバッグ地本体
口部分にピコット編みをしています。

内袋もつけました。ただし、内袋はミシンで縫いました…。本体にたてまつりで縫い付けるのは、しつけもしてちゃんと縫いましたよ!
あじろ織りのバッグ地本体の内側

そしてベンリーがま口の金具を通して出来上がりです。
あじろ織りのベンリーがま口バッグ
ベンリー口金、初めて見たときから使ってみたかったんですよねー。
金具を通すことでギャザーがよるので、ふっくらして可愛いバッグですね。

一見まともですが。まあ、出来上がりサイズが「長さ58cm、幅が32,5cm~34.5cm」って言ってるくらいで、まっすぐ織れていないんですよ。小さい方に合わせて接着芯を切って貼りましたが。
で、内袋は接着芯サイズに縫い代をつけたサイズで切ったので、本体と合わせようとしたら…まあ、大きいところとは合わない。…ごまかしました(笑)。

あと、あじろ織りもブロックのサイズが一定じゃなかったようで、ピコット編みは3ブロック分するんだったんですが、どこも3ブロック分ずつ編んだはずなのに折りたたんでみたら、合わなかったんですよね…。ピコット編みした部分の長さが。これもごまかしました…。

ベンリーがま口は、がま口部分が持ち手なわけですが、穴があったので「ここに何か通せばショルダーになるわけね」と思い、手持ちのショルダーストラップをつけてみました。

穴にこのように金具を通して…、
ショルダー紐をつけた部分

はい、ショルダーバッグの出来上がり。黒ですが合わなくもないですね。
ベンリーがま口バッグにショルダー紐を追加

8月の終わらせる予定だった課題が12月になりました…。入門コースの課題はあと2つですが…今年はもう無理かな…。

カテゴリ : 自織地で縫ったもの トラックバック(-) コメント(0)

今年もウール糸をイヌビユで染める

 2023-12-10
ベランダのプランターでイヌビユを13本収穫しました。
夏に「まだ染める余裕がないなー」と途中で2本くらいでかいのを廃棄したのですが、その後も生え続けて結果13本。この量。
2023年のイヌビユ13本
かなりの量!…と思ったのですが、重さ的には去年の方が多かったみたいですね。

去年と同様2番液まで取りました。結果、5.2Lくらいあったので、100gくらいは染められそうだったのですが、残念ながら、手元にある染めるものが40gと200gのかせで。200gを…分ければいいのですが、うまく分けられる自信もなく、いいか今年は40gで、ということにしました。
前処理、みょうばん媒染、染色、後処理と、『My草木染め手順書』にしたがってやりました。
そして干して、この色です。

2023年のイヌビユ染め

写真では色が薄く写っちゃってますが、実物はもうちょっとしっかりしたカーキ色です。


染めたもの
ハマナカ ホームメイド ピュアウール 中細(40g 190m) 40g
媒染剤
生みょうばん。助剤は酒石英。
参考書籍
作成した『My草木染め手順書』。この手順書のもとになっているのは手持ちの染めの本。


参考用語
か行:かせ
さ行:先媒染、酒石英、助剤、精錬
ま行:みょうばん媒染
カテゴリ : 羊毛糸を トラックバック(-) コメント(0)

機草大量入手と織り体験情報

 2023-12-09
過去に数度、職場で丈夫で大きいカレンダーを、機草用にもらっている記事を書いています。
新型コロナ禍で2020年4月以降、ほぼ在宅勤務だったので全然もらっていませんでした。先日出勤して、カレンダーをくれる同期に数年ぶりにばったり会ったら、大量にくれました。2020年から2023年の分。
あんまり大量だったのでひとまずその日のうちに19枚、職場の近所の箕輪先生に引き取ってもらった(というか連絡しておいてStudio A Weekさんの前に置いてきた)のですが、その次の出勤日にキャリーカートをもって出勤して、カレンダーを全部持っていき、自分ちに持ち帰る20枚を除いた全部を引き取ってもらいました。この日引き取ってもらったのは75枚。どうも全部で114枚あったらしい…。

カレンダーを丸める作業を昼休みに席でやっていたので、隣の席の人に何に使うのか聞かれて「織りに使うんですよ」という説明をしたら、彼の娘さんがふなばしアンデルセン公園に行くたびに織りものをやっている、という話になりました。
ふなばしアンデルセン公園自体の存在は知っていたのですが、そんな体験ができるんですね。

お子さんが織物をしている間、彼はひたすら待っているらしい…。「でも最初の説明は付き添いも一緒に受けることになってたんですよ」と言うので、説明して検証した結果、二枚綜絖の織り機で平織りをしていると思われます。

帰宅後調べたら、多分彼の娘さんがやっているのはこれですね。期間が書いてあるので、常設というわけではないのかな…。
織のアトリエ はたおりトントン
写っている写真からしても二枚綜絖の織り機なのは多分間違いないです。

ワークショップとしては大人向けもあるようです。
大人のアトリエ「ふかふかマフラー」
大人のアトリエ「冬のゆったり染め」
大人のアトリエ「大人のろくろ時間」なんていうのもあります。
※ リンクをはったのは今冬のワークショップのURLです。

毎回やるくらい織りに興味があるようなら、彼の娘さんには織り機をおすすめしたい…。クリスマスプレゼントにどうですか、お父さん。咲きおりとか!
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

洋茶綿42号、和茶綿33号まで

 2023-12-01
11月の中旬以降にはじけた綿です。

11/19収穫和茶綿32号。ほわほわです。4つに分かれていますね。
11/19収穫和茶綿

11/26収穫洋茶綿42号。
11/26収穫洋茶綿

12/1収穫和茶綿33号。
12/1収穫和茶綿

だいぶ寒くなってきましたが棉はまだ花が咲きます。
さすがに今咲いたものは実になってはじけるまではいかないのではと思いますが。
カテゴリ : 棉成長記録 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫