FC2ブログ

紙糸バッグの裏布取り換え

 2020-06-16
端糸利用布でティッシュカバーを作ったあと、この布と防水布を組み合わせて、ティッシュカバーを作ろう!防水布を出そう!…と思ったら、「あ、ついでに懸案のあのバッグの裏地も作ろう!」となりました。

懸案のあのバッグとは、その昔、アトリエ・ダーラヘストさんの展示会で購入した紙糸で袋織りされたバッグです。
元の紙糸バッグ

自分のブログには過去に載せてない…かな。でも以前に箕輪先生のブログで紹介していただいたはず!…と探したら見つかりました。2016年の5月に紹介されています。3月に秩父に行った帰りに電車の中で撮影していただきました。
何しろ帰りだったので、パンパンに物が入っていますが…。

さて、軽いし、お気に入りだったのですが、裏布を汚してしまいました。もともと、裏布はあまり気に入ってはいませんでした。バッグの裏布としては珍しくニット地で、ポケットもなかったので。それで、じゃあ裏布を防水布にしてポケットもつけちゃえ!ってなりました。
それで裏布は、数か月前に取り外しました。実はついでに紐も取りました。細い革ひもが二本でおしゃれなのですが…。紐が細いということは。荷物が重いと肩に食い込むのです。…はい、型崩れしたり、肩に食い込んだりしない程度の量だけ入れればいいのです。そうなんですけどつい入れちゃうんです…。

そんなわけで、裏布の交換と紐の交換を予定していたのです。この度ティッシュケースカバー作りのついでに、ようやくそれにも着手したという…。

防水布にして、片側はファスナー付きポケットにしました。ファスナーは手持ちの大昔のを使いました。何しろ未使用品なのにファスナーがかたくなっていた位古いものです。蝋を塗ってみました…。あ、ついでに、マグネットボタンもつけてみました!
紙糸バッグの取り替えた裏布。ファスナーポケット

反対側にはオープンのポケットをつけました。2か所入れられます。撮影用に作ったばかりのティッシュケースカバーと、iPhoneを入れてみました。
紙糸バッグの取り替えた裏布。オープンポケット

紐は、せっかくなので織りたいと思います。一朝一夕では織れないので、さしあたり手持ちのバッグの紐を使用。黒面。
持ち手を付け替えた紙糸バッグ黒い面

白面。
持ち手を付け替えた紙糸バッグ白い面

使い勝手良くなったかなー。
これでまた使えるぞ!!

なお、裏布はサイズがいくらか合わなかったので、ギャザーを入れたりとかして無理やり表布と合わせています…。どうしてそう毎回粗忽かなあ…。
スポンサーサイト



カテゴリ : バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫