FC2ブログ

2013/8/5 初ヂャンティ織り

 2013-08-10
※ 8/6頃に出先でポメラを使って書いたものを、8/10に家のPCからアップしています。

手工芸三昧・第二弾は、これもやはり興味はあって道具は買ってあったものの、やっていなかったものです。ヂャンティ織り。

糸はハスの糸・「茄糸」です。
2009年の東京スピニングパーティで、大賀ハスの糸というのを見かけて買ってしまってあったのです。千葉市民なので、大賀ハスには反応してしまうのです。(大賀ハスは千葉市で発見された古代ハスです)

ですが、レアものなので勿体無くて使っていませんでした。ヂャンティ織りなら無駄にするところが少ないのでいいかなと思って、今回、登場とあいなりました。

参考にしたのは、ヂャンティ織り機付属の冊子と、こちらの本。
ヂヤンテイ織りのモチーフつなぎヂヤンテイ織りのモチーフつなぎ

by G-Tools


モチーフつなぎの本を参考にしておきながらなんですが、作るつもりだったのは、コースターです。
で、ヂャンティ織り機の一番大きいのを出したら、ちょっと大きいような気がして、小さい方で作りました。
……大きい方は10センチ角。小さい方は7センチ角だそうです。と聞いただけでわかる方にはわかるでしょうが、7センチ角ではコースターとしては小さすぎました…。なぜ作る前は7センチ角でいいと思ったのか、不思議です…。

出来上がりはこちら。
DSCN3295.jpg

コースターには小さかったので、もしかして今後モチーフつなぎをするかもしれないと思い、始末はしていません…。さしあたってサンプル扱いにしておきます。

ハスの糸は、玉の状態で見て思っていたより、太さがてんでバラバラでした。針の穴に通る程度だったので特に問題はありませんが…。というか味ですよね、味。
あと、相当、きつく引っ張ったりしたのに、全く切れませんでした。かなり丈夫な糸ですね。

で、ヂャンティ織りですが、相当きつく引っ張ったせいで、指が痛くなりました…。でもヂャンティ織りの先人に聞いたところ、ヂャンティ織りはゆるめに張るのがコツだそう。きっつきつに張ってしまいましたよ…。

ところで、説明書と本の、ヂャンティ織りの織り方ですが、ちょっと絵がわかりづらいんじゃないかなあ…と思いました。前に張った糸の上なのか下なのかが、わかりづらいんですよ。一応、織れたようなので、間違えはしなかったようですが…。
スポンサーサイト



2013/8/5 早速エコクラフト二つ目

 2013-08-10
※ 8/5頃に出先でポメラを使って書いたものを、8/10に家のPCからアップしています。

初エコクラフト作品を母が気に入ってくれた挙句「薬を入れておくかごがほしいわ!」と言い出しました。
その位のサイズなら残っているエコクラフトでも作れそうだったので、8/5の午前中に挑戦。

つまり2作目にして、オリジナル制作ですね。もっとも、サイズが違うだけで、ほぼ一作目と同じ作りです。四角底と素編み。サイズだけは「母の薬を入れるにはこのくらいかなあ」と、考えて作りました。
結果として、底の一方に3本しかテープが入ってないです。ちょっと、バランスが悪いかなあと。でも5本にすると大きすぎたんですよ。ひもを12本ではなく10本程度で作ればよかったのかもしれません。

できあがったものがこちら。
DSCN3294.jpg

前作よりマシになった点もあり。本に作り方が書いてあったわけじゃないので、前作よりへまをしたところもあり。

まあごまかしました…。

2013/8/4 初エコクラフト

 2013-08-10
※ これは8/5頃に出先でポメラを使って書いたものです。アップは家のPCからで、8/10。

今年は8月4日から一週間、夏休みにしました。この夏休みは手工芸三昧にしよう!と企画しています。
最初は、興味はあって本や材料は揃えてあったものの、なかなかやる機会がなかったエコクラフト。
紅茶とか珈琲とかをまとめて入れておく入れ物が食堂にほしかったのです。手持ちの本から、CD/DVDボックスの作り方を見て作りました。いや、入れたいものがちょうど入りそうなサイズだったので…。
参考にした本はこちら。
エコクラフトの素敵なバッグとかご、プチ雑貨エコクラフトの素敵なバッグとかご、プチ雑貨
古木 明美 中本 雅子 川俣 京子

by G-Tools

出来上がりはこちら。
DSCN3293.jpg

取っ手ひもは要らないやーと思ってつけませんでした。

作っていて思ったのは、「綺麗に作ろうという意識が足りないなー」ということです。初めてだから勝手がわからず変になってしまったという点もありますが、主な原因は性格でしょう。あちこちこまかにごまかしてあります…。

とりあえず母は気に入ったようなのでよしとします…。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫