FC2ブログ

『The Techniques of Tablet Weaving』

 2020-07-11
GTTの使い方を模索している今日この頃なわけですが。
GTTのHPに置いてあるマニュアルは、v1.06用です。
そして現在DLできるGTTはv1.17です。その間に機能が増えているのですが、当然増えた機能についての記載がありません。以前にも書いていますが、Brocade PatternとTwist-Patternですね。サンプルがあるのでこういう柄が作れるんだーというのはわかるのですが、どういう織りなのかがわからないので、どう織るのかもさっぱり…(苦笑)。
これらが載っている本ないかな…載っているとしたら、やっぱあれかな…、と、Amazonの欲しいものリストに長いこと入れてあった本をポチっと…。
これです。Peter Collingwood氏著。1982年に出版された本を2005年に復刻した本。

そして今日届いたわけですが。最初の感想。「…でかっ」。

いや、ちゃんと商品紹介ページに21.6 x 1.9 x 28 cmって書いてあったんですけどね。あんまりここを見てサイズを想像してなかったというか…。なんとなく表紙のカード織り作品が実物大な気がしていて、2,3cm幅のものなのかなという感じでいたので、せいぜいB5位の本の気がしていたというか…。
とんでもなかった。表紙のカード織り作品の幅は、5.6cmありました…。
しかも多分21.6 x 1.9 x 28 cmって、本文のサイズですね。表紙のサイズは22.4×29cm、表紙を含めた厚みは2.4cm位かな…。

で、次に本文を見て、「紙、うすっ」。
2.4cmってけっこうな厚みじゃないですか。それで紙が薄いんですよ。一体何ページあるのか。
勿論ページ数も商品紹介ページに324頁って書いてありますけどね…。
そしてよくよく触ったら上質紙位の厚みはありそうなので、そこまで薄くもなかったんですけどね…。
でも『手織り大全』と同じ紙だったら、手織り大全より8mmくらい太かったと思われます。

そして何より字が小さい…。イラストが多いので、一ページまるまる字ってことはまずないのですが、本文だけだったら一ページに60行入ると思います。

え、私こんなに大量の英文読む気力ないな…。

何分高校時代英語の予習は2行で眠くなっていた人です…。
ま、まあなんとか図を頼りに、必要なところだけ読むかな…。今は翻訳サイトという有難いものもありますしね…。

内容読む前から挫折していますが、とりあえず目次です。

  1. Historical Introduction(歴史の紹介)
  2. Introduction of Terms Used(使った用語の紹介)
  3. Equipment(道具)
  4. Yarns(糸)
  5. Warping(整経)
  6. Threading and Manipulation of the Tablets(通し方とカード操作)(カード操作は回すのとひねるのと)
  7. Starting, Finishing and Varying the Width of a Band(最初と最後とバンド幅の変更)
  8. Warp-Twined Bands and Their Characteristics(経糸が絡まったベルトとその特徴)
  9. Warp-Twined Bands with all Cords Equally Twined between Successive Picks
  10. Warp-Twined Bands With All Codes Not Equally Twined Between Successive Picks
  11. Bands Whose Structure is Predominantly Plain Weave, Hopsack, Gauze or Twill
  12. (あ、誤字発見。目次で11になってるけど12)Bands Whose Structure is a Double-Faced Weave Based on 3-Span Warp Floats in Alternate Alignment(よくわからないが、二重織りの話)
  13. Weft-Patterning of Tablet-Woven Bands
  14. Using an Extra Non-Twining Warp
  15. Special Warp and Weft Manipulation Unrelated to the Weave Structure
  16. Other Possibilities
  17. Ways of Producing a Warp Twined Structure Without Tablets(カードなしで経糸が絡まった構造を作る方法?)(日本の組紐などが紹介されている)


元々の目的であるBrocade Patternは13章に載っていそうで、Twistは…載ってますが、うーんGTTでいってるTwistはこの本のTwistと同じ意味なのかどうか…(GTTのTwistのサンプルはアルファベットばっかり載ってるんですよね…)。

とりあえずもうちょっと読んでみないことには何とも…。
スポンサーサイト



カテゴリ : カード織り・バンド織り トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫