FC2ブログ

【教室】バウンドローズパスのマット

 1998-03-06
綴れ織り・裂き織り・パイル織り・バウンドローズパスのどれかの技法でマットを織りましょうと言われて、バウンドローズパスを選んだもの。チューリップもどき模様になっています。
織物教室の中等科の終了作品になりました。

仕上がり予定寸法
50×180cm
経糸総本数
56×4+2=226本
通し幅
56cm
筬目
4目/cm
組織
3/1の斜文織+平織り
使用した糸
経糸:たて糸5号、緯糸:おそらく手織り糸ウール。
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
4枚
作成期間
1998/1~2


img9_mat.jpg

中等科ではずっとサンプルをやっていたので、提出期限1ヶ月前時点で、終了作品として提出できるものがありませんでした。
それで、この作品を提出期限に間に合わせるべく、めちゃくちゃ必死こいて織った記憶があります。だってバウンドローズパス、ざっと考えて普通の4倍、織るのに速度がかかるし(緯糸4本で1段になるので)

その後2003年頃には、ベランダに出るところのマットとして使われていました。そこに使われるマットの運命として、雀の餌場になっていました。
img36_01300001.jpg


参考用語
あ行:筬、筬目
さ行:裂き織り、斜文織、綜絖、組織
た行:経糸、綴れ織り、通し幅
は行:パイル織り、バウンドローズパス、平織り
や行:緯糸

スポンサーサイト



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫