fc2ブログ

天秤式のタイアップ

 2023-08-06
経糸がはれたからには、次はタイアップです。一応、8枚綜絖用のタイアップをしてあったので、平織りも綾織りもそのままでも織れないこともない…ですが、せっかくワークショップでおすすめのタイアップを教わったのでその通りやってみようかと思ったんです。

ただ、ワークショップでは、下招木が踏み木の手前の穴で上招木が後ろの穴だったのですが、我が家の天秤式の説明書では逆でした。逆にしても大丈夫だとは思ったのですが、一応説明書の通りにしました。
そうなると、踏み木の結びつける穴が前後逆になるわけですが…まあ織るときに逆にすればいいかとワークショップで教わった通りの穴と結びました。

タイアップして、織りながら開口を調整しつつ、平織りを2パターン(24cm位)織ったのですが。やっぱり開口がものすごく悪いので、ちゃんと見直そうと思い、説明書を見ながら、あちこちがちゃがちゃいじり始めました。

ところで見ていた説明書はこれなのですが。
取扱説明書
筬かまちの位置の説明の図に経糸がどこをどう通るかが書いてあったので、このとおり通してました。
ところがなんかピンと張ることができなかったのですが、「…こういうものなのかなあ」と思いつつ24cm織ってきました。
説明書の図8

で、手書き文字の「綜絖及び踏み木の吊り方」という資料も譲り受けていまして。この度、開口をよくするためにそちらの資料も見てみたら。
綜絖及び踏木の吊り方
…クロスビームへのかけ方が逆じゃん!…ということに気が付きました。
そりゃあ、歯車がひっかからなくてピンとならないわけですよね!?っていうか、歯車が引っ掛からない時点で、逆になっていることに気がつけよ!>自分
経糸の流れ図

このようにして、経糸はピンとはれるようになりました…。

そして元々の問題だった開口の方。使ってない踏み木に結びつけるのをやめるとか、使ってない綜絖に結びつけるのをやめるとか、使うシステムコードの穴を全体的に上にしてみるとか、逆に下にしてみるとか、いろいろやりました。

しかしセットし終えて、止めてある棒を外して、踏んでみると開口がいまいちなんですよ。何回か色々やってみた後、「あ」と気が付きました。セットした後、外せる棒を外してたんですが、もしかして外すのは天秤止め棒だけで、招木を止めている棒は外さなくていいのでは…。そういえばワークショップで織機見た時、あそこは固定したままなんだ、と思ったような気が…。

や、いいわけすると、招木をとめる棒、外れやすいんですよ。外れやすい棒は外すものかと思ったんです…。あと、説明書のほか本などでも、そっち側の写真がなく、招木がどうなってるかわからなかったんですね…。

そんなわけで招木軸鉄棒(というらしい)を止めて踏んでみたら。…ちゃんと開口する!

というか、経糸も張れてないわ、招木もぶらぶらしているわという状態で、よく24cmも織れましたね、私…。

ちなみに開口はするものの、一番右側の踏み木と招木がぶつかって開口が悪くなる時があります。で、踏み木をなるべく下げるよう、システムコードの一番下の穴を使うようにしてみました。まだぶつかりますが、まあ開口は少しマシに。もっと長くすればいいのかもしれませんが、手持ちのシステムコードがあまりなくて…。粗筬買う時に一緒に買えばよかった…。

というわけで、いろいろ苦労しましたが、どうにか平織りも綾織りもそこそこ開口するようにできたのでした…。

やれやれ。
スポンサーサイト



カテゴリ : 織り準備中・織り途中 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫