fc2ブログ

紡毛糸の復習 その2

 2016-09-10
baruさんの紡ぎ講習会で紡毛糸用にいただいたサフォークを解毛したものの残りを全部紡ぎました。
多分、前回に続けて9/1辺りに一回紡いで。
途中梳毛糸に浮気して、今週に入ってまたテレビを見ながら解毛してローラッグ作って、で、9/9に紡ぎました。

紡毛糸の復習その2
アップにするとこんな感じ。
紡毛糸の復習その2アップ


紡ぎ機
アシュフォード ジョイ
回転比
11:1
紡いだもの
講習会で配布されたサフォーク
紡いだ量
30.62g
紡げた長さ
79.7m
撚り
単糸Z撚り
紡いだ時期
2016/9/1、9/9

平均2.6番手。
時々はいい感じに紡げた…ような気もします。やはりカーディングに問題があるように思います。
講習会に行って、前よりはマシになったんですけどねえ、カーディングも。


参考用語
か行:カーディング、原毛
さ行:サフォーク
た行:単糸
は行:番手、紡毛糸
ら行:ローラッグ
カテゴリ : 紡ぎ機で トラックバック(-) コメント(0)

セミ梳毛糸の復習

 2016-09-06
baruさんの紡ぎ講習会と、家で復習した紡毛糸の撚り止めをしよう!と思いました。で、「ほかにも撚り止めしてないやつあったっけ。あったら一緒に撚り止めを…」と探していたら。毛が出てきました。2010年のスピニングパーティーで毛刈りしていた毛。
見つけた毛
おお、スティープルある!…というわけで、撚り止めを忘れて、セミ梳毛糸の練習に入りました。

毛先をもって引っ張り出して…毛先と根元をコーミングして…真ん中については両方をひっぱってほぐす…ほぐれません…。洗わないまま6年も放置していたのがダメだったですかねえ…。

ダメもとで紡ぎ始めました。回転比は色々試して、8:1だったかと。
撚り止め中の写真。手前が単糸で、奥が双糸。吊るした時に、回ってるのが1周未満なので、編んでも斜行はしない(とbaruさんに教わった)かなと。ちなみに、この写真はまだ濡れていますが、乾いたら、もっと回らなくなってました。ますます斜行しないかも。
紡いで撚り止めして干し中
なお、未洗いの毛を紡いだので、撚り止めの一番最初のお湯に洗剤を入れました。
洗剤投入前の写真を撮り忘れたのですが、隣の鎖の上に乗っかっているもこもこはコーミングで取ったバインディングファイバーです。未洗いです。これがこの色なので、洗剤入れたことで一応色は白くなったのではないかと…。
紡いで撚り止めして干し中アップ


紡ぎ機
アシュフォード ジョイ
回転比
8:1
紡いだもの
東京スピニングパーティー2010で毛刈りされていた毛
紡いだ量
双糸:4.46g
単糸:3.03g
紡げた長さ
双糸:9.3m
単糸:10.5m
撚り
単糸Zで双糸S
紡いだ時期
2016/9/3

双糸の共通番手が平均2.09。
単糸の共通番手が3.47。


参考用語
か行:原毛
さ行:スティープル、セミ梳毛糸
た行:単糸
は行:バインディングファイバー、番手、紡毛糸
や行:撚り止め
カテゴリ : 紡ぎ機で トラックバック(-) コメント(0)

紡毛糸の復習

 2016-09-02
baruさんの紡ぎ講習会で紡毛糸用にいただいたサフォークを解毛したものがけっこう残っていました。
これは…紡ぐしか。大体、うちの紡ぎ機で紡げないとお話になりませんしね。

31日、テレビを見ながらカーディングした分をローラッグにして、紡ぎました。
回転比は色々試した結果8:111:1に落ち着きました。慣れたら違う回転比の方がいいかもしれません…。
サフォークをJoyで
アップにするとこんな感じ。
サフォークをJoyでアップ


紡ぎ機
アシュフォード ジョイ
回転比
8:1 11:1 手前から二番目だった気がするので、8ではなく11かなと。
紡いだもの
講習会で配布されたサフォーク
紡いだ量
13.71g
紡げた長さ
32.25m
撚り
単糸Z撚り
紡いだ時期
2016/8/31

平均2.35番手。
見た感じそう太くはないのですが…番手が太めですね。ふっくら紡げたということならいいのですがねえ…。
紡毛糸っぽく紡げている…ところもある…気はします。

そしてまだまだサフォークはあるのでした。日々復習か?
しかしセミ梳毛糸も復習したいぞ!スティープルが残っている原毛は手持ちにあったかな…。いやきっとある…。

参考用語
か行:原毛
さ行:サフォーク、スティープル、セミ梳毛糸
た行:単糸
は行:番手、紡毛糸
ら行:ローラッグ
カテゴリ : 紡ぎ機で トラックバック(-) コメント(0)

紡ぎ講習会で紡いだもの

 2016-09-01
baruさんの紡ぎ講習会で紡いだものです。baruさんのブログでもアップされています。

29日に紡いだコリデールの梳毛糸で、左が双糸、右が単糸。撚り止め後。
ちなみに私の作業がトロかったもので、単糸のかせあげ・撚り止めはbaruさんが一日目の講習後にやっておいてくださいました…。
コリデール双糸と単糸
単糸のアップです。太さまちまち。前回の記事で「私の単糸のかせは皆様のより短かった」と書きましたが、baruさんのブログの撚り止め中写真で、一番短いのが私のかせです。
コリデール単糸アップ
双糸のアップです。S撚りなことはよくわかる写真ですね…。
コリデール双糸アップ


紡ぎ機
アシュフォード 多分トラディショナル シングル
紡いだもの
講習会で配布されたコリデール
紡いだ量
双糸の方:31g
単糸の方:22g
紡げた長さ
双糸の方:45m
単糸の方:88.5m
撚り
単糸Z撚り、双糸はZ撚りを合わせてS撚り
紡いだ時期
2016/8/29

双糸は平均1.45番手。単糸は平均4.0番手。うん?単糸に比べて双糸が太いような??

次からは30日に紡いだサフォークの紡毛糸。左がボビン1個目で右がボビン2個目。
どちらも撚り止め前です。1個目は講習会の場でかせ上げを使ってかせにしました。
2個目は帰宅後、家でニディノディでかせにしました。
したがって、baruさんに論評していただいたのは主に一個目。いい感じに紡毛になっているところもあるけれどもその前後が強撚で細い。紡いでいるのをみた感じ、二個目の方が多分紡毛糸になっていると思う、とのことでした。
サフォークボビン1個目と2個目
アップで見てみると、ボビン一個目は太さマチマチ。
サフォークボビン1個目アップ
ボビン二個目も太さ、マチマチはマチマチですが、「すんごい太い」はなくなりました。
サフォークボビン2個目アップ
データでも、一個目と二個目の違いが表れています。


紡ぎ機
アシュフォード 多分トラディショナル シングル
紡いだもの
講習会で配布されたサフォーク
紡いだ量
ボビン1個目:29g
ボビン2個目:13g
紡げた長さ
ボビン1個目:106.5m
ボビン2個目:63.75m
撚り
単糸Z撚り
紡いだ時期
2016/8/30

ボビン1個目は平均3.67番手。ボビン2個目は平均4.9番手。ほら大分細い。
ただ、見た目にも細くてふんわりしていない部分は多分紡毛糸になってないですね。見た目に太いけど番手は大きい(軽い)のが紡毛糸だと思うので。


参考用語

か行:かせ、コリデール
さ行:サフォーク、スピンドル、セミ梳毛糸、双糸、梳毛糸
た行:単糸
な行:ニディノディ
は行:紡毛糸
や行:撚り止め
カテゴリ : 紡ぎ機で トラックバック(-) コメント(0)

JOYで紡いだコットン

 2015-01-12
用意してあった篠の分は2014年中に紡ぎ終えました。
どのくらいの太さになってるのか確認したかったので、2015/1/11にテレビを見ながらニディノディでかせにしました。

DSCN4432.jpg
DSCN4431.jpg



紡ぎ機
アシュフォード ジョイ
回転比
6:1。
紡いだもの
昔ひつじやさんで購入したペルー綿(布団綿)
紡いだ量
37.14g
紡げた長さ
228m
撚り
単糸S撚り
紡いだ時期
2013年か2014年にちょっと紡いで、残りは2014年12月

共通番手で1g/6.14m、綿番手だと3.63sではないかと。

かせにするとき三度ばかり切れましたが、撚りはまあまあかなと。ちゃんと糸として使えそうです。
スピンドルで紡いだ綿に比べると、やはりかなり太いですね。まあ、綿の種類のせいもあるかもしれません。


参考用語
あ行:S撚り
か行:回転比、かせ、共通番手
さ行:篠、スピンドル
た行:単糸
な行:ニディノディ
は行:番手

JOYでコットンを紡いでみる

 2014-12-31
コットンは今までスピンドルで紡いでいたのですが、収穫量も増えてきたので(今年はそうでもないですが…)紡ぎ機で紡げないと追いつかないなと思いました。
むかーし、JOYで紡いでみたことはあるんですけどね。何とか糸にはなりましたが太かった。それで多分これまで引け腰だったのですが、白い道さんがJOYでコットンを紡いでらっしゃるようなので、「あ、紡げるんだ」と思ってJOYでの紡ぎを練習することにしました。
去年、コットン用のカーダーを買ったので、昔ひつじやさんで買った布団綿をカーディングして練習用の篠を作りました。そして篠を1つ紡いでみて。割と紡げました。そして安心して数か月JOYを仕舞ってしまいました(苦笑)。

今回年越しを山梨ですることにしたので、時間潰し用にJOYを持ってきました。勿論、作った篠も。そして紡いでみたのがこれです。
DSCN4416.jpg

少しアップにしたのがこちら。
DSCN4417.jpg

けっこう紡げているように思います。

JOYで、啓翁桜で染めたメリノスライバーを紡ぐ

 2013-05-12
紡いでいる途中になっていたボビンの毛の残りを紡ぎました。

DSCN3243.jpg

どうもJOYで桜染めのメリノスライバーを紡ぐの残りだったようです。

途中まで紡いであったのは……、ボビンから糸を外した後紡いだのでしょうか。だとしたら2011年1月以降。

残り半分は今月紡ぎました。


紡ぎ機
アシュフォード ジョイ
回転比
前半部分は忘れました。後半は8:1。
紡いだもの
2009年の3月にメリノスライバーを啓翁桜で染めたもの
紡いだ量
49g
紡げた長さ
145.7m
撚り
Z撚り
紡いだ時期
2011年1月位と2013年5月


平均2.97番手。染めた時に固くなっていたところとかあったので、相変わらず太さはまちまちです。少なくとも後半部分についてはハンドカーダーをかけてローラッグ作ってやったんですが。(前半部分については覚えていません……)
そしてローラッグをかけたからには紡毛糸を目指したかったのですが……どうやって紡ぐか相変わらずよくわからなかったため、糸はなりそこない紡毛糸?

ニディノディでかせを作った時の感触でいうと、前半部分はけっこう強撚。後半(2013年5月に紡いだ分)は撚りは割りといい感じなのではないかと……。



参考用語
か行:かせ、強撚
さ行:スライバー
な行:ニディノディ
は行:番手、紡毛糸、ボビン
ま行:メリノ
や行:撚り

推定アルパカ(茶)とシュロップシャーを混ぜたものを紡ぐ

 2012-06-28
電動カーダーの試用でカーディングした毛を紡ぎました。
JOY使うの、かなり久しぶりでした……。

2ボビンで単糸を紡いで、それを双糸にしたのが手前。
片方のボビンに余った分(つまり単糸のまま)が奥です。
img776_DSCN2655.jpg

ちょっとアップ。
img777_DSCN2654.jpg


久しぶりでも一応紡げました。
また、紡ぎよかったので混ざり具合も悪くないようです。

ただ、紡毛糸の紡ぎ方を忘れたようです。
元からちゃんとできてはいなかったのですが……。


紡ぎ機
アシュフォード ジョイ
回転比
6:1
紡いだもの
いただきものの推定アルパカ(茶)とシュロップシャーを2:1位で混ぜたもの
紡いだ量
双糸:23.8g 単糸:5.62g
紡げた長さ
双糸:54.75m 単糸:25.95m
撚り
単糸でZ撚り、双糸でS撚り
紡いだ時期
2012/6/24

共通番手で、2.3番手と4.6番手。毛番手で2/4.6番手と1/2.3番手ですかね。
ちょっと、より太めなのかな……。


参考用語
あ行:アルパカ
さ行:シュロップシャー、双糸
た行:単糸
は行:番手、ボビン
や行:撚り

JOYで、桜染めのメリノスライバーを紡ぐ

 2011-01-27
JOYのボビン3つから、紡いだ糸を外したもの・第三弾。

DSCN1925.jpg
DSCN1923.jpg


紡ぎ機
アシュフォード ジョイ
回転比
忘れました。
紡いだもの
2009年の3月にメリノスライバーを啓翁桜で染めたもの
紡いだ量
50g
紡げた長さ
156m
撚り
Z撚り
紡いだ時期
2010年4月

3.12番手ですか。太さは割とまちまちです。紡いだ様子もしゃりしゃりしたところもあり、ふかふかしたところもあり。

ところで、ボビンをあけようと慌ててニディノディでかせにしてしまったわけですが。考えてみればこのスライバーの残り50gをとってあったのは、双糸にするか単糸でそのまま使うか、決めかねていたからだったのでした。(ということをかせにした後気がつきました)
慌ててかせにしなくても済むように、ボビンも買い足したと言うのに。ダメですねえ。


参考用語
か行:かせ
さ行:スライバー、双糸
た行:単糸
な行:ニディノディ
は行:番手、ボビン
ま行:メリノ
や行:撚り

竹繊維をJOYで紡ぐ

 2011-01-26
JOYのボビン3つから、紡いだ糸を外したうちの一つ・第2弾です。

DSCN1922.jpg

竹繊維をスピンドルで紡いでいましたが、その際、せっかくだから紡ぎ機でも試そう!と思って紡いだものです。


紡ぎ機
アシュフォード ジョイ
回転比
忘れました。
紡いだもの
アナンダさんのバンブー繊維
紡いだ量
10.6g
紡げた長さ
35.25m
撚り
Z撚り
紡いだ時期
2010年の夏頃かと。

共通番手で、1/3.33。スピンドルよりかなり太めです。

で、竹繊維では何を作りましょうかね……。夏物の羽織るものかなあ、やっぱり……。

参考用語
さ行:スピンドル
は行:番手、ボビン
や行:撚り

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫