FC2ブログ

和棉を植える

 2008-05-06
「そのうち羊を飼うに違いない」と周囲から言われている私ですが、さすがにそれはないと思います。でも綿だったらどうだろう?と、昨年10月、工房からの風で和棉(大嶋種)の種を入手しました。
5月が植え時だというので、ゴールデンウィークに作業。

まずは四月のうちに土作りをしました。弱アルカリ性の土がいいんだそうで、土に石灰を蒔いて一週間置いておくんだとか。
本日、その土に種を蒔きました。

順調なら7~10日で発芽とのこと。
ところで私は緑の手ならぬ氷の手を持っているのですが。さて無事に育つでしょうか……。

ブログ名について

 2008-05-01
実は、このブログ用に名刺を作ってあります。URLを口頭とか手書きするのも大変なので。そもそも~(チルダ)が伝わりにくいですよね。印刷した名刺を見てすら、辿り着けない方もいらっしゃるようです……。

で、お渡しすると、ブログ名から、織物が職業であるとか、織りを教えているとか思われることがあります。や、そういう誤解を受けやすい名前であるということに、つい最近気がつきました。「織物工房」ですからねえ……。

えーと、私、職業はただの会社員です……。日々のてのてと会社に通って、だかだかパソコン叩いてます……。

いやあ、もともと「がらくたタウン」というHPを作って(ちなみにがらくたは「我が楽しむこと多し」で名付けました)、そこに分館としてCGI工房を置いていたのです。当時CGI作りが趣味だったので。
その後に織りのページも分館化することにしたので、「CGI工房」と並んであまり深く考えずに「織物工房」にしてしまった、と……。

……ブログ名、変えようかな……とちょっと思ったりする今日この頃です……。

ミッグシェルのストール

 2008-05-01
アトリエ・ダーラヘストさんの一日講習で作ったストールです。ミッグシェルとはスウェディッシュレースのことだそうです。

img332_DSCN0534.jpg
img333_DSCN0533.jpg

恥ずかしながらアップ画像も。

img331_DSCN0532.jpg

……アトリエ・ダーラヘストさんのサンプルはとても素敵なのに、私が織るとなんかいまいちな気が…………。いや写真の腕も悪いし……。(2008/5/3 写真変えてみました……)
糸がいいので心持ち救われている気も……。あ、糸、いいんですよ。麻が入ってしゃっきりしていて、でも100%麻程かたくない、という辺りが。

仕上がり予定寸法
50cm×200cm(本体は160cm)
経糸総本数
251本
通し幅
50cm
筬目
5目/cm
使用した糸
スウェーデン製 綿麻混紡糸 COTTOLIN
作成期間
2008/5/1

実は、織り始めたけっこう最初の頃から「……何か間違っている気がする……」と思ってはいたのです。おかしいおかしいと思いながら織り進め、……帰りの電車の中で確かに間違っているのを発見しました。織り始めから10cm位のところで間違ってました。てことは残り150cm間違えたまま織り進んだわけですね……。

ところで「織り機を持っているなら」と組織図を下さいました!有難うございます!!これは家でも織ってみなくては!!こ、今度こそ間違えずに!(苦笑)
あ、うちにあるのはろくろ式なので踏み方とかは違くなりますが。
それに糸も違う糸になります。さて何の糸で織ったらいいかな……。
(2008/5/6修正)(2009/7/11修正)

参考用語
あ行:空き羽、筬、筬目
さ行:スウェディッシュレース、組織図
た行:経糸
ら行:ろくろ式

アトリエ・ダーラヘストさんの1日体験講習会

 2008-05-01
本日、アトリエ・ダーラヘストさんの1日体験講習会に行って参りました。
HPで拝見する作品が(写真も!)とても素敵で、実用的なものを作るというところもとても気に入っていて、教わりに行きたいなあと日々思っていたのです。特にブランケットの時にもんのすごく「お、織りたい~」とうずうずしたものです。
今回一日講習があるというので、飛びつきました。

体験するのはスウェディッシュレースのストールです。

ところでどきどきわくわくと向かう道中……腹痛を起こしまして。どうにか辿り着くまでにはおさまりましたが、遅刻寸前でしたよ……(^_^;。あ、講習中も痛まずに済みましたが、どうも焦って辿り着いたもので織っている間も焦り気分が抜けずせかせかしていました……。他の方々が織るの早かったから余計かも……。

img329_DSCN0524.jpg

これが使わせていただいた織り機です。天秤式の足踏みタイプは初めて使いました。とても大きかったです。これを所有しようと思ったら、織り専用部屋を用意しなくてはなりませんね……。四畳半あれば入る、とのことです。……四畳半……。

私は車杼(ボートシャトル)を一回しか使ったことがないのですが、
「そーか、ボビンは紙でもいいのかー」とか
「なるほどそう使うと効率的なのかあ!」とか色々得るものがありました。で、「板杼ばかりでなく車杼も使おう!」と思ってみたりしました。いや私が板杼ばかりなのは緯糸が太いことが多いからですが……。
杼のことだけではなく「はっそこを引っ張ればいいのかっ!」とか、お前何年織りやってるんだ……的な開眼をしたところも……。

ともあれ、思ったよりさくさく織れてしまいました。「一日で1.6m?織れるのか……?」と思っていたのですが。経糸の準備がしてあるからというのも大きいですが、車杼なので早いというのもあると思います。板杼だったらああはいきません。

えー、出来上がり図は次の記事で。

参考用語
あ行:板杼
か行:車杼
さ行:スウェディッシュレース
た行:経糸、天秤式
は行:ボビン
や行:緯糸

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫