fc2ブログ

紙で打撲

 2022-05-07
お見苦しいものをお見せしますが、私の左足です。木曜日の夜、小指の内側に紙を落っことして青あざになりました。
見苦しいもの
薬指の下もちょっと青いかもしれませんな…。

紙が落ちて来て打撲。…我ながら間抜けに聞こえます…。

何故それを織りブログに書いているかというと、織り準備中の出来事だったからです。

機草に使っている会社でもらった分厚い紙のカレンダーを出そうとして…二枚巻いた状態のものが落ちたんですね、足の上に。これがまた…丈夫な紙で…。痛かったー。
正確に言うと、巻いたロールの中に、前回使ったものを横着して巻きなおすのではなく、細く巻いて突っ込んだんですよ。
それでロールを持ち上げた時に、中に入ってた分が落ちてきたと…。横着禁物。

腫れは引いた気がするし、普通に動かせるので、単に打撲だと思いますが、紙でも痛いので皆様気を付けましょう…。

ちなみにこの凶器となったカレンダー、ここ数年は予算削減なのか、サイズが小さいくなったし箔押しとかもなくなりました(箔押しがなくなったのは機草として使うにはむしろいい)。それでも凶器になるほど厚くて丈夫。そしてほぼ毎年くれるのでどんどん増えています。
…使いたい方はお会いする機会があったら持って行きますので言ってください。

スポンサーサイト



カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(4)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫