FC2ブログ

少しは頭を使ってみよう

 2006-10-15
撚りが強いということは。そして甘いところもあるということは。
・ペダルを踏むのが早い
・糸を引き出す手が遅い
(参考『手織りと手紡ぎ―豊かな暮らしを育む手作りの糸と織物』

……では、さしあたり、踏むのをゆっくりにしてみようかなー。そういえば、JOYはトラディショナルより糸車が小さいので、一周するのが速いってことで。そのせいで撚りが思った以上にかかっているのかも。

というわけで、6:1で、ゆっくりゆっくり。手が糸を引き出すのに合わせる感じで紡いでみました。
img112_10150004.jpg


紡ぎ機
アシュフォード ジョイ
回転比
6:1
紡いだもの
ロムニーのスライバーを藍染めした原毛
紡いだ量
13g
紡げた長さ
96m
紡ぎ方
セミ梳毛糸。

7.39番手。

明らかに強撚ではありませんでした。寧ろ甘め。まあ、甘い分にはもうちょっと踏めばいい話で。次は5割り増し位で踏んでみようと思います。

参考用語
あ行:藍染め、糸車
か行:回転比、強撚
さ行:スライバー、セミ梳毛糸
は行:番手
や行:撚り
ら行:ロムニー

スポンサーサイト



目指せちゃんとした糸

 2006-10-15
再度ちゃんとした糸を目指し。
紡ぎ易いということで、メリノからロムニーに戻して、紡いでみました。但し、スピンドルでロムニーを紡いでいた時にうまくつながらなかった部分などをカーディングしたものとかも混ぜた原毛でした。
img111_10150002.jpg


紡ぎ機
アシュフォード ジョイ
回転比
8:1
紡いだもの
ロムニースライバーと、妙になった部分をカーディングしたもの
紡いだ量
3g
紡げた長さ
25.5m
紡ぎ方
セミ梳毛糸。

8.5番手。……本気で8.5番手?何故??

……いや、うちのデジタル秤、最小計測単位が1gなので……おそらく、3.9gも3gと表示されるので……。8.5番手は嘘かもしれません。
それにしても、100gとかだったら0.9gの差は大したことないですが、3gで0.9gの差は大きいですよね。もっと細かい単位で量れる秤が必要でしょうか。たまに染色の時にも欲しくなりますが。


(以下2007/09/22追記)
その後、細かい単位で量れる秤で測ったところ、3.19gでした。7.99番手でしょうか。

参考用語
か行:カーディング、回転比、強撚、原毛
さ行:スライバー、セミ梳毛糸
な行:ニディノディ
は行:番手
や行:撚り
ら行:ロムニー
ま行:メリノ

昼休みにスピンドル

 2006-10-15
昼休みにスピンドルで紡いだ成果、第三弾。
img110_10150001.jpg


紡いだ道具
堅木スピンドル
紡いだもの
ロムニー スライバー
紡いだ量
36g
紡げた長さ
171m

4.75番手、かな。
スピンドルだと、撚りもまあまあ、太さもまあまあ、にできてきている気がします。

参考用語
さ行:スピンドル、スライバー
は行:番手
ら行:ロムニー

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫