fc2ブログ

GTTで水平軸ひねり

 2021-02-23
GTTのThread-in Patternで、垂直軸ひねりの図案も作れちゃうという話を以前にもしましたが。
水平軸ひねりはできないと思っていたんです。Twist-Patternedでだったら水平軸ひねりの図案も作れるのかなあ…どうやるんだろうなあと考えていたのですが…。

今日、GTTのメニューバーを細かく見ていたら、File-SettingsのところにHorizontalとかVerticalとか選ぶところがあるではないですか。
え…もしかして、Thread-in Patternでも水平軸ひねり、できたりする…?

実際にやってみました。
よくわからないけど、SettingsのTwist-PatternedのDefault Orientationを「Horizontal」にしてみました。
そして、『SPINUTS No.81より抜粋』の水平軸ひねりの最初の図を入れてみました。

インドネシアトラジャ風の柄1

できてるうううう!
色々わからないこともあるけど、多分できてるうううう!
これで今度から、Excelで斜線を頑張って引かなくていいのね…。(いやもう、『SPINUTS No.81より抜粋』に載っている分は全部Excelで作成済みですが…)

いやしかしすごいなGTT…。


「色々わからないこともある」=Show Upper Most Holeにしたとき表示される穴が思ったのと違う(これは前もあったか)

そして、その後、Default OrientationをVerticalにしてやっても、同じ結果になったのでした…。あれ?
うーん、何か勘違いがあるかも…。



SettingsのTwist-Patternedのところにあるので、Thread-in PatternのSettingには関係ないかもしれない…。
で、そうすると軸ひねりが何軸ひねりなのかを設定するところはなさそうなのに、なんとなく水平軸ひねりも垂直軸ひねりも、思った図案がかけちゃっている…。
でも、かけるけど、Show Upper Most Holeにした時の表示は、垂直軸ひねりでも水平軸ひねりでもなんか変。
というのが、2021/2/25時点の結論です…(これは結論と言うのか)。
スポンサーサイト



カテゴリ : 他人様の作られたツール類 トラックバック(-) コメント(0)

織り用語集をWikiに

 2021-02-23
FC2のwikiのファイル転送がFlashだったので、一度、織りWikiを作るのは諦めたのですが。
先日、やっぱりGTTの使い方を書いておきたい、Wiki、便利なものなはずなのに…と諦めきれず、FC2のwikiを調べていたら、さすがにファイル転送はFlashじゃなくなっていました。
でもやはりFC2は独自記法で使いづらい…、ちょっとデザイン変えようとすると崩れるし…、と悩んだ結果、
「あ、GitHubのWikiがあるじゃないか!」
と思いつきました。

織りマクロを公開しているGitHubです。あれWikiも書けるんですよ。

で、最初、「織りマクロ」のところに、とりあえず用語集を作ろうとしたのですが、織りマクロのページの一部が織り用語集というのがどうも馴染みが悪く、リポジトリを分けました。

こちらになります。
「織り用語集」
GitHubのリポジトリにも関わらずCodeのところが使われることはないでしょう…。多分。

金曜日に思い立って、四日で移転しましたよ!
(近々、織りブログから用語集の項目は削除します。多分)
IssueとかPull Requestも使えるはずなので、ご意見あったら是非。でもGitHubのアカウントがないと出せないような気がするので、その場合は、この記事へのコメントでも。。。

そして元々の懸案事項であるGTTの使い方の方は…また別のリポジトリを作って細々とやります(笑)。

なお、Wiki用語集をあきらめなかった背景には、「幻の織りWiki」の話を見て「Wikiいい」と、手仕事@タピオの国のくうっけりさんが言ってくださって、調子に乗った、ってことがあります(笑)。…ちなみに、織り用語集の「フィンランド語」のところには「ここより、手仕事@タピオの国の方がいいよ」と書いてあります(笑)。

カテゴリ :用語 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫