FC2ブログ

 2006-03-06

るーぴんぐ【ルーピング】
ハイパイル織りの技法の一つ。平織りの途中で緯糸を経糸の間から引き上げてループ状にする。最初の段のループを次のループで編んで、ニットの平編みのようにする手法もある。
参考:『ハンドウィービング―手織りの実習』(2005/09/29記)
るーろかん【ルーロカン】
インターロックの技法を用いて緯糸の糸替えをした綴れ織り、のように思える。
参考:『木枠で手織り―スウェーデンスタイルで始めましょう』
(2006/3/6記)

スポンサーサイト

クロバー咲きおりの難点

 2006-03-06
現在、50羽のソウコウを使って、細い糸(シルクカシミヤ36番双糸)で織っていますが。
咲きおりでは細い糸は大変であることがわかりました。

考えてみればすぐわかることでしたが、整経が「上からはめる」タイプであるだけに、細い糸だと外れやすいんです。

織っている今はさほど大変でもありませんが、ニュートラルポジションにおいて、経糸を通している間、かなり苦労しました。

参考用語
さ行:整経、ソウコウ(→綜絖)、双糸
た行:経糸
は行:羽

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫