FC2ブログ

ハンディールーム600

 2012-11-08
縁あって、この度、東京手織機さんの、ハンディールーム600 8枚綜絖を譲っていただきました!
img827_DSCN2921.jpg

何故か準備よく、ハンディールーム用の本・『シンプルウィービング』も既にあります(笑)。全国裂織フェスタ2012で購入したんです。

そもそもこの織機を知ったのは、羊のちからさん。2008年5月24日の記事で、ほとんど一目惚れでした。

その後、Lyraさんのブログの2009/9/11の記事で、ハンディールームを話題にされているのをいいことに、60cmなら手持ちの筬が使えるんじゃないか、厚みが薄いと難しいかとか色々質問。
箕輪先生までアドバイスを下さって、とうとう、ハンディールームに他の筬が使えるかどうかの実験まで、ご自分のブログで行って下さいました。

結論としては、筬は使えないかも?ってことで、だったら60cmじゃなく40cmのハンディールームでいいかなあ、と思っていました。
その後、Stidio A WeekさんやSheep Workshopさんのところで、ハンディールームの実物を拝見したりして、ハンディールーム400を買う気を……高めてはいました。
なので、『シンプルウィービング』も買ったりしていたわけです。

ところが、ハンディールーム600を譲ります!という話を聞き。400を買おうと思ってたんだけど……まあ、これで買えたらそれも縁!と申し込んだら、縁があったみたいで、入手できてしまいました。やっほー(うかれています)。

そして懸案の「アジャカの筬を共通で使用できるか」ですが。
箕輪先生の実験で、問題となっていたのは、
img828_DSCN2922.jpg

筬の上下の出っ張りが、ハンディールームの筬を止めるところの左右の赤い棒にぶつかるということでした。

ですが入れてみたら。
img829_DSCN2920.jpg

ほらほら、問題なく、無事おさまります!
ハンディールームの筬を入れる部分の枠の幅が63.5cmで、アジャカの筬の幅が62cmなので、ひっかかることなく、入るんですよ!

それと、もう一つ、Lyraさんと懸念していたのが、アジャカの筬の方が厚みがないのでぐらつくのではないかということですが。写真でわかるとおり、件の筬のでっぱりが、はまるので、さほどグラグラはせずに済みます!

そんなわけで、何と、アジャカの筬を共通で使うことができました!ということは、ハンディールーム400ではなく、ハンディールーム600を入手したのは正しかったということです。ラッキー。
(筬も揃えるとなると、馬鹿になりませんからねえ、お値段が……)

お譲りくださったMさん、ご助言・ご尽力くださった箕輪先生、Lyraさん、Joyceさん、Twitterで入手おめでとうメッセージを下さった皆さん、有難うございましたー。

かくなる上は、宝の持ち腐れにしないようにしなくては!(そこが問題です……)


最大織り幅
60cm(400は40cm、200は20cm)
筬目種類
東京手織機さんで販売されているものは以下。
2目/cm, 2.5目/cm, 3目/cm, 3.5目/cm, 4目/cm, 4.5目/cm, 5目/cm, 5.5目/cm, 6目/cm, 6.5目/cm, 7目/cm, 8目/cm, 9目/cm, 10目/cm, 11目/cm, 12目/cm,13目/cm, 14目/cm, 15目/cm, 16目/cm, 18目/cm
特徴
レバー式卓上機。ギャップレステンションシステムとやら。製織中でも折り畳み可能。折り畳むと4枚綜絖の場合奥行き24cm(綜絖を4枚増やすと奥行きは4cm増える)。オプションで二重ビーム、三重ビームになる。綜絖は8枚、12枚、16枚に増やすことが可能。
この織り機について詳しい書籍
『シンプルウィービング』

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫