fc2ブログ

サンプルを織る準備中

 2012-09-22
最近、ハードルが高いことをいくつか言われましたが。
まあ何しろやらないことには何事も進まないし、糸も減りません。

というわけで、ようやく涼しい風が吹いた昨晩、サンプルの準備を始めました。
や、先週末の暑い頃も、毛糸を出して、何を何にするかの検討とかしていましたが。

まず、紡ぎたまっていた綿糸を撚り止めしました。現在干し中。
img791_DSCN2833.jpg

あと、サンプル用の経糸を整経しました。写真はロフトベッドの手すりに結んであるところです。ベッドの下がしっかり見えてしまうので、ランチョンマットを背景にしてあります。あ、私のベッドの下はPC作業場となっています。PC机と複合機とスキャナなどでぎっしりです。
img792_DSCN2834.jpg

一番右がポンタさんとこの紡績糸、真ん中の白いのがキタマさんとこの綿糸、残りはタリフさんとこの単糸です。どれもこれも……いつ買ったのか思い出せないくらい長い間タンス……ではなくクロゼットのこやしでした……。
使いましょう>自分。
そしてサンプルで終えないように>自分。

電動カーダー試用

 2012-06-23
ハンドカーダーが未だに苦手です。
だからといってドラムカーダーが得意かというとそんなことはなく、
教室でやった感じでは、ドラムカーダーもよくわからなかったのですが。

しかしカーディングしたいものの量が多いので、
ドラムカーダーを買うかなあ……、と思っていたところ、
縁あって、東京手織機さんの中古の電動ドラムカーダーを入手してしまいました。
分不相応だと思うのですが電動です……。だって新品の手動ドラムカーダーより安かった……<ああ、本音が。

ただ、針布の一部の針がダメになっていたのと、一度試しに動かしたらゴムが外れたので、針布の張替えとメンテナンスを、東京手織機さんにお願いしました。
4月頭には直っていて(小ドラムの張り替えだけで済んだので、想定より修理代が安く済みました!)、すぐさま試してみるべきなのでしょうが……、いろいろあって試さないまま。
今日やっと試してみました。

やったのは、懸案の「推定アルパカとシュロップシャー」の混ぜです。この組み合わせは大昔にbaruさんに勧められたのですが、カーディングが苦手で進んでなかったんですね。
一応、混ぜて紡いだことはあるにはあるのですが、まだまだ推定アルパカがあるのです。

そんなわけで、『ホームスパンテクニック』で、ミキシングとドラムカーダーの使い方を読みつつ、やってみました、カーディング。
……読みながらやったという割には、今読んだら二度目のカードかけをしていません……。いや、ミキシングのところと、どう台に置くか辺りまでは真面目に読んだのですが。

しかしぶっちゃけて言うと、どうやるのかいまいちわかりませんでした(爆)。
小ローラーから毛がなくなるまで回すらしいですが、小ローラーにはいつまでたっても毛があるし……。延々と回していると大ローラーに移るんですか?本当に?……そういえば教室で手動のドラムカーダーを回している時も、そんな疑問をもった覚えが……。

あと、一度にどの位まで置いていいのか、剥ぎ取るのはどのくらいの量をかけてからなのか、もよくわかりません。

あと、大ローラーからの剥ぎ取り方もよくわからないというか……、本にはハンドカーダーで、とありましたが、うまくできなかったので、昔スピニングパーティーで、カーダーの掃除をするのにいい!ということで購入した、ヘアーブラシ・クリーナーで剥がしました。けっこううまく剥がれました。

で、本日カーダーしたものがこの写真です。右下はヘアーブラシ・クリーナーです。
img775_DSCN2647.jpg

ホワホワしているので大量に見えますが、実は30g位です。30gといっても、ハンドカーダーでやることを考えたらすごいなあ……。
このホワホワがいい感じで、母に見せようと抱えて居間に持っていったら。母がビクッとしまして。……何でも生き物を抱えてきたんだと思ったらしいです。
動物の毛ではあるけど、生きてないから>母。

さて、とりあえずこれで紡いでみて、混ぜ具合がいいか検証したいと思います。

成長のない私

 2011-01-22
ちょっと紡ぎ機の練習をしようと思ってJOYを出したら。
……また3つのボビン全部に糸がありました。茶色いのとピンクのと白いの。そしてまた前と同様、「この毛何の毛」状態です……。

茶色いのはずっとやってる推定アルパカ(茶)+羊毛でしょう。
ピンクのは、小豆か桜でしょう。桜な気がします、と思ったら、桜であることがブログで確認できました
白いのは……白いのは何?手慣らしで紡いでいたものでしょうか。手慣らしにはロムニースライバーを紡いだ記録があるのですが……。
それにしても、一番上についてるんだから多分一番最近紡いだんだよなあ……。と思って紡いだ糸を触ってみたら。ああ!わかりました!竹です!スピンドルだけじゃなく紡ぎ機でも紡いでみたいと思って紡いだ、ような記憶が。

やあ、どうにか解決。それにしても、忘れるくらい長いことボビンに巻きっぱなしにするな>自分。

綿を早く……

 2010-11-28
DSCN1858.jpg

フィギュアスケートグランプリシリーズフランス大会。
男子ショートを見ながら篠を作り、
女子ショートを見ながら紡ぎました。

ものは去年収穫した和綿です。
まだあるんです。
去年収穫したコットンもまだあります。
ですが、当然既に今年の収穫も始まっているわけで。

というわけで、せっせと綿を紡がなくてはならないかなーと……。

久しぶりの紡ぎ気

 2010-04-13
土曜日に久しぶりに、紡ぎ気におそわれました。いえスピンドルでは週に五回ほどは紡いでいるわけですが、紡ぎ機ではあんまり紡いでいないんですよね。

「草木染めをしたものを紡ぎたい!」という紡ぎ気だったので、在庫(……)から何を紡ごうか悩んだ結果、「春だし」と桜にしました。去年染めたものです。

img613_DSCN1645.jpg

双糸にするか決めていないので(←決めて紡ごうよ……)、半分だけ紡いでみました。だから50gのはず。

出来は……うーん。紡ぎを習いに行こうかなあ、と思いました……。


てんで関係ないですが(強いて言えば、前に紡ぎを習いに行ったのがアナンダさん、という関係が……)、アナンダさんからスウェーデン旅行の案内が来ました。
今年はもう、案内は来ないものかと思った矢先に届きました。HPも、今は最新版に更新されているようです。(昨日までは「今年の募集は修了しました」だったので、もうメンバーは決まってしまっているのだと思い込んでいました。あれは去年の案内だったのですね……)

これまでよりは、現実的な日程ですね。会社を6日休めば済むので。具体的なことはまだ決まっていないっぽいですが……。
さて、どうしようかな、と検討中です。仕事の都合とかもあるので。
そしてこういったことは、概ね、検討している間に満席になります……。
# まあそれならそれであきらめがつくというものです……。

参考用語
さ行:スピンドル、双糸

梳毛糸と紡毛糸

 2010-01-31
同じ羊さんの毛を、大体同じ番手の梳毛糸と紡毛糸に紡いで、それを織って洗うという実験をbaruさんタリフさんがされていますが、大変興味深いです。

そもそも、梳毛糸と紡毛糸を狙って同じ位の番手で紡げるというのが私にとっては驚異的です(苦笑)。
いつの日かそんなことが可能になったりするのでしょうか……。……ムリなような気がするんですけど(笑)。

参考用語
さ行:梳毛糸
は行:番手、紡毛糸

紡ぎ布教活動の成果

 2009-12-13
今回は職場でではなく、習い事の場で、です。
日曜日に洋裁教室に通っていますが、去年収穫した種を何人かがもらってくれて蒔いてくれました。が、無事に育ったのは、先生の洋棉だけでした。

「綿できたら何に使ったらいいかなあ」
「紡いで糸にしたらいいですよ!」
「糸にしたら……何に使えるの?刺繍とか?」
「いやそれは難しいかなあ……。織るのは?」
「織らない織らない。糸にもしないしない」
というような会話をした記憶があるのですが。諸事情により1ヶ月近く洋裁教室を休んでいたら、先生は自分でスピンドルを作って紡いでいました(笑)。織りの先生から紡ぎ方を教わったそうです。
でもあんまりうまくいっていないと言うので、本日実演して、先生にもタクリで紡いでもらいました。
「こないだ教えてくれた人より、わかりやすいよ!?」
と誉めてもらいました(笑)。

でもなあ、洋裁を教わっていて思うのですが、先生はこの手のものの先生にしては珍しく、理屈派。織りの先生は、この手のものの先生に多い感覚派だったんじゃないでしょうか。それでいまいちかみあわなかったのでは……。
あとは思うに、あれです。できるようになるまで苦労した人ほど、できない人に教えるのは得意なんです、多分(苦笑)。自分が通ってきた道ですから!(爆)
労せずして出来ちゃった人は、どうしてそうなるのか、きっとわからないんです。説明が「てきとーにこうしてこうすると、ほらできた」って感じですものねえ……。

そして先生にタクリを貸してきました。近々買う!とかおっしゃってました。うまくいけばスピンドルを買うほどはまってくれた人3人目です。

1人目は小学校の同級生、2人目は職場の後輩(男性)です。まあ2人目はまだ買えてないようですが……。

参考用語
さ行:スピンドル
た行:タクリ

オブジェ

 2009-10-28
img540_DSCN1374.jpg

先日、栗の皮をむく間、これまでに紡いだ糸を蒸しました。
サフォークカシミヤ小豆染めメリノです。

で、その後、傘で重石をして干しています。

母はこの状態を、オブジェとして何故かことのほか気に入っているのですが、残念ながら先週から入院しているので、今回は見ることができません(苦笑)。

参考用語
か行:カシミヤ
さ行:サフォーク
ま行:メリノ

毛刈りでもらった毛を洗う

 2009-09-16
東京スピニングパーティーの毛刈りでいただいた毛を洗いました。
img519_DSCN1322.jpg

月曜の夕方から火曜にかけてつけおきして、火曜日の朝洗いました。
ゴミはけっこう残っているけれども、かなりふんわりふわふわ洗えたかと思います。

けっこう黄色いです。ステインってやつですね。(ポンタさんのホッチキスパーティーで教わりました。ダメージウールの一つ、黄ばみなどの洗っても落ちない色のことだそうです)
日焼けかなあと思っています。さて、これはどうしましょうか。濃色に染めるといいという、ポンタさんの教えでしたが……。
手持ちの濃色は……藍染め?紅花とか……、あ、サフランもある……(意外に染料も色々持っている私……)

参考用語
あ行:藍染め
さ行:サフラン、ステイン
は行:紅花

初めて知ったこの事実

 2009-09-16
東京スピニングパーティーの毛刈りでいただいた毛を一晩つけたので、朝洗って干しました。
その毛を見て父が言いました。
「オレ、子どもの頃羊飼ってたんだよなー」
母も初耳だったらしく、
「え、ヤギって言ってなかった?」
「ヤギと羊と飼ってたんだ。鋏で毛刈りして血まみれにしちゃってさー」

……血まみれはともかく、意外に私の血縁は紡ぎ関係につながっていたようです。伯母が嫁いだ先も棉育てていたそうですし。

ちなみに、父が刈った毛は
「紡げる人に糸にしてもらって、姉(上述の伯母)がオレのセーター編んでくれた気がする」
そうです。

ああ、ますます「あなたそのうち羊飼うんじゃない」と言われそうな予感が……。
# 東京スピニングパーティーでも言われたのでした。
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫