fc2ブログ

14か月ぶりに染める(イヌビユ)

 2022-11-30
今年もベランダのプランターでイヌビユが大きく育ちました。去年は数が多かったんですが、今年はでかいのが2本。
まず、きゅうりのプランターに生えたイヌビユ。なんか、根っこが複雑でしたが多分一本です。
きゅうりのプランターにイヌビユ

こちらは棉のプランターから生えたイヌビユ。
綿のプランターにイヌビユ
そのほかにも小さいのがちょっと生えていましたが、とりあえずそれは置いておいて。

収穫したのがこの量です。316gありました。
収穫したイヌビユ

ところで、1年以上染めをやっていなかったらしく、前回の染めが2021年9月で、染めたのはやはりイヌビユでした(笑)。イヌビユは育っちゃうから秋になると染めねばってなるんですね。去年はその前に玉ねぎの皮でも染めたようですが、今年も玉ねぎの皮もたまっています。近々染めなくては。

さて、二番液までとったら染液が6L位できたので、200g位染められそうだな、と毛糸を200g、玉からかせにして、先媒染しました。
去年は酢酸銅を切らしていてみょうばん媒染したのですが、その後も酢酸銅を買えていないもので、今年もみょうばん媒染をしました。
今年も、前処理・媒染・染色・後処理と、『My草木染め手順書』にしたがって真面目にやりました。

結果、鍋から引き上げるときに、染液がかなり透明だったので「お、被染物に無事色が入った感じ」と思ったら、やっぱりいい感じに色が入ってました。
イヌビユで染めた毛糸
写真ではいまいちですが、色合いは薄い黄色です。薄いレモンイエローかなー。


染めたもの
ハマナカ ホームメイド ピュアウール 中細(40g 190m) 200g
媒染剤
生みょうばん。助剤は酒石英。
参考書籍
作成した『My草木染め手順書』。この手順書のもとになっているのは手持ちの染めの本。


参考用語
か行:かせ
さ行:先媒染、酢酸銅、酒石英、助剤、精錬
た行:たま
ま行:みょうばん媒染
スポンサーサイト



カテゴリ : 羊毛糸を トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫