FC2ブログ

英国羊毛おためしパックのハードウィックを紡ぐ

 2008-04-18
おためしパック、今度はハードウィックです。ポンタさんの「ホッチキスパーティー」の影響で、ハードウィックというと「ピーターラビットは僕の友達」と呟いてしまいます。ピーターラビットの作者がハードウィックを好きだった、んだそうですね。
img319_DSCN0459.jpg

毛はこんなで、一本一本くっきりはっきりな感じ。ハリハリしていてちょっと痛い?マフラーとかセーターだとチクチクしていやー!という感じでしょうか。

手でほぐして紡ぎました。ところによって繊維が短くてつながりにくいところが……(そういうところは本来あきらめるところなのかもしれませんが)。ちょっと紡ぎにくかったです。

img320_DSCN0493.jpg

できあがりはこんなです。ハリハリしている感じが現れているでしょうか。

紡いだ道具
桜楓スピンドル
紡いだもの
スピンハウスポンタさんで購入した英国羊毛おためしパックのハードウィックを自分で洗ったもの。
紡いだ時期
2008/4/07~4/14
紡いだ量
5.77g
紡げた長さ
54m

9.36番手。

紡ぎにくいー!と思ったわりには出来上がりの糸はそこそこ整っているような気がします。


参考用語
さ行:スピンドル
は行:ハードウィック、番手

スポンサーサイト



着物裂き織りに挑戦しかけました

 2008-04-18
母の友人から紺地に白(とちょっと赤)が散った着物を「裂き織りにして」といただきました。
またバッグを作ろうと思っています。バッグを作るとなるといつも主に参考にするのは、

です。まあ、いつものように織っても着物地裂き織りはそれだけで味がありますが、ちょっとは変わったことをやってみたいなーと思って、

とかも見て経糸のかけ方を考えてみました。
しかし「うーん、いまひとつー」と思っていたら、そういえばマットだけど裂き織りの本まだ持ってるじゃん!と思い出し、

を見てみました。
「あ、これがいい!」というのがあったので、それに挑戦してみようと、スウェーデン語の単語を調べ、手持ちの糸で近いのを探し、経糸を張って、織り始めました。
img318_DSCN0458.jpg

この画像だとそこそこ特徴が出ているような気もしますが。どうも近くで見た時にあまり目指した感じになっていませんでした。
おそらく糸の太さと裂き布の太さが合っていなかったのではないかと思うのですが。

そういうわけで「このまま織ってもなあ」と思って裂き織り部分を外しました。かけた経糸が勿体無いので、経糸と同じ糸を緯糸にしてあじろ織りをし始めています。……あじろ織りのバッグを作ろうかなーと思います。

参考用語
あ行:あじろ織り
さ行:裂き織り
た行:経糸
や行:緯糸

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫