FC2ブログ

カード織りを再度試す

 2019-10-22
前回静電気防止糸で「SPINUTS No.81より抜粋」の冊子の「カードの回転の違いで柄が違う」の、4を織ってみた結果、「経糸の通し方が違うじゃん!」となったわけですが。

経糸の通し方が違かったからには、(その割に、前は一応織れちゃってるけど)何か、織り間違えているところがあるかもしれない!…と、再度、よくよく冊子を見ながら「カードの回転の違いで柄が違う」をやってみました。

SPINUTSの基本の柄再度
できあがりはこちら。またギリギリまで織っています。えーラグビーの日本対南アフリカの試合を見ながら織っていたので、大変進みました。最後の1模様だけ、昼休みに会社で織りました。

緯糸は途中で足りなくなり、前に織った経糸の残りをちまちま足していたので、ちまちま飛び出ています。あとで綺麗にします。
ちなみに経糸こんなに短いのでやってられるか!…と途中から別の糸を余り糸を緯糸にしました。

1.5cm幅位で、長さ72cm位のものができあがりました。

さて、再度やってみてわかったこと。
図案1の横の経糸の通し方。表から裏へと裏から表へが逆だと考えても、あの絵を解釈しようとすると、めちゃくちゃわけがわかりません。だってね、この冊子では基本的に、カードの表面は人から見て右側です。
と考えると、この絵の左側が人に結び付けるほう、右側が固定するほうと思われるわけですが。だとすると、左側の絵が表から裏、右側の絵が裏から表になるのです…。
というわけで、この絵のことは考えないことにしました。考えれば考えるほどわけがわからなくなります。

前回もおかしいなと思ったけど。
「1~5の柄はカードの表が右を向いている」とありますが…6は?
つながっているのだから6もカードの表は右でしょうねえ。
Aがfar topの位置(つまりDAが上)から始めるのが1~5の柄、なんだろうと思います。

そして。1は途中で後ろ回転から前回転に変えますが。
1はAがfar topから始めたので、前回転に変えるのもAがfar topの時だろうと思って前はそうしたのですが、冊子の写真と柄がちょっと違うんですよ。…Aがnear topの位置(つまりABが上)にあるところで回転を変えると、冊子の写真のように、ちゃんとくっきり< ◆ >みたいな柄になります。
SPINUTSの基本の柄再度のアップ

Aがfar topの時に回転を変えると、<と>がくっついちゃうんですよ。

あ、そうだ。iOS用のカード織りアプリはカードの表が左を見るので、SPINUTSとは逆のようですが。
カード織りアプリでは、カードの穴が上からDCBA、SPINUTSでは上からABCDなので、そのまま使えます。

…ただ、SPINUTS、DAが上から始めるので、そこのところは考えて入力しないとうまくいかないかもしれません。
あと、カード織りアプリ、回転パターンに制限があるので、その点でもうまくいかないかもしれません。「後方回転のみ」と、「2回転ずつ」はなかったような。
スポンサーサイト



カテゴリ : カード織り トラックバック(-) コメント(4)

カード織りしたものでキーホルダー

 2019-10-22
先日カード織りをした、静電気防止糸での紐。思ったより幅広になりましたが、予定通りキーホルダーにしました。
キーホルダー

思ったより厚地でもあるわけで、手持ちの金具では到底止められなかったので…、ほつれ止めにもミシンをかけ、キーホルダーにするにもミシンをかけました(笑)。
キーホルダーの縫い目

まあ前に同じ糸で組ひもして、車のキーホルダーにした時も、厚すぎて縫ったものです。あの時は手縫いでした…。
カテゴリ : カード織り トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫