FC2ブログ

紙糸バッグのリメイク終了

 2020-09-24
6月に、購入した紙糸バッグの裏地を取り換え、ついでにポケットを作り、マグネットボタンもつけた話を書きました。
そして、紐も作ろうと思っている話も書きました。
さて、一昨日ようやく紐が出来上がりましたので、今日、ミシンで紐の始末をしました!

せっかくだから、斜めがけもできる長さにしようと思って、140cmを目指してたんですよね。

この本で、両サイドに角カンをつけているショルダーバッグの紐の長さが140cmだったので、140cmあればいい感じにできるんだろうと思って。
ちなみにこの本は、2000年初刷。私が持っているのが2006年の21刷。今でも本屋で見かけるので、超ロングセラー商品ですね。いい本だと思います。


まあでも紐ができてから合わせてみたら、1mでも斜めがけできそうだなーということで、一応長さ調節をするためにコキカンをつけて作ってみました!裏地もファスナーもマグネットボタンも手持ちのもので作りましたが、コキカンも手持ちのものです。だから、角カンは金属なのに、コキカンは黒のプラスチック。

出来上がりはこちら。
紐を長くしたショルダーバッグ
紐を長くすれば十分斜めがけ出来ます。

この状態でのコキカンの位置がこの辺。角カンにだいぶ近いです。しまったこれだけアップだと、紐の終わりの始末の粗がとてもよく見える!えーとミシンで何往復かしただけです!
コキカンの辺り

そしてコキカンを真ん中あたりにすると、斜めでなくかけるのにちょうどいい感じです。
紐を短くしたショルダーバッグ

うん、悪くないんじゃないかなー。…紐の最初と最後の始末を除けば(笑)。
スポンサーサイト



カテゴリ : バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)

永遠(大昔の行書創作作品)

 2020-08-31
ベッドの下から出てきた書作品、その三。写真を撮ったのはこれだけなので、とりあえずはこれで終了です。

大学歌を書く、というテーマだった年がありまして…みんなで大学歌の歌詞の中に出てくる言葉を書きました。
永遠
永遠。

当時、作品につけたひと言には、永遠なものなんてないというような、否定的なことを書いた気がします。

永は今見てもいまいち気に入らないけど、遠はいい気がするなあ…。

カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

臨書 王獻之 洛神賦十三行(大昔の楷書作品)

 2020-08-30
ベッドの下から出てきた書作品、その二。
これ、二枚で一つの作品です。
洛神賦十三行 1洛神賦十三行 2

書の世界で一番(多分)の有名人の王義之の、息子の王獻之の作品。
大学で楷書をテーマに作品を書いた年があって、その時にパネル表装で出したものです。
テーマ作品はみんなで揃えてパネルで出すことになっていたので、気に入っていてもパネル表装なんですよね…。

そう、気に入っているのです。まず「洛神賦」なのがいいじゃないですか(笑)。しかも十三行。中間の十三行だけが残っているので、そういう題名なのですが。
あと王義之の字は好きじゃないんですが、王獻之は好きです。まあ王義之の字は残っていないので、本物は好きかもしれませんがね…(誰かが臨書したものしか残っていない)。

気に入っていたので、変にこだわりました。
普段、臨書するときは元の作品の改行位置とか特に気にしないのですが、これは「十三行なんだから十三行で書きたい」と思ったんです。
で、書道の紙は一般的には全紙(66cm×133cm位)と、その半分の半折がよく使われます。(継ぐこともあります)
あと、全紙・半折ほど使われませんが、更にその半分の聯。あと全紙から聯を取り除いた、つまり全紙の3/4サイズの聯落ちがあります。
13行+落款で14行を書くには、聯落ちで7行ずつ書くのがいいな!…と思って、聯落ちの紙を買っちゃいました。売ってるの100枚単位ですからねえ。この作品書くのに練習で何十枚かは使ったと思いますが、残るの必至でしたけど、買っちゃいました!聯落ちで書きたかったので!!
あ、あと、これ字のサイズも、いつもと違いました。小筆で小さく大筆では大きかったので、多分中筆買ったんじゃないかな…。

昔書塾に通っていた時、先生が筆巻きに10本位の筆を入れているのを見て、なんでそんなに要るんだろう??と不思議に思っていたものですが。
大学で書道をやり始めてみたら、あっという間に筆が増えました…。穂先が効かなくなってくると新しいのを買うんですが、効かなくなった筆も、これで書く表現も捨てがたい、とか思って、残しておいちゃうので…。たぶん一番多い時で20本位あったんじゃないかな、筆巻きに。

この作品は、表装しなおすんだったら軸表装したいですね…。
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

天地の分かれし時ゆ…(大昔の仮名作品)

 2020-08-29
ベッド下を掃除したら、書作品が出てきました。片付ける前に何枚か写真を撮ったので、紹介します。
電子的に記録を残しておいたら、そのうちえいやっと捨てる気になるかもしれないし…。

大学で、二年生から書道関係の単位を取り始めました。これはその初年度。仮名作品を展示することになっていました。
当時、仮名…苦手だなあ…と思っていたので、姑息にも「万葉仮名にしちゃえ!」と、万葉仮名の歌を選びました(笑)。
全紙一枚なので、66cm×133cm位だと思います。

歌自体は有名なやつです。万葉集に入っている、山部赤人の歌。
天地の分かれし時ゆ…

天地の分れし時ゆ 神さ
びて 高く貴き駿河なる
不尽の高嶺を 天の原
振りさけ見れば渡る日の 影
も隠らひ 照る月の 光も
見えず白雲も い行き
はばかり 時じくそ雪
は降りける語り継ぎ 言ひ継ぎ
行かむ 不尽の高嶺は

ちょっと小さく書いてあるのが反歌です。
「田子の浦ゆうち出でてみれば真白にそ不尽の高嶺に雪は降りける」

直されたやつが、小倉百人一首にも収録されていますね。
「田子の浦にうち出でてみれば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ」

万葉集の方が、古っぽくて私は好きかな…。百人一首の方はなんか普通の言葉になっちゃった感が。ただ当時はこっちのほうが、洗練されていておしゃれ、だったのかなー。

なお、その後「…漢字より仮名の方が得意かも…」になったので、万葉仮名で作品を仕上げたのはこれが最初で最後です(笑)。


カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

大きいフクロウを使い切る

 2020-08-10
姉のフクロウスカートを縫った生地、4パネル分買ったので大きいフクロウは4羽いました。
スカートに2羽使い、バッグに1羽使いました。残り一羽で何か作れないかなー、このバッグなら作れるかも!と生地をキープしていました。

で、その残りで今までマスクとかティッシュ入れを作っていたわけですが。

この夏、とうとうキープしていた布で、バッグを作りました。
大きいフクロウ側。
フクロウショルダー1
小さいフクロウ側。生地にそれほど余裕がなく、一番上のフクロウは頭が切れています…。ごめんよ、フクロウ。
フクロウショルダー2
裏布はちょうど量が取れそうだったので、昔座布団カバーを作った時の余りです。

参考にしたのはこの本。

この中の三角マチの斜めがけショルダーです。
持ち手は表布で作ることになっていますが、そんな長い量が取れるほど布に余裕がなかったので手持ちの綾テープでお茶を濁しました。
付け方も本では外側に縫い付けるような作り方になっていましたが、綾テープだしなと思って、表布と裏布の間に挟み込みました。

高さ30cm、幅30cm、マチ12cm。どうかな、使いやすいサイズかな…。
例によって姉に押し付けるつもりです。
カテゴリ : バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)

鳥柄のキャミソールを何かにする3

 2020-08-09
鳥柄のキャミソールもラストワン。
最後はどうしようかなと思いましたが、つるして荷物入れにするなら長いのもあった方がいいかな、と、できるだけ長くしてみました。
鳥柄のキャミソール
ほとんど元のキャミソールサイズなので(裾の折り上げ部分で塗ってあるので、元より2cm位短いだけです)、キャミソール感が楽しめるかと…。

まあ、底を一か所縫っただけなので、もっと小さいほうがいいとか要望があったら、縫いなおします。
カテゴリ : バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)

鳥柄のキャミソールを何かにする2

 2020-07-27
「わーいファスナーつけなくていいんだー」と前作をサクサクと作ったものの。
「あれ?しかしファスナーつけてと言われて、ファスナーを買っておいたような…」と思い出しました。

探したらありました。薄ピンク1つと白2つ。うわー。ピンクもう縫っちゃったよ。今後何かで使うことあるかな…。

ま、まあ、あるんだから黄色のキャミソールにはファスナーつけてみようか!というわけでつけました。
ファスナーを付けたキャミソール
ちょっとわかりづらいですが、口のところにファスナーが付いています。

あと内側。折り返して両脇を縫うとポケットになるけど、内側になる裾の方が幅が広いので、中ででれーんとなっちゃう、と前回で学習したので、とりあえず縫った底を折り上げる前に真ん中で縫って、それから両脇を縫い留めてみましたが、あんまり意味ありませんでした…。
ファスナーを付けたキャミソールの中身

うーん、あと一個はどうしようかな…。
カテゴリ : バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)

鳥柄のキャミソールを何かにする1

 2020-07-26
何年か前?に姉から子ども用のキャミソールを3枚預かりました。
鳥柄のキャミソール
鳥好きな姉にお知り合いがくれたそうですが、着られるわけでもないので、何かにして、と。

まあ鳥柄のところだけ使うなら、どうとでもしようがあるなと思ったのですが…
「紐は切らないで」と。…いやバッグにするならこの向きの紐じゃない方がいいと思うんだけど…。
そのうえ「ファスナーつけて」と。

つまりキャミソールの形をそのまま使いたいっぽい。
えーファスナーつけるのかー、面倒だなーと放置してあったのですが。

先日姉がうちに来たので、そういえばこのキャミソールは、丈はどのくらいにする?(いやキャミソールの形をそのままにするなら下を縫い合わせるだけで縦長にするのかなあ、と思って)と訊いてみたところ。
紐をそのまま使うリクエストもファスナーを付けるリクエストも全く忘れたらしく、「この柄さえあればいい」と言い出したので、それなら簡単!と、着手しました(笑)。

あ、でも紐についてはそのまま棒に通して部屋の中でものを入れようかなーと言うので、そのままにすることにしました。

とりあえず一個め。
鳥柄のキャミソールを何とか1
このままだと伸びるので、裏全面に接着芯を貼り、底を縫って内側に折り上げました。
折っただけだとだらーんとするので、一応両サイドも縫いました。そうすることで、両脇にポケットが2個という状態になると思ったのですが…でも裾の方が上より広いので、ポケットがだらーんとしてしまいました。
うーん、まあよしとしよう…。
カテゴリ : バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)

耽閒遺形(大昔の篆刻作品)

 2020-07-08
前のがらくた織物工房の記事を少しずつ整理しているのですが。
PC内のバックアップ用のディレクトリに、多分アップしていないこんな画像がありました。
篆刻 おしたところ
大学3年の時に授業で彫ったものです。

「耽閒遺形」=かんにふけりけいをわする
清閑なる事にのみ心を寄せて、此身をも打ち忘れてしまふ【王中・元】

二寸印なので、わりとでかいです。
実物写真もありました。まあ比較対象がないので大きさはわからないですね…。
篆刻 石
実物は物置を探せばあります。この画像は2008年のようです。
ほかにも印はあるのですが、何故この印だけ画像があるのか…。

実物写真でとても白いところがあるじゃないですか。確か、片付け中に落っことして傷を作ってしまったんです。
それで、影響がないか押してみたんだと思います。
押したからついでにブログにあげようかなと写真をとって、PCには取り込んだものの、アップし忘れたんじゃないかな…。
(それとも違うブログの方にあげたのかな…)

ちなみに傷は影響なさそうですね。
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

端糸利用布でポケットティッシュカバー その2

 2020-06-22
端糸利用布でポケットティッシュカバー第二弾。

第一弾で予告した防水布のポケットを作るタイプです。こうなりました。
端布利用布でポケットティッシュカバー防水布ポケット付き

ポケットティッシュカバー2と同様、パターンレーベルさんのMサイズの型紙Aで作りました。
ポケット側はこう。防水布で、ぴんぴんするのでポケットのふたの周囲はステッチをかけました。
端布利用布でポケットティッシュカバー防水布ポケット側

織り地の厚みがありすぎるので、やっぱりちょっともこもこしますね。赤線が入っている方はともかく、紺の方はひっくりかえしたら重なる部分がほぼ重なってなかったし…。

デジカメカバーなんかは厚みのある生地でいいんですが、ポケットティッシュカバーとかはもっと薄地の方がいいかもしれません…。

カテゴリ : バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫