fc2ブログ

抱きまくらの傷をふさぐ

 2022-08-30
学生の頃、誕生日にもらった犬の抱きまくら。抱き…といっても普通に枕にして使ってることの方が多いですが。
ふと気が付いたら、顔が裂けてました!しかも鼻すじ(?)のところと目の下の二か所も!
顔が裂けた
よくよく見たら腕の付け根も切れてる!
腕の付け根

えー、腕の付け根は縫い合わせたところがほどけた感じだからともかく、裂けた顔はどうやって直せば…。大体こんな色の糸持ってないぞ。
と思ったのですが、大昔に買った透明の糸(というか買った時はミシン糸だと思って買ったんだけど、うちのミシンではどうあがいても使えなかったし、感じからすると実はテグスな気がします…)がありました。
とりあえず、縫い合わせてみました。
傷をふさぐ
まあなんとか穴がふさがったのでよし。

しかし、布が弱くなっているのは確かで、頭頂部とかも薄くなっていて、近々はげになりそうですが、どうしましょうかね…。
スポンサーサイト



カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

静電気対策腕輪

 2022-02-13
12月に車を買い替えました。前のインサイトは11年半乗っていて…この間に車はすっごく進化しましたね!
何しろ、キーをポケットに入れたままドアが開けられるしエンジンもかけられる。

困ったこともありまして。静電気がすっごいんです。
いやー前の車もそれなりにバチバチしていましたが、静電気防止紐を車のキーホルダーにつけていましたし、ドアを閉めるときには金属部分を触らないという手も使えたのです。

しかし、キーは出さないからキーホルダーつけても意味がないし、ドアを閉めるときに取っ手のところを触らざるを得ないので、どうしてもばちー!っと。

…車に触る前にコンクリート壁とかに触るといいって聞いたんですけどね。コンクリートとも静電気が起きるんですけど。私の体おかしい…?

それはともかく、少しは低減させるために、また静電気防止糸で何かを作ろう。キーホルダーにしても意味がないんだから、腕輪か!…と思い立ちました。

静電気防止糸のベルアートNo.88は、まだちょっと残ってます。赤と黒があるのですが赤はあと6mしかありません。2色で、片方が6m以内でできるもの…組紐かな!と思って、この本から探しました。

…ねじりのミサンガというやつが、2色だしミサンガだしいいかなーと思って、それを組むことにしました。
組み方はZ-凹凸ねじり12本組。初めての組み方です。
ねじりのミサンガ
やっぱり同じ調子で組めていないところがあったりしますが…そんなに目立たないかな…。

それよりもアップにするとよくわかりますが、
ねじりのミサンガアップ
組み始めを指定通り別糸でとめておいたのですがとめかたが悪かったのか、糸がぷっくりとしてしまいました…。

さて、そして出来上がったのでさっそく右腕に付けて車に乗りました!
痛い目には遭わずに済みましたが、効果があったのか、距離が短かったのでそんなに帯電してなかったのか、どっちかわかりませんね…。

まあでも、冬場は腕輪を付けて車に乗ることにします!
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

パスケースの紐

 2022-01-13
昨日、「19日までに出来上がるかな」とか言っていたのですが。できてしまいました。
ながら作業ができるのって強いですね…。水曜日に東大王の特番、木曜日にプレバトの特番を見ながらやっていたら組み切りました。前回も昼休み一週間だけで作り上げたらしいから出来上がりが早いものなのですね。
パスケースの紐

アップにするとこう。
パスケースの紐アップ
使ったのは刺繍糸5番。ちょうど青系3色が4m、4m、8mあったので、2mを二本ずつ使いました。
パスケースが青系だから、青系で組みたかったのですが、ちょっと明るすぎる青系になってしまいました。黒が入るとよかったかなと思いますが、手持ちの糸でやったのでしょうがないです。

参考にしたのは、こちらの本。

ばっちり十二金剛組(12Z-スパイラル)のパスケースの紐が載っています。本ではフラックス赤白青3色を1m2本ずつ使って20cm組んでいますが、長さは倍くらい欲しかったので2mずつ使いました。42cm位できたので想定通りですね。

あと、どのくらいの長さの糸を用意したらいいかとか、今回最初と最後に使った巻き上げ結びのやり方とかは、こちらの本も参照しました。

今は亡き雄鶏社の本。わかりやすいです。

糸を大体平均して分けたところから組み始めたはずなのに、途中で糸と糸の間が狭まっていたので、どこかで間違えていると思います…。一度は「…多分どっかで間違っている」と思って、戻ってみて間違えた場所を発見。やりなおしたのですが、それより前でも一回間違えているはずです。
途中で紐のねじり角度が違っているので、そこらへんでしょうか。
それともねじり角度は、単純に手の強さで変わっただけなのでしょうか…。
よくわかりません。

そんなわけで相変わらず完璧な紐が組めませんが、まあ、パスケースを19日に使えるから良しとします…。
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

中学校で作ったブックエンド

 2020-12-31
居間の模様替えをしたのですが、結果ベンチチェストの上で使っていたブックエンドが空きました。
私「これ、捨てていいよねえ?」
母「えー捨てるの?」

いや実は、中学の時当時の技術科の授業で私が作ったものなんです。
ブックエンド
こだわりポイントはサイドの板がNになっていること。イニシャルで本当はRとNにしたかったんですが、Rは難しかった…。そして両サイドNに。
ブックエンドサイド
あと当時はノートとか教科書が最大でB5だったので、B5がおさまるようにして、上の奥側は細い板を渡してました。よくみると釘跡が…。だったら上全部を板にしていっぱいものを載せられるようにすれば?ってものですが、材料に限りがあったんですよ。何センチ×何センチの板を切って作ることになってたんです。で、それで足りるようにみんな計算して板を切った。
ブックエンド上
ただ、板の厚みを計算に入れ忘れてB5が入らないサイズになっちゃったんですよね(爆)。
それで使えないから、その後あげた父が上の木をとっちゃったんだと思います。

まあ木工系苦手なので…出来はお粗末です。釘打ったら木が割れちゃったのでボンドで塗ってあるところもあるし。
よく今まであったな…!…ってなものなのですが、とうとう廃棄するかなー…。

どこか置くところがあったら生き延びるかもしれませんが。
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

永遠(大昔の行書創作作品)

 2020-08-31
ベッドの下から出てきた書作品、その三。写真を撮ったのはこれだけなので、とりあえずはこれで終了です。

大学歌を書く、というテーマだった年がありまして…みんなで大学歌の歌詞の中に出てくる言葉を書きました。
永遠
永遠。

当時、作品につけたひと言には、永遠なものなんてないというような、否定的なことを書いた気がします。

永は今見てもいまいち気に入らないけど、遠はいい気がするなあ…。

カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

臨書 王獻之 洛神賦十三行(大昔の楷書作品)

 2020-08-30
ベッドの下から出てきた書作品、その二。
これ、二枚で一つの作品です。
洛神賦十三行 1洛神賦十三行 2

書の世界で一番(多分)の有名人の王義之の、息子の王獻之の作品。
大学で楷書をテーマに作品を書いた年があって、その時にパネル表装で出したものです。
テーマ作品はみんなで揃えてパネルで出すことになっていたので、気に入っていてもパネル表装なんですよね…。

そう、気に入っているのです。まず「洛神賦」なのがいいじゃないですか(笑)。しかも十三行。中間の十三行だけが残っているので、そういう題名なのですが。
あと王義之の字は好きじゃないんですが、王獻之は好きです。まあ王義之の字は残っていないので、本物は好きかもしれませんがね…(誰かが臨書したものしか残っていない)。

気に入っていたので、変にこだわりました。
普段、臨書するときは元の作品の改行位置とか特に気にしないのですが、これは「十三行なんだから十三行で書きたい」と思ったんです。
で、書道の紙は一般的には全紙(66cm×133cm位)と、その半分の半折がよく使われます。(継ぐこともあります)
あと、全紙・半折ほど使われませんが、更にその半分の聯。あと全紙から聯を取り除いた、つまり全紙の3/4サイズの聯落ちがあります。
13行+落款で14行を書くには、聯落ちで7行ずつ書くのがいいな!…と思って、聯落ちの紙を買っちゃいました。売ってるの100枚単位ですからねえ。この作品書くのに練習で何十枚かは使ったと思いますが、残るの必至でしたけど、買っちゃいました!聯落ちで書きたかったので!!
あ、あと、これ字のサイズも、いつもと違いました。小筆で小さく大筆では大きかったので、多分中筆買ったんじゃないかな…。

昔書塾に通っていた時、先生が筆巻きに10本位の筆を入れているのを見て、なんでそんなに要るんだろう??と不思議に思っていたものですが。
大学で書道をやり始めてみたら、あっという間に筆が増えました…。穂先が効かなくなってくると新しいのを買うんですが、効かなくなった筆も、これで書く表現も捨てがたい、とか思って、残しておいちゃうので…。たぶん一番多い時で20本位あったんじゃないかな、筆巻きに。

この作品は、表装しなおすんだったら軸表装したいですね…。
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

天地の分かれし時ゆ…(大昔の仮名作品)

 2020-08-29
ベッド下を掃除したら、書作品が出てきました。片付ける前に何枚か写真を撮ったので、紹介します。
電子的に記録を残しておいたら、そのうちえいやっと捨てる気になるかもしれないし…。

大学で、二年生から書道関係の単位を取り始めました。これはその初年度。仮名作品を展示することになっていました。
当時、仮名…苦手だなあ…と思っていたので、姑息にも「万葉仮名にしちゃえ!」と、万葉仮名の歌を選びました(笑)。
全紙一枚なので、66cm×133cm位だと思います。

歌自体は有名なやつです。万葉集に入っている、山部赤人の歌。
天地の分かれし時ゆ…

天地の分れし時ゆ 神さ
びて 高く貴き駿河なる
不尽の高嶺を 天の原
振りさけ見れば渡る日の 影
も隠らひ 照る月の 光も
見えず白雲も い行き
はばかり 時じくそ雪
は降りける語り継ぎ 言ひ継ぎ
行かむ 不尽の高嶺は

ちょっと小さく書いてあるのが反歌です。
「田子の浦ゆうち出でてみれば真白にそ不尽の高嶺に雪は降りける」

直されたやつが、小倉百人一首にも収録されていますね。
「田子の浦にうち出でてみれば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ」

万葉集の方が、古っぽくて私は好きかな…。百人一首の方はなんか普通の言葉になっちゃった感が。ただ当時はこっちのほうが、洗練されていておしゃれ、だったのかなー。

なお、その後「…漢字より仮名の方が得意かも…」になったので、万葉仮名で作品を仕上げたのはこれが最初で最後です(笑)。


カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

耽閒遺形(大昔の篆刻作品)

 2020-07-08
前のがらくた織物工房の記事を少しずつ整理しているのですが。
PC内のバックアップ用のディレクトリに、多分アップしていないこんな画像がありました。
篆刻 おしたところ
大学3年の時に授業で彫ったものです。

「耽閒遺形」=かんにふけりけいをわする
清閑なる事にのみ心を寄せて、此身をも打ち忘れてしまふ【王中・元】

二寸印なので、わりとでかいです。
実物写真もありました。まあ比較対象がないので大きさはわからないですね…。
篆刻 石
実物は物置を探せばあります。この画像は2008年のようです。
ほかにも印はあるのですが、何故この印だけ画像があるのか…。

実物写真でとても白いところがあるじゃないですか。確か、片付け中に落っことして傷を作ってしまったんです。
それで、影響がないか押してみたんだと思います。
押したからついでにブログにあげようかなと写真をとって、PCには取り込んだものの、アップし忘れたんじゃないかな…。
(それとも違うブログの方にあげたのかな…)

ちなみに傷は影響なさそうですね。
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

Tシャツマスク90%

 2020-05-30
前回作ったTシャツマスクは大きかったので、90%くらいで作ってみようかなと思っていました。
そうしたら今日100円ショップで「吸水速乾」なドライTシャツとやらがあったので、「あ、これで作ってみよう」と思って買ってきました。

90%で印刷して、貼り合わせて切り抜き…半分に折った生地にクリップでとめて、ロータリーカッターとはさみで裁断。
さっそくはめてみたところ…フィット感はいいっていうか、ぴったりしすぎな位というか…。口の形とかまで見えててちょっと嫌。まあフィルターはさめば見えないでしょうからいいとしますか。

しかし、耳にかけようとしたときにいやな音が。
90%Tシャツマスク1枚目
この写真は一回はめてみた後のものですが。右の耳のところが明らかに細すぎます。指定通り2枚重ねて、型紙に沿って直接切ったために多分布地を引っ張りすぎていて、細くなったのでしょう。
で、耳にかけた順番のせいか、右側ではなく左側の耳のところが…
90%Tシャツマスク1枚目アップ
このように伝線して布ではなく糸になってしまいました…。縦に一本下まで伝線しているところもありますしね。上の写真ではよくわかりませんが右側の耳のところも伝線しています。

半分に折って、型紙に沿って切ったからズレてしまった、そして細くなりすぎたから伝線したのかなと思い、もう一枚、今度は型紙を広げて置き、型紙に沿ってチャコペンで印をつけてから(それなら伸びない状態で印を書きますから)、ズレないし細くならないかなと思って、それでもう一つ作ってみました。
90%Tシャツマスク2枚目
細くはなっていませんが…アップにすればよくわかる通り、やっぱり伝線しています。まあ使えないことはないかも…。
90%Tシャツマスク2枚目アップ

うーん、しかし、100円のTシャツでは材質が悪かったですかね…。切って使うことなど想定していないでしょうからしょうがないかもしれませんが…。
それとも90%では小さすぎたのか…。
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)

Tシャツマスク

 2020-05-18
マスクはもう十分かな…と思ったのですが。
暑くなってきた昨今、「夏向けのマスクを!」という話を見るようになりました。

そうか、確かにHKマスクをしていたら熱中症になりそう…。
編みマスクカバーだったらレースだから少しはマシかもしれませんが。

で、夏向けのマスクには、夏用の速乾性のあるTシャツ生地がいい、という話を見かけました。
裂き織り用にとってあるTシャツの中にあるかもなあ、速乾性のあるTシャツ。

と思って、Tシャツマスクの作り方を検索。
http://resistant.jp/app-def/S-102/wordpress_web/2020/04/22/myom/
お、この記事で紹介しているマスクがいいかもしれないぞー。

そして「そういえばTシャツを作った時の端切れがあるなあ…」と思って、さしあたり端切れで作ってみました。
こちら、材料と道具。
道具と材料
仮にも縫う人なので、裁縫用のクリップも裁ちばさみもあり、ロータリーカッターも二種類(小さい方は耳のところの穴を開けるのに使いました)、クリップも裁縫用があります。今回使わなかったのですが、チャコペンもあります。
が、提案元では、普通のはさみで、ダブルクリップで、色鉛筆でした。特別な道具を使わなくても作れるということですね。

そしてこちらが出来上がったものを広げたところ。
出来上がり
型紙に合わせて切るだけ。型紙さえ用意してしまえば、あっという間に作れます。

提案元では特に記載がありませんが、一応フィルターもはさんでみました。キッチンペーパーです。挟むところがあるのがこの型紙を選んだ理由の一つです。(挟む用ではない、、、のかもしれませんが)
フィルター挟んでみた

できあがったマスクをしてみたら、どこも伸ばすことなくつけてしまえました。伸びないということは…フィット感がいまいちなんですよ。
型紙のサイズは一種類しかないので、多分、成人男性用なのでしょう。成人女性用だったら90%位で作ればいいですかね…。

そして、夏物マスクを作るのが目的だったはずなのに、端切れで作ったので特に通気性がいいわけではないマスクができあがりました…(笑)。
ま、まあ試しだし!次の90%サイズも端切れで作るかな(苦笑)。
カテゴリ : その他 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫