FC2ブログ

 2018-09-16

どうくち【同口】
開口が同じこと。地糸と同じ開口のまま(踏み変えないで)柄糸を入れる場合などに使う言葉。(2006/3/24記)
どうばいせん【銅媒染】
銅を用いて媒染を行うこと。酢酸銅や硫酸銅があるが、家庭で行うには酢酸銅が無難。(2007/12/14記)
どうよくせんしょく【同浴染色】
染色と媒染を、一つの容器で、同時に行うこと。(2007/12/14記)
とおしはば【通し幅】
筬に経糸を通す幅のこと。出来上がり幅+織り縮み分。織り縮み分は、材質によっても違うが、出来上がり幅のおよそ5%位をみる。(2005/09/28記)
どーせっとだうん【ドーセットダウン】
羊の品種の一つ。英国南部のドーセットが原産。ダウン種。弾力性に富んでいる。(2018/9/16記)
どかごんぐ【ドカゴング】
柄糸が織物の表面に浮く織り方で、縦に同じ列を浮かしてできる縦縞模様で柄を出す。浮き織りの一種で、スウェーデン南部の伝統技法の名称。
参考:『木枠で手織り―スウェーデンスタイルで始めましょう』
(2006/3/6記)
とくべつそしき【特別組織】
三原組織でも変化組織でもない組織のこと。蜂巣織り、ハック織り、模紗織り、梨地織り、昼夜織りなどのほか、混合組織も特別組織に入る。(2005/11/6記)
とっぷ【トップ】
原毛の加工状態の一つで、スライバーをコーミング機にかけて、ゴミを取り除いたもの。
参考:『手織りと手紡ぎ―豊かな暮らしを育む手作りの糸と織物』
(2006/09/27記)
とばしおり【とばし織り】
経糸をとばして織る方法。経糸が浮くことになる。「浮き織り」の2番目の説明と合致する??(2009/4/29記)
とびしゃもんおり【飛び斜文織り】
変化斜文織りの一つで、正則斜文から規則的な飛び目を作ることで、斜文線をくずしたもの。
参考:『ハンドウィービング―手織りの実習』
(2006/05/07記)
どらいすでーる【ドライスデール】
羊の品種の一つ。白髪っぽい毛で、繊維は非常に太いが、中が中空になっているため、繊維の太さの割には軽い糸ができる。
参考:ポンタさんの羊の手帖
(2007/9/30記)
とらっぴんぐ【トラッピング】【Trapping】
多分ノルウェー語。綴れ織りで、左右の緯糸の引き返す場所を、トラップ(階段)のように段々に変えることで、斜線や曲線を描く。
参考:『BILLED VEV―矢吹恵子の絵織物バッグ』
  『ハンドウィービング―手織りの実習』(トラッピングという名称は出てこない)
(2009/5/2記)
とるこむすび【トルコ結び】
パイルの結び方の技法の一つ。一番一般的に使われる技法。
参考:『ハンドウィービング―手織りの実習』
   『手織りの布がある暮らし 贈り物のゆくへ』……「いろいろなもじり」として出てくるが、「いろいろな結び」か何かの誤字だと思う……。
(2006/4/16記)
とわいにんぐ【トワイニング】
ローパイル織りの技法の一つ。二本以上の緯糸を、経糸間を上下させながらねじる方法。
参考:『ハンドウィービング―手織りの実習』(2005/09/29記)
とんぼ【トンボ】
組織織りの一つ。4枚綜絖で織れるらしい。
参考:『手織りの実技工房―絣からもじり織まで』
(2006/3/24記)

スポンサーサイト



 2018-09-16

ろ【絽】
紗と平織りを交互に組み合わせたもの。経糸をからませた中に複数の緯糸を入れるもの(平絽)と、経糸をからませた中には緯糸を一本入れ、平織りを何段か織って、また経糸を絡ませるタイプのもの(ほら絽)とがあるらしい。ゴーズとも言うらしい。
参考:『手織りの実技工房―絣からもじり織まで』
(2006/3/24記)(2008/3/30追記)
ろうけつぞめ【ろうけつ染め】
ろうで防染して染めを行うもの。ろうの部分が染まらずに残る。(2007/10/1記)
ろーずぱす【ローズパス】
綾織りの綜絖の通し方の一つ。例えば32141234のような通し方。その通し方で織ったもの。スウェーデン語ではローゼンゴン。
参考:『The Handweaver's Pattern Directory』
   『手織り大全』
(2005/10/02記)(2007/12/16修正)(2016/06/18修正)
ろーとんおり【道屯織】
首里織の一つで、経糸を部分的に浮かせて織ったもの。
参考:『手織りの実技工房―絣からもじり織まで』
   『すぐわかる染め・織りの見わけ方』
(2006/3/24記)
ろーらっぐ【ローラッグ】
カーディングしたものを棒を使ってロール状に巻いたもの。日本語では「篠(しの)」という。
(2007/02/12記)
ろくろ【ろくろ】
滑車のこと。
ろくろしき【ろくろ式】
高機の種類の一つで、開口装置がろくろ装置のものをいう。
ろくろ棒に紐を一回転させ、ひもの両端に綜絖を一枚ずつ吊り下げる。綜絖枠が踏み木と連結していて、片方の踏み木を踏めば片方の綜絖枠はあがるが他方の綜絖は下がる。これによって経糸を開口させる。日本に昔からある織り機は大抵このタイプ。海外の織り機は天秤式が多い。(2005/10/11記)
ろまのふ【ロマノフ】
羊の品種の一つ。ロシアが原産。多産。毛皮用の羊とのこと。(2018/9/16記)
ろむにー【ロムニー】
羊の品種の一つ。その原毛は紡ぎやすくてやわらかい。フエルト状になりやすい。服地やラグに向く。
参考:『手織りと手紡ぎ―豊かな暮らしを育む手作りの糸と織物』
(2006/09/27記)

2018年9月の所有している糸 市販の綿糸編

 2018-09-16
在庫確認…ブログに書いても、私以外に意味ないよなーと思いましたが。スピニングパーティー会場でタリフさんが言及してくださったので嬉しかったです(笑)。

去年綿糸を大分増やしましたが、まあコンクール用に買ったわけなので、使いました。いくらかは。
ただし、いただきました。。。

染色綿糸(生成も1色あり)
アナンダ染色綿糸 100g/550m 7色539g 変わらず。
生成
アナンダラグ用綿糸44 1700g あれ、超増えている…。去年のチェック後に増やし、そこから減ったのでしょう、多分。
アナンダラグ用綿糸120 260g/260m 370g 減った!
タコ糸20/24(8号) 210g/220m 558g 変わらず。
タコ糸20/15(5号) 210g/390m 630g 変わらず。
リップスマットによく使っている糸
10/6綿糸 230g/640m 生成 460g 変わらず。
10/6綿糸(だけど、なんか細い)生成り 10g
ハーブカラーフォルコットEX 40g/98m 白 96g 減った!
ハーブカラーフォルコットEX 40g/98m 薄い青 9g 減った!
手織り用10/6 200g/500m 白(H10) 89g 減った!
手織り用10/6 200g/500m 黒(H22) 6g 減った!
手織り用10/6 200g/500m 水色(H13) 50g 変わらず。
かぎ針で編むつもりで買ってある糸
コットンコナファイン 25g/105m 赤と白 合わせて30g 変わらず。
エミーグランデ 4色 合わせて 197g 変わらず。
オリンパス#40 3色 合わせて 95g 変わらず。
クインパール#40 50g/412m 黄緑 33g 
細い糸
西銘通商 染用に購入 未染め50g 染め済み 166g 変わらず
手織り用20/3 200g/2020m 青(C11) 103g 変わらず
キタマオーガニックコットンストレート糸◆40番双糸 生成 500g
藍染め16番2本 100g/1270m 藍 100g
藍染めまだら16番2本 100g/1270m 藍・白 100g
手織り糸細タイプ 100g/1380m 黒と生成り 合わせて200g
意図あって買った糸
綿モールくりいが染め 250g
かわいい赤ちゃん 40g/120m 白と紫 合わせて160g
ぼかし絣のタペストリーキット 320g
おまけとか余った糸
あみあみコットン 25g/32m 色々な色8g くみひもディスクとかプレートについていたやつ。
ラ・プリメーラ コトンプラス 綿90ポリエステル10 40g/110m 黒 80g
リッチモアファインパナシェ 綿92ポリエステル8 40g/170m 生成 35g
ミスリム 綿90ポリエステル10 25g/132m 黒 35g
北欧で購入した糸
コットリン 綿60麻40 黄緑 250g(これは実は日本で買ったものですが)
Bomull-Lin 22/2 綿60麻40 250g/1600m 白 250g
Bomull 16/2 250g/3250m 赤 250g
Bomull 16/2 250g/3250m 白 250g
Bockens Bomullsgarn 16/2 250g/3240m 白 250g
Bockens Bomullsgarn 16/2 250g/3240m 黒 250g
Bockens Nialin 22/2 綿60麻40 250g/1650m 白 250g
Bockens Nialin 22/2 綿60麻40 250g/1650m 赤 500g
ポッパナテープ 五色 200g位
増えた分
ハマナカウォッシュコットン 綿64、ポリエステル36 40g/102m 紺 80g リップスマットにどうかと思って買った気が。
NEW マリーナブークレー 綿100 25g/31m 白 150g リップスマットにどうかなと…。
NEW マリーナブークレー 綿100 25g/31m 紺 150g リップスマットにどうかなと…。
NEW マリーナブークレー 綿100 25g/31m 水色 125g リップスマットにどうかなと…。
NEW マリーナブークレー 綿100 25g/31m 黒 75g リップスマットにどうかなと…。
オーガニックコットン 10/2 綿100 200g
茶綿ガラ紡糸 綿100 5.8 105g
いただいた多分綿 生成り 30g
いただいた多分綿 生成り 56g
いただいた多分綿 生成り 24g
いただいた多分綿 生成り 5g
いただいた、整経済みと思われる、多分綿 白 129g
大管についてた多分綿 紺 2g
いただいた、綿10/2って札が付いている 綿100 白 8g
いただいた、多分綿 白 15g


さて市販の綿糸の合計は約10.5kg。300g位の増加で済んでいるので、まあまあではないかと…。
カテゴリ : 在庫確認 トラックバック(-) コメント(0)

新・東京スピニングパーティー2018

 2018-09-16
ワークショップは10時から16時まででした。
お昼休みはありましたが、下のレストラン街でしっかりがっつり食べていたら、まるまる食事に時間を使ってしまいました。
いやーしかし、お昼をがっつり食べられるっていい会場ですよね!

なお、朝、開場を待っている時にたまたまご一緒した方々とお昼もご一緒させていただいたのですが。
いやー、織りや紡ぎを習う環境って色々あるんだなーと思いました。深い…。

さて、そういうわけでスピニングパーティーの出展ブースに行けたのが16時くらいでした。
今回買うぞ!と思っていたものがあったので、まず手織工房タリフさんのブースに。オーバーショットの冊子が欲しかったのですが…うーむ、売り切れ…。でも注文してきました。送ってくださるとのこと。
ところで、タリフさんのところに行った時私はJpyを転がしていたわけですが、娘さんもJoyをお持ちだそうで。
カート付きバッグに入っていた状態をたまたま拝見したのですが、すっごいぴったり!かつ椅子が付いている!いいですねえ、あれ。

その次はーさてASIAN ACCENTSさんはどこだー?と出店会場図を見ていたら。図中に見つけるより先に、ASIAN ACCENTSさんが見つけてくださいました(笑)。「そこにクロークあるよ」と教えてくださったので、いそいそとJoyをクロークに預けました。

そして一通り会場を巡り。去年に続き今年もZÜSさんのフエルトものを「いいわー」と眺め。
Peggy&Maggieさんでバッツを購入し。
染織工房こおり舎さんとも無事会え。
SPINNUTSさんの『羊の本』もゲット。短時間でしたが、まあ満足いくほど回ったし、久しぶりに会った方とお話しできました。なんだか同窓会感覚ですね!

戦利品はこちら。
2018年スピパの戦利品
このほかに、あとでタリフさんとこのオーバーショットの本が届くはずです。

少ない!いつもなんだかんだで増えちゃうのに、今回は自制した!
最近の糸チェックのおかげで糸がありすぎるのが身に染みていたので、糸は買いませんでした!
効果ありましたよ、糸チェック!
カテゴリ :イヴェント トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫