fc2ブログ

【オンライン講座】手織り入門lesson6 縮絨を楽しむスペース織のウールマフラー

 2024-03-31
入門編の最後の課題です。着手したのは1/14だったみたいですが、「あ、もうちょっとで終わりそう」って思った瞬間から気を抜いてずるずる遅くなりました。…ほかの課題もそんなことがあった気がします。ウサギとカメのウサギですかね…。

こちら縮絨前。
スペース織マフラー縮絨前
29ブロック織れました。テキストでは26ブロック織る想定(織れるだけ織る、とのことですが、多分、規定通り追っていたら26になるはずなのかなと)でした。…ちょっと詰めすぎかな…。
幅が大体34cm、長さが房を含まずで191cm。

縮絨後はこちらです。写真はまだ濡れています。幅が大体31cm、長さが房を含まずで172cm。縮みました。縮絨が苦手な自覚があるので、だいぶ気合を入れましたが、いいんじゃないかな…。
スペース織マフラー縮絨後

縮絨後のアップがこちら。縮絨のし過ぎに気を付けて!とのことでしたが、どうでしょう。まあ気に入ったからいいことにします。
スペース織マフラー縮絨後アップ

5月から開始して1か月1課題で6か月で終える予定をたてていたのですが、11か月かかりました。一応何とか年度内に終えました(別に、年度で切り替わるとかそういう講座ではありませんが、気分的に何となく区切りとして…)。

しかし、桜が咲き始めちゃったのですが。今年もうこのマフラーする機会ないかな(苦笑)。
寒い日があったら…(^^;。なかったら次のシーズンまでおあずけということで…。
スポンサーサイト



カテゴリ : まきもの トラックバック(-) コメント(0)

【オンライン講座】手織り入門lesson5 ウール3本取りで織るあったか帽子

 2024-01-08
織った生地を、今回は形作ってから縮絨するということだったので、縫いました。
並縫いと半返し縫いはまあ問題なかったと思います。(いや、半返し縫いは間違えて1cm分縫ってなくてあとで縫い足しましたが、何とかなったからセーフ)
あ、嘘。問題ありました。真ん中で印に綿糸を入れていたのですが、縫ってる間に片方抜けちゃいました…。
じっと緯糸を確認して、入れ直しました…。

あと、コメ結びとやらをするのですが、コメ結びがなんだかわかりませんでした。検索したら方言っぽい???
ボタンホールもまあまあ問題なく編めたのではないかと…。4/0号のかぎ針が、持っているはずなのに見当たりませんでしたが…。
このタイミングでボタンも縫い付けるのですが、サイズ調整になるというので、だったら最後につけた方がいいかなーと思って後回しにしました。

そしてポンポン作り。…高校の時に家庭科で帽子編んだ時に作ったのですが…苦手なのです。苦手な自覚があるので、大きめに作りました。揃えているうちに小さくなっちゃうはずなので…!
本体にボンボンをつけるときに、「あれ片方の糸を使うのを忘れたぞ…」となりましたが、ま、まあごまかせたのでよし?

この時点でこんな感じでした。
帽子縮絨前
大きいですが、シロクマのぬいぐるみにかぶせてみるとこう。
大ちゃんにかぶせてみた縮絨前の帽子

そして縮絨。縮絨も苦手な自覚があるので、指定通り掴み洗いをしましたがそのあと洗濯機でも3分洗いました。
…それでも縮み方がいまいちな気がするなあ…。

乾かしてから、かぶってみて、自分の頭に合いそうな位置にボタンをつけました。
こんな感じにサイズが調整されています。
帽子縮絨後

シロクマにかぶせるとこうです!
大ちゃんにかぶせてみた縮絨後の帽子

あとは自分で格好よくかぶれるかどうかですね…。どうもこうセンス良くかぶるとか着付けるとかが…センスがないもので…。

カテゴリ : 自織地で縫ったもの トラックバック(-) コメント(0)

織り地端切れで二つ折り財布

 2024-01-08

と条件がそろったので、裂き織り生地をはぎ取ったてづくりの素シリーズの2つ折りウォレットに、がま口の織り地の端切れを縫い付けました。
縫い付けたところ

端切れはちょうど、緯糸に変わり糸を使っていないところで、いまひとつ可愛くなかったので、赤糸を追加してみました。
微妙ですが、まあ、いいかな…。

赤糸を追加

ちなみに、内側はこうです。ちゃんとカードを入れるところもあって、縫い付けたり貼り付けたりするだけでオリジナル財布ができるのはいい、のですが。
てづくりの素シリーズ2つ折りウォレット

どうもこう、うまく縫い付けられず、ヘリのところに地が見えてしまっています…。どうやって縫えばよかったのでしょうか。これでもずいぶん頑張ったのですが…。
でも幸い、地の色が織り地と同系色なので、「まあいっか」とアバウトな気持ちになって、母にはこのまま使ってもらうことにします…。


カテゴリ : 自織地で縫ったもの トラックバック(-) コメント(0)

【オンライン講座】手織り入門lesson5 ウール3本取りで織るあったか帽子…の生地

 2024-01-04
大晦日に経糸の準備を始めて、年を越す直前に織り始めて、これを織って年を越しました。
そのあと二日・三日にちょっとずつ織って織り終わりました。
帽子用織り地全体
幅36.5cm~37.5cm、長さ74.5cmくらいかな。ほぼ指定通り…じゃないかな、と。
ただ、房は「13㎝くらいあるはず」とのことなのですが、片側の房は12㎝位になるかも。織り始める前に半回転するのを忘れたのです…。ま、まあ、無事に織れたのでよしとします!

帽子用織り地アップ
アップはこんな感じ。3本取りで3/cmで、糸替えもない平織りだったのでさくさくと進みましたが、脇がー整ってませんね…。

さて、これはタイトルの通り帽子になる予定なのです。どう帽子になるのか楽しみです。

--
2024/1/7 訂正。
房は、長い方の房が半分に切って13㎝位はあるはず、とのことなので、長い方が26㎝はあるはずで、短い方には言及されていませんでした!でも半回転し忘れたのは事実!!
カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

【オンライン講座】手織り入門lesson4 あじろ織のベンリーがま口バッグ

 2023-12-11
一か月前に織った生地で、バッグを仕立てました。

バッグ本体はこうです。
あじろ織りのバッグ地本体
口部分にピコット編みをしています。

内袋もつけました。ただし、内袋はミシンで縫いました…。本体にたてまつりで縫い付けるのは、しつけもしてちゃんと縫いましたよ!
あじろ織りのバッグ地本体の内側

そしてベンリーがま口の金具を通して出来上がりです。
あじろ織りのベンリーがま口バッグ
ベンリー口金、初めて見たときから使ってみたかったんですよねー。
金具を通すことでギャザーがよるので、ふっくらして可愛いバッグですね。

一見まともですが。まあ、出来上がりサイズが「長さ58cm、幅が32,5cm~34.5cm」って言ってるくらいで、まっすぐ織れていないんですよ。小さい方に合わせて接着芯を切って貼りましたが。
で、内袋は接着芯サイズに縫い代をつけたサイズで切ったので、本体と合わせようとしたら…まあ、大きいところとは合わない。…ごまかしました(笑)。

あと、あじろ織りもブロックのサイズが一定じゃなかったようで、ピコット編みは3ブロック分するんだったんですが、どこも3ブロック分ずつ編んだはずなのに折りたたんでみたら、合わなかったんですよね…。ピコット編みした部分の長さが。これもごまかしました…。

ベンリーがま口は、がま口部分が持ち手なわけですが、穴があったので「ここに何か通せばショルダーになるわけね」と思い、手持ちのショルダーストラップをつけてみました。

穴にこのように金具を通して…、
ショルダー紐をつけた部分

はい、ショルダーバッグの出来上がり。黒ですが合わなくもないですね。
ベンリーがま口バッグにショルダー紐を追加

8月の終わらせる予定だった課題が12月になりました…。入門コースの課題はあと2つですが…今年はもう無理かな…。

カテゴリ : 自織地で縫ったもの トラックバック(-) コメント(0)

【オンライン講座】手織り入門lesson4 あじろ織のベンリーがま口バッグ…の生地

 2023-11-07
大変遅くなっております。おかしい、8月に終えるはずだった課題なのに…。確か9月初めにやり始めて「この分なら1か月遅れでいけそうだな!」と思ったのですが…、それで気を抜いてしまいましたね…。

織り上がり。長さ63cm、幅は35cm~36cmです。
あじろ織バッグ生地織りあがり
左側が織りはじめ、右側が織り終わりです。
cm4のあじろ織でけして難しくはなかったのですが、詰まり方が気に入らず何度か織り直しました。特に前半は。
後半は慣れてきたというか、あまり気にならなくなっただけかも…?

織り上がり後のアップ。
あじろ織バッグ生地織りあがりアップ

ネクタイ結びをして水通ししてアイロンかけた後。長さ58cm、幅が32,5cm~34.5cm。縮みましたね。
あじろ織バッグ生地水通し後

アイロン後のアップ。…織り上がり後の方がよれていない気がしますね…。いや多分ネクタイ結びをしたせいで、織りはじめと織り終わりはちょっと引っ張られてまっすぐじゃなくなってるんじゃないかな、と…。
あじろ織バッグ生地水通し後アップ

ひとまず洗う前より目は詰まっています。はい。

カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

【オンライン講座】手織り入門lesson3 はさみ織りのファスナーポーチ

 2023-08-16
仕立てました!
片面。
はさみ織りのファスナーポーチ 片側
反対の面。
はさみ織りのファスナーポーチ 反対側
アレンジ課題でしたが、内袋もちゃんと付けました。
はさみ織りのファスナーポーチ 内側

課題を写真で見た時はもうちょっと小さいポーチかと思っていたのですが、出来上がったら思ったより倍位大きかったです。A5のノートが入る位。何を入れようかなー。


(2023/8/17訂正)ポーチ自体がA5位のサイズで、中に入れられるのはB6ノートでした。自分が使っているB6のスケジュール帳をA5だと勘違いしていました…。
カテゴリ : 自織地で縫ったもの トラックバック(-) コメント(0)

【オンライン講座】手織り入門lesson3 はさみ織りのファスナーポーチ…の生地

 2023-08-13
天秤式のWSの宿題に寄り道をしました(いや、やらないとやり方を忘れそうだったんです…)が、オンライン講座をためています。これは七月にやるつもりだった分です。

天秤式を思うと、経糸の準備がもう本当に簡単で簡単で…。咲きおり、好き。

織り上がり。縫い代分の白い所を除いて、長さ49cm、幅は19.5cm~20cmです。
はさみ織り 洗う前
指定通り11か所にはさみこみましたが、最初10か所に入れるんだと勘違いして、糸をもう切っちゃったんですよね。5個め位を挟み込んでいる時に気が付きました…。
しょうがないから、10個に割り振りなおすか…と思って、織り進めていたら。7個目を挟み込もうとした時でしたでしょうか。「あれ、残りが…足りない。緑の糸が9個分しかない…」
落っことしたかと思って、探しまくりましたが見当たらず。

11個を9個にするのはちょっとなあ…と思って、手持ちの刺繍糸から緑の糸を出しましたが、元のとかなり違う色でした。
仕方がないので、元の緑の糸を割って、元の緑2本+刺繍糸(6本撚りのうち)1本を合わせて新たな糸を作りました(苦笑)。
写真で言うと、右側5本が元々の緑の糸、左側6本が刺繍糸入りの緑の糸ですが、まあそんなに目立たないんじゃないかな。
なお織り戻って6個目まで抜いて、糸を作り直しました…。

洗って干した後の写真がこちら。全然色が違く映りましたが、こちらの方が本物に近いかな。ビタミンカラーで可愛い。
サイズは長さが46cm、幅は18.5cm~19cm位になりました。アイロンかけたらもうちょっと増えるかな。
はさみ織り 洗った後

それはそれとして、写真を撮るときのよけ方が粗雑なので、上には前回天秤式で織ったやつ、下にはちょい前に裂き織りした座布団カバーが写っていますね。それどころか下の写真には私の足まで写っている…。
カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

天秤式 足踏み織機の使い方講座の宿題

 2023-08-08
色糸効果サンプル…なので、サンプル織りかもしれませんが、テーブルセンターとして使えそうだから、しきものとしてアップします(笑)。
色糸効果のテーブルセンター
なかなか可愛い。
あと糸がいいですね!つやがあるコットン。触り心地も気持ちいいです。


使用織り機
東京手織機 KH-900
作成期間
2012/7/22~8/7
29cm前後×68cm。房を含まず。

平織りの最初が幅30.5cm位なのですが、平織りの終わりは29cm位で、綾織りに入ったら幅28cm位でした…。

平織りも綾織りも最初は緯糸を白黒一本ずつ交互、次は白黒2本ずつ交互、最後は白黒4本ずつ交互に織りました。

WSで、平織りも綾織りも白黒一本ずつ交互をちょっとずつ織っているので見比べてみます。

まず、テーブルセンターの平織りの最初。…ものすごく経糸の張り方や招木を間違ったまま織っていたあたりですが…織れてますよね、一応。
平織り部分
さて、WSで織った平織りはこちら。打ち込みの強さは違いますが、無事同じように織れたようです。
WSでの平織り部分

綾織りの最初の部分はこれです。実は何度か戻って織り直していますがそのかいあって綺麗に織れている、ような。まあ、経糸も招木もちゃんとした後ですしね…。
綾織り部分
WSで織った綾織りはこちらです。というか平織り部分も映っちゃってますが。最初すっごく打ち込みが強くて、指摘されて途中から気を付けて加減して織っています。平織りも打ち込みが強かったはずですが、平織りでは特に注意されていません。平織りより綾織りの方が打ち込み緩い方がいいのかも。というか、斜線が見えるので、打ち込み具合が綾織りの方がよくわかるというのもあるかも。
柄は、WSで織ったのと家で織ったのでは反転しています。緯糸を黒から入れたか生成りから入れたかの差です。
柄自体は同じになっているようなので間違ってなさそうです!
WSでの綾織り部分

家の織機では加減しなくてもこの程度の打ち込みでした。WSで使った織機だともっとがんがん打ち込めます。
家の織機ではがんがん打ち込むものが織れないかというと…、多分、筬かまちの位置の調整とかでもうちょっと強くできる…んじゃないかなと思っています。

なお、WSで使った天秤式織り機より、家の織機の方がでかいので、経糸の無駄糸分が多くなるはずで、ちょっと織るのに経糸が足りないのではないかと懸念しましたが、「足りなかったら後でつけたそう」と思って織ってみたところ、無事ギリギリ足りました!
してみると意外と無駄糸分は少なくて済むのでしょうか。検証は必要ですね…。

ひとまず、無事家の天秤式で織れた!めでたい!
これで、織ってみたかった幅広のものに挑戦できます!あと複雑な組織のものとかもいけますね!
カテゴリ : しきもの-テーブル トラックバック(-) コメント(0)

【オンライン講座】手織り入門lesson2-2 千鳥格子のお薬手帳…ができるまで

 2023-07-22
織った生地に接着芯を貼ったところ。
この画像を見るとよくわかるんですが、左右をまっすぐ織れていませんね。アイロンかけても限度がありました。
接着芯
全般的に外側の方が幅広です。今回二枚合わせて編むので、幅が合ってないと編みにくい…。端同士を合わせるとぶかぶかしますし。大きい方に合わせたら当然、二枚合わせるのは無理だし。結局小さい方に合わせて編む(大きい方は編み包まれる)ことで誤魔化しました。誤魔化し、重要。

ところで、ピコット編みでは悩みました。どうもこれだとなにか違うような気がして。
ピコット編み
いや、巾着の時も何か違うような気がしたのですが。でも動画を見るとこうやっている気がする…。

幸い、職場に行く日で、編み物が得意な同僚に久しぶりに会えるのがわかっていたので、持って行って昼休みに見てもらいました。
普通のピコット編みならこうだと思う、と教えてもらって編みました。なるほど。
教わったピコット編み

しかし帰宅して動画を確認すると、やっぱり引き抜く場所が違うし、出来上がるピコットがもっと山形。
というわけで、編み方が悪くて、見た目が悪いだけかも?と、全部もう一回やり直しました。あまり改善はしなかった…かも(苦笑)。

そして出来上がりがこちら。違う部屋で写真を撮ったら照明の違いかこんなに色が違くなりましたが、同じものです(苦笑)。

お薬手帳と、診察券と保険証を入れてみましたが、織ったサイズが大きかったので、布が余り過ぎています。
お薬手帳入れ内部

これを折ってゴムで留めるとこうなります。Lesson2お出来上がりの写真を真似てずらして留めましたが、大きすぎたため、ずらさなくても半分に二つ折りできます。カード入れ部分を縫ってなければこのまま新書版の本のブックカバーになりそうです。
お薬手帳入れ外側

しかし、この上下を編んで形作る方法は…いいですね。編んで形作れば、縫い代分が中に折り込まれてゴワゴワするとか考えなくていいですし。更に言うと、何センチ幅の布を織ってあれを作りたいとか思ってもなかなかジャストサイズに織れなかったりしますが、足りなかったら細編みで増やせばいいんですね!!(笑)
カテゴリ : 自織地で縫ったもの トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫