FC2ブログ

【教室】レースウィーブとからみ織りのサンプル

 1999-09-02

経糸総本数
6+(38×4)+1=158本
整経長
150cm
通し幅
31.4cm
筬目
5目/cm 片羽
使用した糸
綿10/6のH13とH11の2色
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
4枚
作成期間
1998/4~(提出:7/5)


img10_lace.jpg

私はこれをレースウィーブとして習いましたが、世間のリジットヘドル機用の本などを見ていると、からみ織りをレース織り(ウィーブが織りであるからにはレースウィーブと同義語であろうかと)と書いてますね。
おそらく、穴があいて、透けているようなものを、レース織りというのではないかと……。
これは経糸と緯糸の関係により、織っていると穴があく織り方です。あえて言うなら、からみによるレース織りに対して、組織によるレース織り、でしょうか。

これは織っていて非常に楽しかったです。というのもおそらくこの前に織っていたバウンドローズパスが異常に時間がかかるしろものだったので、さくさく織れるのが嬉しかったのではないかと(笑)。

img11_karami.jpg

こちらがからみ織り。経糸をからませて、そこに緯糸を入れていく技法ですね。
写真ではよくわかりませんが、色々なからませ方を試しているはずです。
上記のレースウィーブに比べると、経糸をからませる分面倒くさい技法。ただ綜絖2枚でやれるので、リジットヘドル機でもやれるのが利点でしょうか。

これら2枚は、色合いが気に入られて、知人にもらわれていきました。


参考用語
あ行:筬、筬目
か行:片羽、からみ織り
さ行:整経、整経長、綜絖、組織
た行:経糸、通し幅
は行:バウンドローズパス
や行:緯糸
ら行:リジットヘドル機、レースウィーブ

スポンサーサイト



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫