FC2ブログ

カード織りシミュレーター Ver.1.0.4

 2021-06-19
昨日、一部分だけ逆回転するカード織りシミュレーターをアップしましたが。
「一部が逆回転できるようになると…、何回転させたかが見えたほうがいいなあ…」と思ったので、見えるようにしてみました。

http://www.pixy.cx/~riko/ori/card_weave.html

Undoボタンの隣に「回転方向を表示する」チェックボックスを作りました。これをチェックすると表示します。
こんな感じ。
カード織りV1.0.4
前回転したところはF、後ろ回転したところはBが出ます。

一応背景色に応じて文字の色を変更するようにしましたが、何分にも色が斜めに切り替わる上に出るので、薄い色から濃い色、濃い色から薄い色に変わるようなところでは、文字の下半分が見えづらいです。

…まあ、出ないよりはマシかな、ということで…。

次はどうしようかな。緯糸を入れないで前回転する、を作るかな…(スタートの穴の位置を変更できるようにしたい)。必要性は…どうだろう…。
スポンサーサイト



カテゴリ : カード織りシミュレーター トラックバック(-) コメント(0)

カード織りデザインツール改めカード織りシミュレーター Ver.1.0.3

 2021-06-18
Tablet Weaving Draft Designerを見つけ、「もうカード織りデザインツール作らなくていいかな!」と言っていたわけですが。
しばらくTDDをいじっていて、「一部だけ逆回転は…、No.の部分をクリックで文字色を反転させて回転させる、という仕様だとわかりやすいんじゃないかなあ」とか思いついてしまいました。

やってみました。
残念ながら、文字色を反転させるのは、ちょっと面倒だったので、「赤字になる」になりましたが。

http://www.pixy.cx/~riko/ori/card_weave.html

回す前に「このカードだけ逆回転したい」というカードのNo.をクリックして赤字にしてから、例えばForwardをクリックすると、黒字のところは前1/4回転ですが、赤字のところは後ろ1/4回転します。

一部だけ逆回転しないとできない柄をやってみました。
カード織りシミュレーターで一部逆回転
できてる、でしょう!

そして、Tablet Weaving Draft Designerをいじってみてしみじみと、「デザインツールというのはこういうものだよなあ。私のはどっちかって言うと、カード織りの手順を愚直に追いかけているので、シミュレーター…」と思ったので、名前を「カード織りシミュレーター」に改名しました(笑)。

だって「あ、糸を通し間違えた」「糸の色を変えたい」となった時、最初からやり直さないといけない辺り、ほんと、シミュレーションしている(苦笑)。

あ、なお、唯一、TDDよりいい点は、カードを回してできる形が正方形ではないので、出来上がり予想図が、より実際に近いという点です(笑)。そこはこだわりポイントなので!!!!

ところで、TDD見た後だと、パレット部分がお粗末すぎますねー。TDDはスマートですよねー。
あとファイル保存もやってみたいですが、ファイル保存ができるなら、Web版の織り組織図・配色図の方が先かな…。
カテゴリ : カード織りシミュレーター トラックバック(-) コメント(0)

日本語版Tablet Weaving Draft Designer

 2021-06-16
連続TDDネタです。

TDDはGitHubにソースを公開しているので、カスタマイズができます。そこでi18nというブランチを作って国際化(といいつつ作った辞書は元の英語の他は日本語だけ。当然)してみました。そしてプルリクを出しました。プルリクエスト自体は、仕事で社内ではしていますがありますが、GitHubでは初めてしましたよ。

プルリクことプルリクエストが何かというと、「こんな風に直してみましたけど、採用してもらえません…?」と本家に訊いてみた、という感じです。
採用されてマージされれば、ご本家のものも日本語で使えるようになりますが、マージしてもらえるかは不明です。
でも、i18nブランチもGitHub上に載っているわけなので、ネット上で動かして公開しても、問題はない…はずです。

というわけで、http://www.pixy.cx/~riko/tabletweaving/にそっと置いてあります。
まあ、メニューが日本語(というかブラウザで設定されている言語)になっただけですけどね…。でも日本語だと、日本人的に、使うのにハードルが下がる。

一応、説明書もあったのでそっちも日本語化してます。
http://www.pixy.cx/~riko/tabletweaving/howto.html
ツールおよび日本語の改善提案がありましたら、教えてください!
(既に、ご意見をいただいて、ピック→段、前景色→糸の色に直しました…)

ちなみに今回118n(internationalization)だけやったので、文字の上に図が重なるとか、ボタンが大きすぎるとか、そういうのは対象外です。ボタンが大きすぎるのは日本語になったせいなのでi18nの一環として対応してもいい気がしますが。
図の位置がおかしいのは英語版でもそうだったからなあ…。ご本家の修正を待ちます。
…または別途プルリクを出すという手もありますが。多分やらない(笑)。
カテゴリ : その他の図案関係 トラックバック(-) コメント(0)

TDD:本日の実験

 2021-06-15
昨日、TDDでSPINUTSの図案を書けませんでしたが。できました。
tdd実験中

『SPINUTS No.81より抜粋』の、「カードの回転の違いで柄が違う」の2です。後ろ4前4。
多分これであってるんじゃないかな。
柄がだいぶ違うように見えるのは、ますが正方形なせいです。カード織りのマス目は、ちょっと長方形がいいですよね…。

あとREPEATという機能があって、一模様作れば、あとはn回分リピートして表示させるとかできるんですが。
…なんか使い方がのみ込めていないのか、不具合なのか、思ったのと違う柄になったので、今回は未使用です。

そして保存もしてみました。おお、本当に保存できる!…と感動したのですが。
「でも読み込めないんです」という情報をいただきました(笑)。

しかし実験の結果

  1. 「ドラフト」に名前を入れて、作った柄を「保存」する。その時の「コントロール」の行数と、穴の数と、カード枚数を覚えておく。
  2. 読み込む時は、まず、新しい画面で「コントロール」に覚えておいた行数と、穴の数と、カード枚数を入れる。
  3. それから、保存したtddファイルを指定して「読込」。

で、読み込めました。一応。

つまり、何行で、穴がいくつで、何枚カードを使ったかを覚えていないと読み込めません。
ドラフト名を、それらが含む名前にしておくといいんじゃないかと思います…。

そんなわけで上記の画像のドラフト名は17-4-12-spinuts2。
カテゴリ : その他の図案関係 トラックバック(-) コメント(0)

訂正:Tablet Weaving Draft Designer

 2021-06-15
ちゃちゃっと使う部分だけ日本語化してから使ってみたのですが(というかメニュー位しか日本語化するところがない…?かもしれない)。

ひねりができるわけじゃないですね!私がひねりだと思ったのは、Tablet Weaving Draft Designer上では後方回転でした。
「あれ、後方回転はどうやってやるんだ?」と思ったら、ひねりだと思ってたやり方がそうでした。

以前にも書いた通り、「垂直軸でひねって前方回転すれば、後方回転するのと同じ」なので。

私作のカード織りデザインツールは、GTTを参考にしているので、一回転ずつしていたんですが、TDDは指定行数を最初に出してから、ここは後ろ回りする、とかを後で指定するツールですね。なるほどデザインという意味ではその方がやりやすいかも。
あと、パレットは非常にいい出来ですね!
そして何より、下から上に伸びるのがいいですねー。
あ、あと、ファイル保存できる!これは大きい!!

しかしまだ使い慣れていないせいだと思いますが、どこが上になってる状態で始まってるのかがわからず、作りたい模様を作れませんでした(笑)。SPINUTSに載っていた柄をこのツールでも試してみようと思ったのですが…。

まあ、カード織りデザインツールを作り続けるか、Tablet Weaving Draft Designerにi18nのプルリクエストを出すかは…これから考えます(^^;。
カテゴリ : その他の図案関係 トラックバック(-) コメント(0)

Tablet Weaving Draft Designer

 2021-06-13
今日ツイッターで、「Tablet Weaving Draft Designer(略してTDD)」という 無料のブラウザベースのカード織りデザインツールがあることを教えてもらいました。

検索してみたところ、これですね! https://jamesba.github.io/tabletweave/

あるんじゃん!私、作らなくていいじゃん!(笑)

更に探してみたところ、GitHubでソースコードが公開されていますね!
jQueryだからWeb版織物組織図・配色図と同様、多言語化できますね!
多言語化して日本語辞書を入れたのをプルリクすれば、うまくしたらマージしてもらえるかもしれません!
(マージしてもらえたら、本家に置いてあるもので、日本語で使える、ということです)

日本語版があったらますます作らなくていいじゃんー。

というわけで、さっそく多言語化(というか日本語化)に着手。
とりあえずここまでやりました。まずは「多言語化できそう」というのを確認した位ですが。
TDD日本語化中

あー題名はTablet Weaving Draft Designerのままでいいよね?と思って、あえて変えていません!

あとはどこまで、翻訳する根性が続くかですかね…。

そしてまだちゃんと使ってみてないから、実は使い方もそんなにわかってない(笑)。
一種類のひねりができるのと、途中でひねるとそれ以降全部変えてくれるのはわかっています。
カード織りツール作るなら入れたかった機能です。すでに入っている…。感動。
カテゴリ : その他の図案関係 トラックバック(-) コメント(0)

棉の植え付け

 2021-06-05
和白棉がだいぶ育ってきたので、6/3の昼休みに、間引いて、プランターへの植え付けを行いました。プランター五個分。代表してプランター一個分の写真。
和白棉植え付け
いや…「本葉が5~6枚くらいに育ったころに植えつけます」とかいう話なのですが、すでにポットの下から根っこが出てきているので…毎年この位で植え付けちゃってますね。

洋茶棉も一部はかなり育っていたので、プランターへ。プランター二個に二本ずつ。
洋茶棉一部植え付け

和茶棉は、まだ育ちが悪いので植え付けていません。

しかしバジルがちょっと育ってきたのでいくつか植え付けました。葉っぱが4枚程度になれば何とか植えつけられるみたいかなあ。二枚の状態だとまだ根っこが小さいのか、植え付けたらコロコロとれました…。(追記。本葉が5,6枚になったら植え付けでした。早すぎた)この鉢に追加で種を蒔いてもいいかもしれません…。
バジル植え付け
カテゴリ : 棉成長記録 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫