FC2ブログ

未確認織物体

 2019-07-20
直そうと思っているバッグとか服とか、織ったから何かに使おうと思っている布とかが入っている箱があります。作業待ち箱とでもいいましょうか。
先日突然思い立って、その箱を整理というか中に何が入っているかリストアップを始めました。

で、「サンプルで織ったものとか、何かにしようと思ってこの箱に入ってるけど、とりあえず、織ったものとしてファイリングしてもいいんじゃない?」と思って、ファイリングしました。
まあ元々、組織図とかがある場合には印刷したものをファイリングしてあったので、そこに追加で入れて行く感じです。ついでにこれまでに織った物リスト(Excelで作成)も更新しました。参考資料はブログです。

で。今まで2冊だったファイルが3冊になりましたが、まあファイリングは大体できたのです。
ファイリング
織り1995~2004、織り2005~2014、織り2014~の三冊です。

しかし。一個余ったものが。
二重織りサンプル
分かりづらいと思いますが、グレー地と水色地の二重織りのものです。
房がくっついていますが、他は水色の平織とグレーの平織です。

この布があるのは前からわかっていて「何に使うかなー」と思っていたのですが。
今回、これまでに織ったものと、サンプルなどの生地を合わせていったら…これを織った記録がないんです。
この布があるのは知っていたけど、考えてみれば何で織ったかも全く記憶にありません。

いやでも「ただの平織の二重織りにするよりピックアップでもすればよかった。それか倍幅とか袋織りとか」と思ったような記憶はあります。
だから多分織ったのでしょう。

ですが、ブログを「二重織」で検索して出てきた記事の中にはなかったんですよね。
更に、「サンプル織り」のところも一通りチェックしましたが、ないんですよね。
これだけ単独で織るとは思えないので、この経糸をかけて何かを織って、余った部分でこれを織った可能性も高いと思って、「織ったもの」のところも見たのですが…こういう色合いの二重織りの物は見当たらなかったんですよね…。

という話を友人にしたら「未確認織物体だね!UWOだね!」…と言われたので、今回の記事のタイトルがこれ。

いやーなんでしょうね。これ…。


参考用語
さ行:組織図
た行:経糸
な行:二重織り
は行:倍幅、平織り、袋織り

スポンサーサイト
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

ノープランですが筬通し

 2019-07-16
前回、綾をとった糸、のうち短めの方。何を作るというプランは特にないですが、とりあえず「センチ…12位かな」とセンチ6の筬に丸羽で筬通ししました。
筬通し527本。

いやだって…あのままでもまた絡んでしまいそうな感じが…。
あ、で、通した結果、527本でした。センチ12だと44cm幅位ですね。

ところで写真に写っているのは、通し終えたばかりの状態で、道具も全部一緒に撮影しました。
そうです。とうとうRO-GAN鏡が…。いやーレーシックした後「近くが見えづらくなりますから100円ショップで買っておくといいですよ」って、言われて、100円ショップで買ってはあったんですよ。小さい字のものを読むときに使っていましたが…。織りは今のところ大丈夫だったんですけどねえ。そんなに細かいもの織ってなかったし。

でも、センチ12とかだとないと辛い…。

参考用語
あ行:綾、筬
ま行:丸羽


カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

何を織ろうかな

 2019-07-10
2018年1月に入手して、2019年9月に組み立てた天秤式織機のKH-900。実はまだ織っていません(苦笑)。

いいかげん何か織ろう。最初は試しだよなあ。捨て糸分もわからないし。何を織ろう…そういえば、織り機と共にもらってきた、整経済みの糸があったなー。あれを使うか。

と思ったのですが。いただいてきた糸がこういう状態でして。
いただいた糸
同じ長さに揃えられてはいるし10本ずつ束になっているっぽい…が、10本ずつの束が絡まっている、というか…。
これはー綾をとるしかないかな…と思って、糸束をほぐして綾を取りました。

綾をとった糸
上の方はちょっと短めで500本位ありました。
下の方は眺めで30本位ありました。

よくほぐしたな、私…。(ほぐす途中でものすごく絡んだ分の糸については、糸ほどきが趣味(としか思えない)の母にも手伝ってもらいましたが…。というかほどいていたら、「私もやる」ってとられました…)。

そしてこっちにかまけた結果、本題の「天秤式織機で何か織ろう」は全く進んでいません。もうこんな細い糸じゃなくてもうちょっと太い糸で試し織りしようかと思いますが、試しに織るには何がお勧めですかね…?

綿の糸を経糸にして、裂き織りでもいいかなあ…。

そしてほぐしたこの糸は何にしたらいいのでしょう…。
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

織り始めました

 2019-04-25
経糸の準備はじわじわとしていたのですが。
すっかりWeb版の組織図を書く方に気を取られ、のびのびになっていました。

織り始め

10年前の組織図をとりだしてきて、織り始めました。なんと糸も10年前と同じ糸、同じ色です。もう廃番になっている糸ですが、気に入っているので、廃番になったあと、見つけると買っていました。

でもこれを織ったらさすがにもう在庫がないなあ。…青は。

はい、色違いの糸も買ってあります(笑)。
そんなことだから、糸が何十キロもたまるんですよねえ…。使わなくちゃ。
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

藍の発芽と我が家のベランダ

 2019-04-07
3/23にベランダのプランターなどに藍の種を蒔きました。
概ねなんでも発芽が遅いので気長に構えていたら、今日4/7。一つのプランターからは芽が出ていました。…6個くらい出てるんですが、写真だと全然わからないですね!でも一応記録として残しておきます。
発芽した藍

ついでに今のうちのベランダの一部。右二つはお隣からもらったローズゼラニウム(たぶん)が根付いて増えたもの。これもう一鉢別のところにあります。その前の白い鉢がバジルです。使い方がいまいちわからないのですが母が欲しがるんですよね…。とりあえず時々収穫して乾燥させています。青い花が咲いて突っ立っているのがラベンダーです。これも母が欲しがるのですが、大体何時もダメにするので、もう相当立派になっていた苗を買ってきました…。たまに使います。
その前が私の希望でタイムです。コモンタイムがたまたま店頭になくて、クリーピングタイムとやらです。コモンタイムもしょっちゅうダメにしましたが、これはどうかな…。その隣のこんもりしたプランターはアップ写真を。
ベランダの植物群
ハコベとホトケノザです。12月にお墓のあるお山からハコベをもらってきたのが根付きました。ハコベは姉んちのインコが食べるので育てようと思ったのですが…ホトケノザの方がより元気ですね(笑)。お花が咲いて可愛いです。
はこべとほとけのざ
白い椅子の上に載っているのは、クレソンとパセリ。クレソンは母が好きで見かけると買うのですが、一度にそんなには食べられないので、割とダメにしがち…。で、鉢植えを見掛けて「育てれば、日々ちょっとずつ収穫すればいいんじゃない!?」と買ってきました。パセリはいつもは種から育てるのですが、今年は安易に走って苗買ってきました。ちなみに左側にプランターがもう一つあるのが見えますが…3/30にとってきたハコベです(笑)。根付いたようです。このサイズのプランターは棉用に使っていたのですが、今年はもうちょっと大きいのを新調したので、余っているのです。じゃあインコのためにハコベを増やすかと!(笑)
クレソンとパセリ
最後にこれは家の中ですが、ローズゼラニウムを切ったもの。家の中の方が温かいからか、こちらはもう花が咲いています。
部屋の中
あ。左下にリカちゃんが写ってる…。右のはドライフラワー化したスターチスです。
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

3D織り機

 2019-03-27
カード織りについて色々調べたりしていたので、これはもうやるしか、と思って、今週は昼休みにカード織りをしています。
準備を終えていよいよ今日から織り始めました。

何センチか織れたので、若者に「これはカード織りってもので…」と説明をしたところ、いい子なのでちゃんと相手をしてくれたのですが、「へー!面白い!なんかそのうち3Dプリンターで複雑なものを織れそうですね!」とどこからそういう発想になったのかよくわからないことを言い出しました。

いや、カード織り自体は、最近の物じゃなくて何千年も前からあるんだけどね?

しかし、そのあとネット検索をしたらしく、「もうありました!」と見せてくれました。

コットン・ウール・紙を3Dプリントして靴底を織り上げる「3D織り機」 - GIGAZINE

これは…3Dプリントなの???
織りなの?編みなの?(いや文中「編み」と言っているところが…)

ともあれ元が毛糸なのに、構造によって強度が色々変えられるところが面白い…!

2014年の記事ですから、もう実際に製品になってたり、しないですかね。

ちなみに検索したら2015年にこんなのもありました。
服作り用の3Dプリンター「OpenKnit」が登場

こちらは2016年かな。織りなんだか編みなんだかわからぬ記事ですが。
ニット製品を出力可能な3Dプリンタ

でもやっぱりこういうのも3Dプリンターって言うんですね。何が何だか…。
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

カード織りのこと

 2019-03-22
先日、Weavy(Windows版カード織りデザインツール)を見ていて、「矢印の三角がどっちについているかに関わらず、\と/が一本一本の向き(S字かZ字か)を表しているのかなと思った」と書きましたが。

誤解のしようがないと褒めたiOS用「カード織りデザイナー」の説明を見ると。
…これものすごくわかりやすいから引用させてください…!
カード織りアプリから


「あ、固定側があっちで、カードのどっちからどっちへ通すかが\か/なのかー」とすごく納得。
カードの表を右にするか左にするか、固定側から通すか人間側から通すか、とかで矢印は変わる!それに振り回されちゃいかん!重要なのは線の向きだ!!図での線の向き=糸の向きだ!

と思ったのですが。Weavyとカード織りデザイナーで、私が持っているカード織りについて載っている本を検証した結果、次の2山に分かれました。

カード織り分類
左が糸の方向が線の向き=糸の向きだった本。ちなみにWeavyとカード織りデザイナーもこちらです。


右はそうではなかった本です。


右側の本はどういう意図で\と/になってるんだ??と疑問でしたが。
LAUTANAUHATのある絵を見て「あー」と思いました。この本、フィンランド語なので書いてある文章は全然わからないんですが、図がものすごくわかりやすいんですよ。
フィンランドの本
見えますかね。7aは、右から左に通していますが、その場合、カード自体が\の向きになるから\って書いてあるんじゃないかなーと…。

まあでも、Weavyもカード織りデザイナーも糸の向きが図の線の向きなので、私は今後それに則ろうかなーと思います。
カード織りのテキスタイル・ストラップづくりやLAUTANAUHATに載っている柄も、ツールでは、斜め線を逆にするだけで、同じように使えますしね!!

そういえば今回検証に使っていて、カード織りデザイナーだと、8種類の回転パターンしか選択できないなーという点をちょっと不便に思いました。Weavyはそこら辺は自由です。

あ、検証のついでに。
Weavyの日本語版とカード織りデザイナーは、カードが四角で、全部まとめてまわす、基本的なカード織り対応ですが。
その他の方法について載っている本もあります。

カードが四角ではない=穴が4つではない。
  • 紐を織る

一部のカードだけ回転を変える
  • 手織り大全(アルファベットなどが作れます)

ひねり
  • SPINNUTS No.81からの抜粋
  • LAUTANAUHAT(垂直軸ひねりが載っている気がします…)
  • 糸から布へ(説明だけですが、斜線軸ひねりなんていうのまで載っています)


どれもまだやったことがないので、いずれ試してみたいです。(しかしこれらを図案で表し、更にツールにするとしたらどうすればいいんでしょうね…。まずはやって理解しないと…)
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

工房部屋を更に片付け

 2018-11-05
どうもこう、気が付くとつい片付けをしてしまう悪癖が…。
いや、片付けといえば「悪」じゃないだろ?という感じがしますがね。
そこがミソです。

やることがいっぱい⇒なんかやる気がしない⇒片付けなら悪いことじゃないから自分にも言い訳がつく

っていう感じで片付けている気が…。

片付けるから、成果はあるのですが、やろうと思っていたこととかやらなくちゃいけないことは減らない…。

土曜日も、ついうっかり文房具を移動させて片付けたのですが。
日曜日に「いや待て、どうせなら最終系に近づけた方がいいのではないか?」
…と思ってつい…、前回語っていた通りスチールラックを一つ、ウォークインクロゼットの中に入れました。
11/4の工房部屋

ウォークインクロゼットの中にスチールラックが入るようになったのは。
土曜日にかなり「衣料支援プロジェクト」とかに古着(稀に新品)を渡してきたからです。

そして空いた部分に作業台を広げることが…可能でしょう多分。型紙を作りたいので作業台を広げたいんですよね…。
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

工房部屋の片付け大体終盤

 2018-10-13
KH-900の紹介記事がほとんど工房部屋の紹介記事と化していましたが。
あれは奥の壁は棚、手前の壁は机、真ん中に織機、にこだわった配置だったのですが。よろしくありませんでした。
KH-900の左右にゆとりが少なすぎて。奥の棚から物を出したければKH-900を左に押し、机の前に座りたければKH-900を右に押さなくてはならなかったのです。

そういうわけで配置を考え直し、今度は織機を2台手前の壁に並べて置いてみました。
…そうしたらKH-900の下の床に傷がついていました…。ああ、あんな重いものを左右に動かすから…! フローリング化1年未満にして傷だらけ…。

それはともかく織機を並べると勿論織るのには支障がない感じですが、当たり前ですが机の置き場がなくなります。
そもそも、置きたいものに比して壁の量が少なすぎます。
ちなみにこの時点ではFAX複合機を載せたキャビネットを織機に並べて置いていました。元々居間にあったんですが、何故か居間にあると電話がつながらなくなったので。しかし、織機に並べて配置した際「…あれ?もしかして配線がおかしい?」と気が付き、配線を変更してみたところ、居間でも本体が使えました!!というわけで、FAX複合機は工房部屋に置かなくてよくなりました!

FAX複合機をのせたキャビネットは(元々机の下に置いていたものなので、FAX複合機がなければ机の下に置ける)置かなくてよくなりましたが、それにしても物がおさまりきらない。。。
ルミナスのスチールラックを一個、ウォークインクロゼットの中に入れるか…。今はウォークインクロゼットは半分位父の遺品が詰め込まれているから入れるに入れられないが、ものが減れば入れられるだろう…。しかしすぐものが減るわけじゃないしなー。何とかそれをやらなくてももうちょっと片付く手がないかなー、、と考えていてひらめきました。

「あ!窓の脇にルミナスのスチールラック一個ちょうど入るじゃん!」

というわけで手前にスチールラック一つと織機を二つ並べようかと考えたのですが。
奥の壁って釘や画鋲が打てないんですよね。手前の壁は画鋲が刺さる貴重な壁なので、作業用の机は手前の壁側にあった方がいい…(ミシン糸を整理したものをつけられるので…)。

かくして試した結果、こうなりました。
模様替え・奥
織機は奥に二つ並べた!!
ろくろ式はともかく天秤式はここを定位置として、今後はあんまり押したり引いたりしないぞー!
そして写真右側に写っているものがいずれウォークインクロゼットの中に入れたいスチールラックです。

で、手前の壁側はどうなったかというと、、、
模様替え・手前
スチールラック1個と机二個が並びました!机の上は奥から、ハンディールーム・家庭用ミシンとロックミシン・咲きおり・直線ミシンが並びました。
家庭用ミシンは月曜日に伯母の家からもらってきたものです。いや、「(老眼で)見えなくて使えないから捨てる!」と言うので勿体ないからもらってきました。まあ、ロックミシンではなくジグザグしたいときもありますしね…。

そして真ん中の床が空いたので、作業台を広げることもできます。せっかく作業台を買ったので使いたいですしねえ。

そんなわけでようやく工房部屋がしっくりきました。
でもまだウォークインクロゼットを片付けて、スチールラックをしまわなくちゃ…。
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

マザー牧場でいただいた毛

 2018-04-08
マザー牧場でいただいた毛はこちら。
マザー牧場でいただいた毛洗う前
たいてい、作業の取り掛かりが遅い私ですが、これについては割とすぐ洗いました。
というか洗剤を入れたお湯に一晩浸け置いた位ですが、それだけでもほら!
マザー牧場でいただいた毛洗ったあと
驚きの白さ!
茶色い羊じゃなかった!(笑)

しかしやっぱり作業の取り掛かりが遅いので、ブログにアップするのが20日以上経ってからという…。
いや、紡いでからアップしようと思っていたのかもしれない…。そんなのを待っていたら、何年後に(おい)なるか…。

なので、洗った時点でアップしておきます(苦笑)。

カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫