FC2ブログ

世界のビーズ展

 2014-09-16
ためこんだネタを一気に書いちゃうぞ!第3弾。

9/13に「世界のビーズ展」に行ってきました。
ビーズは小学校からぼちぼちいじってました。きっかけは町のお祭りで知り合いのおばさんがビーズのキット売ってて売りつけられたことです。マスコットを作って、もう一個作ろうとするとビーズが足りないから買い足す…を繰り返したら、けっこうなビーズ持ちになってしまったのでした。
途中、姉の友人が誕生日に「りこちゃん、ビーズ手芸が趣味よね」と何種類かのビーズ付きでビーズの入れ物をくれたことも、ビーズ持ちになるのに拍車をかけました…。

世界のビーズ展は、Twitter情報で前々から知っていたのですが、期間が長かったのでのんきにかまえていたら、最終日目前になっていました。
慌てて最終日に行ってきましたよ!

ちなみに「渋谷で世界のビーズ展」と、案内記事には出ていたのですが、前日に調べたら、渋谷区だけど、最寄り駅は新宿でしたよ…。「渋谷区で世界のビーズ展」か「新宿で世界のビーズ展」にしていただきたかった。

まあ、新宿南口だったおかげで、ユニクロ・ハンズ・ユザワヤ・紀伊國屋書店・(ドーナツサービス券があった)ドーナツ屋にまとめて行けてよかったです。

本題のビーズ展。
基本的にはビーズ(スパンコールも含む)を使った服の展示でした。時代は20世紀からせいぜい19世紀。出土品の模造品で古いビーズの展示もちょっとはありましたが。

2Fがアジア・アフリカで、おおむね、民族衣装。服ごと飾ってあるので、織り地も楽しめたのはラッキーでした。
一番「へえ!」と思ったのは、中国の竹ビーズを使った下着です。竹ビーズを編んであって、それを着ることで、布地が肌に密着しないから涼しいんですってー。
あと、編みや刺繍のほか、織りに使っている例ももちろんありましたが、いわゆるビーズ織りではなくて、経糸に通しておいて使う、とか緯糸に通しておいて使う、とかでした。

1Fは欧米でしたが、こちらは民族衣装はちょびっとで(ビーズと言えば東欧の民族衣装かなと思っていましたが、北欧もありました)、20世紀のドレスが多かったです。越路吹雪さんが舞台で着た衣装も3着ありました。

ふんわり系で可愛いのもありましたが、イブニングドレスが多かったように思います。…うーん、ファッションに詳しくないので、分類がよくわかりませんが。
吉野朔実さんの『グル―ビーナイト』(懐かしい…)を思い出した服とか、『バービー・モード』でバービーがこういうの着ていたなーと思った服とかありました。

あともちろん、ビーズ織のバッグなどの展示もありました。
それからビーズを作るところの動画(MIYUKI制作)が流されていました。

個人的には作品の解説を見て「ビーズを縫う用の専用のミシンというのがあるのか!そりゃあるか!見たかったなあ!」と思ったので、専用ミシンの実演か動画を見たかったです(笑)。
スポンサーサイト



サンプルを財布に

 2014-09-16
2014日本ホビーショーで購入した長財布の中身。
DSCN3898.jpg

何を外身につけようかと考えていたのですが。
結局、服地サンプル 杉綾を縫い付けました。

縫い付け幅は10cmで、サンプルも10cm幅で織った…ということは出来上がりは10cm未満なのでどうかなと思ったのですが、「のばしながら縫えばいける!」と考えました。

そして出来上がりはこちら。
DSCN3895.jpg
DSCN3896.jpg

大して面白味はないですが、織ったもので作りました感満載。
サンプルは幅少な目で織ることが多いと思うので、サンプルの利用方法としてはありだと思います!

この中身は株式会社KAWAGUCHIさんで出している「ウォレット黒」というもの。
購入するときに、勧められてカーブ針も一緒に買ったのですが。「えー単にまつり縫いなら普通の針で十分じゃない?」と実は思っていました。…縫い付けるのがヘリもへりなので、カーブ針便利でした。まっすぐな針だと、表側に出てこないんですよ!ちょびっとすくいたいのに、1cmとか2cmとか先に顔を出しちゃったりするんですよ!

ちなみに実は二つ折り財布派なので、二つ折り財布の中身もあると嬉しいなあと思いました。え、中身も自分で作れ?

アナンダさんの夏の荷開き祭

 2014-09-16
去年から、北杜市に拠点ができたので、ぼちぼち行っているのですが。

春先に、清里でセグウェイ体験ができると知り、やりたい!と思っていました。
で、アナンダさんで今年は夏にも荷開き祭があるというので、それに合わせて行って、セグウェイ体験もしてこよう!と企てました。

荷開き祭で荷を買うには力不足なので(いや重くて持てないという意味ではなく)、見るだけで買わないのですが(^^;、荷開き祭というからには日曜日も営業していますからね!

そんなわけで8/24の荷の様子はこちら。
DSCN3894.jpg

荷開き祭といっても、同時に夏合宿中でしたので、どちらかというとそちらがメインで荷開きには人がほとんどいませんでした。まあ前日とかで買われちゃったのかもしれませんが。
我々も荷は見るだけにとどめましたが、それ以外の毛を買ってしまいました…。だって気持ちいい毛があったんです!
しかし失敗もあって。気持ちがよかったので、「えいっ!」とばっかりに、キャメルを買ってしまったのですが、帰宅後記録を見たら、去年買っている…。うわー。何のために記録をつけているのか。忘れるなよ、自分!

最近、棚卸をさぼっていたのも敗因でしょう。やはり棚卸は必要、と感じた一件でした。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫