FC2ブログ

Sサイズタンクトップ

 2010-08-02
前回の失敗を胸にSサイズタンクトップに再挑戦しました。

型紙は前回と同様、
ロックミシンで作る大人のおしゃれソーイング (Heart Warming Life Series Kurai Muk)ロックミシンで作る大人のおしゃれソーイング (Heart Warming Life Series Kurai Muk)

by G-Tools

からとったものです。ただ……どうも4本ロックが前提になっているみたいなので、3本ロックミシンしか持っていない私の場合、縫い方はこれに従わない方がいいみたいですね。
というわけで、
カット&ホームソーイング―ニットファブリックでぴったりフィットカット&ホームソーイング―ニットファブリックでぴったりフィット
水野 佳子

by G-Tools

この本も参考にしました。

できあがりはこんな感じ。
DSCN1740.jpg

前回の画像と比べても明らかに衿ぐりが小さく出来上がっています。気をつけたかいがありました。気をつけた……って何をしたかというと、ストレッチ接着テープを衿ぐりと袖ぐりに貼りました。……まあテープの幅が広すぎて、縫い代からはみ出たりしましたが。ご愛嬌ということで!着たら見えませんし!!(次回から気をつけるとします……)

母に着てみてもらったところ、無事、肩から落ちることもなく着ることができました。でも、上述のテープの幅とか、ほかにも色々とミスをしました。もう2枚位作れば勝手が掴めそうな気がするのですが……。

SSサイズTシャツ 2

 2010-07-18
母が「Tシャツがない~」と訴えるので、作りました。

DSCN1723.jpg

前回作ったTシャツの型紙を使いました。ただ、最終的に丈が型紙より10cm位短くなっていたので(洗濯のせいかなあ)、最初はロングTシャツのつもりで長めに作ろう……、と10cm長くしました。

型紙をこれからとったので、参考資料もまたこの本です。
カット&ホームソーイング―ニットファブリックでぴったりフィットカット&ホームソーイング―ニットファブリックでぴったりフィット
水野 佳子

by G-Tools


タンクトップの時にのびてしまったのにこりたので、本では身頃にストレッチテープを貼るだけですが、見返しにも接着テープを貼りました。
その甲斐あってか、衿はのびることもなく、まあまあ綺麗です。

ただ試着してもらったところ、頭を通すのがギリギリでした。テープのせいで、伸びが悪いのか、生地のせいか……?
まあギリギリでも着られるので、今回はこれでよし、次回の課題としたいと思います。次回はVネックにしようかなあ。

SSサイズパジャマ 夏物

 2010-06-20
ユザワヤさんでまたしじら織りを安売りしていました。3.5m 980円だったかな。
ほとんど意地のようにまた買いました。前に買ったの、まだあるんですが、まあ色違いを。

そうしたら、母が「夏物のパジャマが欲しい」と言い出したので、「ちょうどいい布があるよ!」と言って、しじら織りで作ることにしました。

型紙は前回のを流用。夏物なので上着丈と袖丈は短くしました。ズボンの丈は逆に長くしました。冬物のが短いと言われていたので。
DSCN1702.jpg
DSCN1705.jpg

出来上がりはまあまあかなあと。
でも、一日じゃ作れませんね。二日はかかりますね……。パジャマばっかり作り続けたらそのうち一日で作れるようになるでしょうか……。

タンクトップ

 2010-06-12
前に母のTシャツを作った布がちょっと余っていました。どうにかSサイズのタンクトップなら布が足りそうだったので、母のタンクトップを作るべく、先週の土曜日に型紙の用意と布の裁断までしました。

ちなみに参考にした本は
ロックミシンで作る大人のおしゃれソーイング (Heart Warming Life Series Kurai Muk)ロックミシンで作る大人のおしゃれソーイング (Heart Warming Life Series Kurai Muk)

by G-Tools

です。ロックミシンソーイングの本、何冊か持っているのですが、意外にタンクトップ(本ではキャミソールと記載されていましたが)って載っていないんですよ。この本には私が求める形のタンクトップが載っていました。

さて、今日、ミシンでまず衿ぐりを縫ってみたところ……「……この本、作り方間違ってるよね??」というところがありましたが、それはさておき。バイピング布をつけた時点で気がついたのですが、衿のところが伸びてしまっています。母が着たら肩落ちるよね、という具合でした。
どうもバイピング布をつけるときに、伸ばしてしまったのかも……。もっと詰め気味につけなくてはいけなかったのかも。
あと、キサラのパンツを作った時並に伸びないよう気をつけて縫う必要があったのかも。

DSCN1695.jpg

しかしめでたいことに、私のサイズにはぴったりでした……。Sサイズの型紙なのに……。おかしい……。いや無駄にならなくてよかったですけど。

まあ衿ぐり始末は次回の課題ということに……。

魚柄の絣シャツ

 2010-03-01
数ヶ月前、丸山染織さんの魚柄の絣シャツにとても惚れ込みました。
が、肩幅や腕の長さが定型外なので、女性もののシャツは大抵着られないんです(だからいたしかたなく、洋裁を習いにいっているのですが……)。男物のMサイズで作ってもらおうか、でも作ってもらって着られなかったらショックが大きい……。
と、悩んでいたら、丸山染織さんが「布地でお譲りしましょうか?」と言って下さいました!

そんなわけで、可愛い可愛いお魚柄の布地を、丁寧に丁寧に縫いました。
DSCN1497.jpg
DSCN1498.jpg

始めたのが10月だったと思うのでまる5ヶ月かかりました。洋裁教室でしか縫いませんでしたしね……。その教室自体、何回か休みましたしね……。
でもまあ、これから着るのにちょうどいい時期のように思います。今日早速着て行きますよ!

ちなみに、そもそも丸山染織さんのHPを見つけたのは、綿糸の紡ぎか何かを検索して、だったと思います。「自分で織って、シャツを作っている人がいる……!しかも紡いだ糸でも挑戦をなさっている!ひえー!」と驚いたものです……。
--
(2010/3/13追記)
背中の画像も追加します。
DSCN1500.jpg

しじら織りの七分袖シャツ

 2009-09-22
しじら織り、といっても私が織った布ではありません。
5月10日のコットンの日に安売りしていて買った布地です。
まあ安売りについてはその後納得の行かない出来事がありましたが……。
おかげで作っている間、時々、お店への不信感を思い出してましたが。

それはさておき、このようなものができました。
img522_DSCN1330.jpg

割と定番型だったので長袖でもよかったかも、と思いました。シャツとしても、羽織ものとしても使えそうです。
しじらなので、すっきり薄く、夏に最適だと思います。……出来上がったら夏が終わってましたが。今月中に何とか一、二度は着られるでしょうか。

ちなみに「あー私、好きなのね、こういう色……」という感じですね。ブログの色合いとも同じじゃあありませんか(笑)。
洋裁教室でちまちま作っていたわけですが、できあがったシャツを着た時、教室の面々にも「すっごく、らしい」と言われました。

さて、洋裁教室で次に作るのは、「長袖シャツ」です。またシャツ?って感じですが、今度のシャツは特別です。
丸山染織さんの、魚柄の絣シャツがもんのすごく気に入っていて「いいなあ、これ。でもサイズがなあ……」と呟いていたら、布地で譲っていただけたのでした。
そんなわけで次回は魚柄の絣シャツ。先生にも布地を見せて「次はこれでシャツを作りたいです!」と訴えてOKをもらっています。ちなみに先生も布地を気に入っていらっしゃいました。
……でも、鋏入れるの怖いから、仮縫いまではまず別の布でやろうかな(苦笑)。

参考用語
か行:絣
さ行:しじら織り

生意気なTシャツ

 2009-06-24
img469_DSCN1123.jpg

洋裁教室で1.5ヶ月ほどかけて自分のTシャツを作りました。
そんなに時間がかかったのはTシャツなのに、仮縫いをしたせいです。……まあそのせいばかりでもありませんが。ほかにもVネックなこととか、途中でミシンが反乱を起こしたりとか……。

できあがったのを着て見せたら母に「まあ、Tシャツなのに、生意気にダーツがある!」と言われました。
いやー先生がダーツを入れましょう!っておっしゃったんですよー。

テーラードジャケット

 2009-04-28
前に作ったベストとパンツと同じ生地で、ジャケットを作りました。
img446_DSCN1054.jpg

そういうわけでスリーピースになりました。

ところで洋裁教室で作っていたのですが、7ヶ月かかりました。苦節七ヶ月。しかし生地の厚さから言って、ちょうど着るのにいい時期?

ちなみに出来上がった時、先生に「仮縫いの時にはどうなるかと思ったけど」としみじみ言われました。つまり補正がもんのすごく大変だったんです……。補正しきれず、あきみせ袖にするつもりが、あきみせにならなかったりしています。袖丈が足りなくて……。いつものことですが。
「いつものこと」なのは、原型がおかしいのだろうと、ただいま原型修正中です。測り間違ったとか原型を作り間違ったとかじゃなく、私の肩の形とか配置の問題だと思われます。

……しかし「まずはアイロンかけて皺をとれ」って感じですね、この写真……。

余談ですが、洋裁教室の誰も、雄鶏社自己破産のニュースを知りませんでした。皆、その筋の人だから絶対知っていると思ったのに!……テレビのニュースとかではやらなかったのでしょうか……。

自分のパジャマ

 2009-01-10
一年前に母のパジャマを作りましたが、実は自分の分の生地も買ってありました。で、11/24からちまちまと作っていたのですが、本日、染める傍らがーっとズボンを縫って、ようやく出来上がりました。

img402_DSCN0824.jpg

母のパジャマはSSサイズだったので、市販の本の型紙から更に小さく型紙を作り直した上、仮縫いをして補正をしましたが、自分のは「大きいサイズで作っておけば着られないことはないさー」と、Lサイズの型紙通りに作って……着てみたら、ちょっと大きめでした。おや珍しい。もしかして男物のLサイズの型紙で作ってしまったでしょうか。
まあ、着られるのでよしとします。

ところで、オレンジの花柄という、到底私らしくない柄ですが。本当はこちらで母のパジャマを作るつもりでした。で、母のパジャマの生地が私のパジャマになる予定でした。……布の量が足りなくて逆になったのでした。

SSサイズパンツ

 2008-11-19
img392_DSCN0796.jpg

洋裁教室で自分のズボンを作った時、母が「いいわねー、私も自分のを作るわ。型紙だけ作ってよ」と言いました。

で、洋裁教室で先生にも見てもらって、母体型の型紙を作りました。生地も同じのでいいというので購入し、布の裁断までして「はい、印つけからやってね」と母に渡しました。

そうしたら、印のつけ方について、母と私の間で意見の相違が発生し、結果として母が「わからないわ!いや!作らない!!」とゴネ始めたので、結局、印つけ(教室では切りじつけでしたが、手を抜いてチャコペーパーでやりました)、仮縫い、補正、本縫いまで、全部私がやりました……。

ちなみに教室で作ったのには、ポケットがあり、ベルト通しはありませんでしたが、母のリクエストで、ポケットはなしで、ベルト通しがあります。ベルト通しは市販のズボンを見て、見よう見まねで作りました。

まあ、何とか出来上がりました……。
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫