fc2ブログ

小物用に麻糸を織る

 2022-05-03
写真が絹糸と一緒なので、カテゴリ「絹糸・絹布を染める」に入っちゃってますが、すさまじく大昔に麻糸を桜で染めたり、楓で染めたりしました。…2001年のことらしいです。

ですが、ブックカバーもいいし、カードケースもいいし…とか思うと、何用に使うかを思い切れずにずるずると…。

しかしあるとき「いやそんなに量があるわけじゃないし、幅が少なくて済むものを長めに織っておいたらいいんじゃない?」と、カードケース幅に合わせて整経しました。…いつやったんだっけなあと思ったら2020年の2月でした。それからでも2年経っている…。

13.5cm幅を目指して、10/cmで135本。
桜5、楓5を13.5回繰り返す、と思ったのですが…。思った以上に楓で染めた糸の量が少なく。1番液で染めたものと2番液で染めたものを両方使いもしたですが「この分だと緯糸の分が全然なくなる…」と思って断念。
桜5、楓5を9回繰り返して、残り45本は桜で染めた糸だけです。

織りあがりはこちら。
麻・桜楓染め全体

仕上がりサイズ
大体14cm×357cm(房は含まず)
経糸総本数
135本
整経長
440cm
通し幅
13.5cm
筬目
5目/cmの丸羽
使用した糸(経糸・緯糸共)
麻 25/2番手 精錬を桜の葉で染めたもの、楓の葉で染めたもの。緯糸には人参の葉で染めたものも。
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
作成期間
2020/2/2~2022/5/3


最初のうち、緯糸は桜だけで織ってました。これが大体105cm。
麻・桜楓染め縦縞

でも残した楓の糸もあるにはあったので、途中からチェックに。50cm。
麻・桜楓染め格子1

多分、楓の糸が尽きたので、「あー人参で染めた糸もまあ色が近いから…」と思って入れた気がします。ちょっとこの辺から色が違う。166cm。…そんなに人参で染めた糸残ってたかなあ…。こっちが楓かも???
麻・桜楓染め格子2

最後、いよいよ薄黄色系の糸が尽きたので桜だけで織ろう…としたけど、いまいちつまらなかったので、糸の籠をあさったら「おお?ちょっと濃いけど楓で染めた糸があったぞ。っていうか経糸の真ん中に使ってるやつじゃん」と思って、ランダムに入れてチェックにしたもの、36cm。
麻・桜楓染めランダム

うーん、写真ではよくわからないですね。もっと明るいところで撮ればいいのか??

生地はぽこぽこしていますが、レースにしようとした、とかではなく、単純に経糸のゆるみの問題でこうなりました…。
経糸が、ところどころ伸びたり切れたりして緩みまして…。重石をしたりしたのですが、ちゃんと平らには戻せなかった。
これから洗って、干して、アイロンかけますが、それで直らなかったら「味」ということにします…。


さて、アジャカで織りたいものがたまっているので、経糸準備しなくちゃ…。
スポンサーサイト



カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

端糸の利用

 2020-06-14
カード織りをすると…経糸の余りが出ます。それなりの長さがあるのでとっておいたのですが、最近カード織りばっかりしていたので、かなりたまってしまいました。
使おう!と思いました。

以前に端糸で織ったものデジカメ入れにしていて、けっこう気に入っているので、また端糸を緯糸にして織ろう!と決めました。

経糸をルーバフォルコット(EX)の白で2m位張って、心の赴くままに織りました。途中、在宅勤務の都合で咲きおりを片付けたりして進捗が止まりましたが、6/14に「なんだ、あとちょっとで織りあがるじゃん」と気が付き、咲きおりを出してきて織りきりました。

全体像はこちら。135cm位織りました。幅はところにより13cm~14cm。緯糸の長さによって、両脇に出しっぱなしだったり、中に入れこんだりしているので、幅が一定しませんでした。気を付ければいいものを…。
左下にあるマットの方が目立ちますね…。フィンランドの工房で購入した裂き織りマットです。今は工房の椅子の下に敷いています。
端糸利用全体

全体像でいうと左側。織り始めの辺りです。緯糸を両脇に出しっぱなしにしていたら、幅がゆったりしちゃった感じ。あとで緯糸同士を結び付けてちょっと幅を一定にしました。
端糸利用左側

真ん中あたり。緯糸は基本中に入れこんでいますね。この辺はまだ使った端糸が長かったようです。入れこんだ結果織り幅が狭くなってきた辺りです。
端糸利用真ん中

全体像で言うと右側。織り終わりの辺り。この辺は端糸が短かったのでしょう。入れこんではいますが端っこがたくさん表に出ていますね!写真を撮った後、始末はしましたが。どうしてもちょっとは出ちゃうので…味ですよ。味。
端糸利用右側

出来上がり寸法(房を含まず)
長さ135cm×巾13~14cm
経糸総本数
76本
整経長
約2m
通し幅
15cm
筬目
5目/cm
使用した糸
経糸:ルーバフォルコット(EX) 白
緯糸:ルーバフォルコット(EX)、経糸用綿糸、コットンキング(多分)、刺し子糸など
組織
平織り
使用織機
クロバー咲きおり
作成期間
2020/2/22~6/14

今年からバレットジャーナルのようなことを開始してみたので、作成開始日がはっきりわかりました(笑)。

一応作るものを決めてこの幅で織ったのですが…幅が色々だからなあ…さて…。

参考用語
あ行:筬目
か行:カード織り
さ行:裂き織り、整経長
た行:経糸、通し巾
は行:平織り
や行:緯糸
カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

100円織り木枠で絵織り・少し修正

 2017-08-21
とっても「何かがチガウ…」感が強かったので、修正を試みました。

まず、嘴の肌色を外し、その辺りの背景色も外しました。良い子は真似してはいけない…かもしれません。本当は上も全部外して織りなおすべきかなあ…。
外す

背景色を針に通し、空いた隙間を全部埋める。元の糸をそのまま使ったので、面積が広くなる分糸が足りなくなるかと思ったのですが。不思議なことに糸は余りました。まあ、脇を見ても元よりゆるみが少ないですね。あと、往復回数が少ないかな。。
埋める

そして嘴辺りをレモン色で刺す。これは鬼柚子で染めたメリノを紡いだ糸を使いました。ランダムチェックマフラーに使ったのの余りです。
刺す
今回は元絵よりも、嘴っぽく、を心がけました。
あと目の位置も若干変更。
刺しついでに、頭のところとかも、ちょっとぼさぼささせてみました。

少しましになったんじゃないかなーと思うのですが、どうでしょうか…。
カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

100円織り木枠で絵織り。何かがチガウ…

 2017-08-20
100円ショップで織り木枠を買ったので、姉に鳥イラストを描いてもらいました。
それでボチボチ織ってましたが…、
モモイロインコ…ぢゃない!
チガウ…これはモモイロインコじゃない…。

ちなみに姉に描いてもらった元絵はこちら。まあ、こんな細かいのは無理だなとは思ってましたが…、それにしても違い過ぎる。
モモイロインコ元絵

敗因はまず、経糸密度2/cmってところ。前述しましたがそんなに細かいのはちょっと…。嘴が特にダメですね!実は上嘴と下嘴別々に織ったんですよ?そんな苦労も全然わからないうえ、オウム・インコ系の嘴じゃないー。

あと、色。中央のピンクはカラー原毛を紡いだもので、こたつ敷マットを織った余りですが、まあこの色はいいかなと思います。
グレー部分。モモイロインコのグレーはもっと薄い気が。オーバーショットでボレロを作った時のグレーとかが薄いと思ったのですが、使ってみようと思うと意外に濃い。結局手持ちの中で一番薄いと思われるグレーを使いました。第二回北欧旅行時にスウェーデンで買ってきたゴットランドの糸です。
それから嘴。指定は肌色orクリーム。これは2011年1月に小豆で染めた糸で、かろうじて肌色かなと思ったのですが…。なんか浮いています。
浮いていると言えば頭部。薄いピンクか、なかったら白でいいよと言われたので、木枠講習でいただいた雲や牛用の白を使ったのですが。白すぎました!でも薄いピンクは…オレンジがかったのならあるんですが、モモイロインコっぽい「…これ本当に自然の色なの?」みたいなピンクは手持ちにない…。

それから、目はあとで針で刺したのですが。場所が悪いなあ。何度かやり直してようやく丸い目になったんですけどね。もう一回やり直すか…。あ、目の黒はサンプルのカラー原毛を紡いだものです。

ちなみに地の色は、ピックアップのサンプルを作成するときに当時の先生がくれた糸、の余り。地の色もいまいちだったかな…。

そういうわけで、嘴は刺す方向でやり直したいですね。色も変えたい。目の位置も変えるかな…。それで少しはましになるかどうか…。
カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(2)

残り糸で小物用の布地

 2015-06-14
クッションカバーにするつもりだった麻布がボロボロになってしまったため、残った糸でクッションカバーを作ろうかなと思って整経を始めました。
が、計算を間違っていて、残糸では全然足りませんでした。
そして、結局、ボロボロの麻布でクッションカバーを作りました…。

で、残糸を、、、整経をやり直して小物用に12㎝幅位で織ることにしました。
藍染の糸が切れまくったのですが、どうしても藍がメインのストライプを作りたかったので、藍が多めの経糸。緯糸は途中で足りなくなるだろうからそうなったら、人参の葉染めの糸を入れて、チェックにすればいいや、と考えました。

上述通り、整経をやり直したわけですが。
何か筬通しも丸羽にするつもりだったのに、うっかり間違えてやり直したような…。
綜絖通しを終えて、巻取りを始めたら、経糸が抜けてやり直したり…。いやー、実はそろそろ織り始めて19年らしいのですが(織り頻度が低いですけどね)、巻取り中に経糸が抜けたのは初めてです!

そんなこんなで準備に苦労した今回。織りに入ってからは順調…と言いたいところですが、やはり藍染の経糸は切れました。今回は10/cmの筬の片羽ではなく、5/cmの丸羽にしたんですけどね。まあ、丸羽にした分、クッションカバーよりは切れ方がマシだった気がします。
あとクッションカバーの時は途中で経糸を継ぐのを諦めたのですが、今回は諦めずに全部つなぎました。そんなわけでボロボロ感はそんなにないのではないかと…。

出来上がりはこちら。全体像。
DSC00222.jpg

ストライプ部分。渋いですね。
DSC00220.jpg

チェック部分。可愛いですよね。
DSC00221.jpg


仕上がりサイズ
12cm×107cm(房は含まず)
経糸総本数
122本
整経長
170cm
通し幅
12cm
筬目
5目/cmの丸羽
使用した糸(経糸・緯糸共)
麻 25/2番手 精錬を人参の葉で染めたもの
麻 藍染め 25/2番手
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
作成期間
2015/5~6月
参考書籍(模様を決めるのに使用。一応両子持ち大名にしたんですよ)
『暮らすように織りを楽しむ』


107cm…何が作れますかねえ。名刺入れとか財布とかを作りたいと思っています。


参考用語
あ行:藍染め、筬通し
か行:片羽
さ行:整経、綜絖
た行:経糸、通し幅
ま行:丸羽
や行:緯糸

東京スピニングパーティーで「木枠で絵を織る」に参加

 2014-09-30
今年の東京スピニングパーティーは浅草橋での開催でした。
翔工房さんの絵織りは前から素敵だなあと思っていたので、ワークショップの「木枠で絵を織る」には大変心惹かれたのですが。
・北欧からの帰国の翌々日。眠そう。
・ほぼ一日がワークショップで終わるため、ほかの出店を見られる時間があまりない
ということで参加をどうしようか悩んでいました。

結局申し込みました。
まあ案の定、時差ボケ?か眠くて…緯糸を入れながら何度か居眠ってしまいましたが…(すみません)。
スピニングパーティーのほかの出店については、昼休みに急いで一巡りしました。
よかったのか悪かったのか、北欧帰りのおかげで物欲がなく…
欲しいと思うものがなく…(いや、少し悩んだものはありましたけどね…)、
30分位回っただけで、気が済みました。

というわけで、ワークショップで織ったのはこちら。
会場で絵ハガキサイズの額に試しに入れてくださったのを撮影したものです。
DSCN4208.jpg

「額に入れると牛が牛に見える!」が私の感想…。

近くの席の方は、入れなくても牛に見えるわよ!と慰めてくださいましたが…。

そうそう、隣の席の方は、ヨハンナ・グリクセンのバッグとポーチをお持ちで、
元々フィンランドで織り体験(一週間コース。日本語OKだったそうな)をして織りにはまったそうで、
私がヘルシンキで買ってきたカード織りの本をご存じで、「前に見た時はカード織りをしていなかったので買わなくて、カード織りをするようになった今後悔してるんですよ!あれ、いい本ですか?やっぱり入手しようかなあ…」とおっしゃっていて、
とてもフィンランドを思い出す存在でした(笑)。
ちなみに織りやカード織りだけでなく、今では紡ぎもされているそうで、ひま研さんの一頭分の毛を購入されていました。

さて、帰宅後家にあるはがき用の額に入れて撮影したもの。ガラスが入っているので、反射でどうも自分が写ってしまい…苦労して撮りました。
DSCN4218.jpg

まあ、牛はどうにか牛に見えるかな…(この風景にパンダはいないだろう)。

綴れ織りサンプルでタペストリー

 2014-08-20
作品と言ってはいけないような気がしますが。

DSCN3882.jpg

もとは【教室】綴れ織りサンプルです。今から17年前、織りを始めてそんなに経ってないころに、サンプルで織ったものです。

で、ずっとそのままだったのですが、このたび「…とりあえず、棒と紐でもつけてみるか」と思い立ち、手持ちの枯枝と紐をつけました。
つけたといっても、後ろは安全ピンでとめただけだったりしますけどね!

で、自分の部屋の扉につけてみました。「RIKO」とあるのは、知人のお子さんたちが作ってくれたものです。スヌーピーは、昔大阪のユニバーサルスタジオに行った時にお迎えしたものです。


…まあよくわからないけど、一応、タペストリーっぽくなったし、私の部屋の扉っぽくなったのではないかと…。

森のファブリック

 2014-05-11
ゴールデンウィーク中に、というか5/5に、買ってあったキットを一つ織り上げました。
多分、一番最初にStudio A Weekさんで通販した時に買ったキットなので、けっこう前から手元にあります…。
オンラインショップにはもうないキットみたいです。

織りあがり、全体像。
dc051102.jpg

織りあがり、アップ。
dc051101.jpg

一見、毛っぽいのですが、実は麻でけっこうしっかりした作りです。

ただの平織りですが、ステッチを入れることで、イメージアップしています。
ステッチも白しか目立ちませんが、アップの方ならかろうじてわかるかな。一応茶のステッチも入っています。

ステッチは、チェーンステッチの応用版みたいな感じ?織り始める前は「面倒そうなキットを買ったもんだなあ…」と思ったものですが、やってみたらなかなか楽しかったです!そういえば小学校の家庭科でやった時、チェーンステッチ割と好きでした。

さて。絶対これは母の好みだろうと思っていたら、案の定母は気に入りました。「テーブルに敷いたらいいじゃない!」と言います。
確かに、テーブルウェアでもタペストリーでもバッグ地にもいい、と書いてあったキットですが。
テーブルに敷くものを作らせたがるけど、作ったの全然使ってないじゃあないか…母よ。

というわけで実用度の高いバッグにしたいのですが、さていつ作るでしょうか…。とりあえず、何かの上にかけてカバー扱いしますか…。


仕上がり予定サイズ
28cm×60cm
仕上がりサイズ
27cm×58.5cm(房は含まず)
経糸総本数
112本
整経長
約110cm
通し幅
28cm
筬目
4目/cm
使用した糸
経糸:オススメリネン(62m/25g)の茶と白
緯糸:オススメリネン(62m/25g)の茶
使用織り機
クロバー咲きおり
作成期間
2014/05/05


参考用語
あ行:筬目
さ行:整経長
た行:経糸、通し幅
は行:平織り
や行:緯糸

ボロボロの麻布

 2014-02-02
元はといえば、麻製品は喘息とかに(ウールとかよりは?)いいと聞いたのがきっかけで、手持ちの麻糸でクッションカバーを織ろう!と思ったのですが……
すでに喘息とかにいいと誰がどこで言ったのかも根拠もわかりません……。

とにかく、人参の葉で染めた麻糸と、同じ太さの市販の藍染めの麻糸があったので、本に載っていたクッションカバーの作り方を参考に、サイズや経糸本数を決めて、整経しました。
それと同じ糸で前にコースターを作ったのですが、その時センチ10でよかったので、今回もセンチ10で。

ところが、整経してみたら何かセンチ10もの、細い糸でクッションカバーは勿体無い気がしてしまい……。そのまま置くこと数年。
いやでも、何にせよセンチ10では織るんだからと、筬通しはして、更にそのまま置くこと数年。
いやまあとにかく織るか……と、綜絖通しをするまでに何年かかったでしょうか。

綜絖を通して、巻取りをしてみたら。なんだ悩むことなかった、何を計算間違ったのか、そもそもクッションが作れるほど、整経長ないや……という状態でした。
したがって、その後はいきいきと織り始めたのですが……。
これがもう……経糸が切れまくる。特に市販の藍染めの経糸が切れまくります。1割くらい切れましたね!

というわけで、織りあがりはこちら。一見普通ですし、色合いも好みですが。
DSCN3578.jpg

まだ織機にあった時の経糸のきれっぷりがこちら。だらだらしているの、全部、切れて邪魔だから後ろに回した経糸です。
DSCN3577.jpg

出来上がり状態もこんなです。この辺はまだ最初のうちで、経糸が切れたら新しいのを足して、マチ針で止めていた頃ですね。そのうちあんまり切れるのでそのまま織って、織りあがってから補修しました。
DSCN3580.jpg

補修し切れてはいませんが、もうこれは……使えそうなところだけ使って小物を作ることにします……。

糸が切れた原因は……まあ藍の方だけひどいので、買った糸のせいもあると思いますが、長期間置いておいたのはまずかったのでしょうか……。あと、センチ10の片羽で、筬を通るたびにこすれたのはあると思います。(人参の方は1本しか切れていないのでそのせいだけではないと思うのですが)
まだ糸が残っているんですよね。次は、センチ5で丸羽にするか、あるいはセンチ9とか8にするか……。いや、緯糸にだけ使うのが一番安心ではありますが……。


仕上がりサイズ
41cm×83.5cm(房は含まず)
経糸総本数
414本?
整経長
120cmだったようです。
通し幅
43cm
筬目
10目/cm
使用した糸(経糸・緯糸共)
麻 25/2番手 精錬を人参の葉で染めたもの
麻 藍染め 25/2番手
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
作成期間
整経は大昔、筬通しは昔、綜絖通しから織り・補修は2014年1月
参考書籍(クッションのサイズとついでに柄も参考にしました)
『はじめての手織り―やさしいレッスン』

絵織り:くぬぎ山ものがたり

 2012-09-22
くぬぎ山ものがたり
姫烏頭
4286110702
この本の表紙を見た時に「何だか、全色紡いだ糸で織れそうな……」と思ってしまいまして。

うっかり第五回東京スピニングパーティーのワークショップ タピストリーウィービング綴れ織りの基礎で入手した木枠を引っ張り出して、絵織りを始めてしまいました。ワークショップ以来初めて組み立てました。……7年ぶりですか。そんなに経ちますか……('' )。


出来上がったのがこれ。
img793_DSCN2836.jpg


経糸総本数
28本
経糸
たて糸8号
緯糸
木の緑部分:糸工房みん・りーさんの草木染めした原毛グラデーションをナバホ撚りしたもの
木の桜部分:残念ながら桜で染めたものではなく、原毛を紡いで、小豆で染めたもの
空:アナンダさんの夏期講習で藍染めしてもらった原毛を紡いだもの
雲:原毛。確かメリノ
鳥:まだら染めしたメリノを紡いだもの
使用織り機
アシュフォードの木枠
作成期間
2012/07/15~2011/09/22
織り上がりサイズ
24cm×22cm(下辺。上辺は何故か19cm)
参考書籍
『木枠で手織り―スウェーデンスタイルで始めましょう』
参考と言いながら全然書いてあることを守っていませんが……。


木のところはもこもこ感を出したかったので、最初は、ノッティングとかルーピングにしようかと思ったのですが。色の変化がけっこう激しいので早々に挫折。ただの綴れ織りです。ただ、もこもこ感を出すために緯糸が割とゆったり入っています。
それがよかったのか下のほうでは22cmとなっています。
で、逆に空はもこもこさせたくなかったので、あまり緩みを入れずに織った結果……、等脚台形な感じに仕上がりました。ええと……遠近感を表現していると……って空相手に何が遠近感……。
あと、鳥は、編んで安全ピンをつけて好きなところにつけられるようにしようかと夢想していましたが、そんな編み技能はありませんでした。ニードルフエルトにしました。ってニードルフエルトも初めてなので技能があったわけではありませんが……。本の表紙と異なり目と嘴がありませんが、これ以上は私には無理です……。


参考用語
あ行:藍染め
か行:木枠、原毛
た行:経糸、綴れ織り
な行:ナバホ撚り、ノッティング
ま行:メリノ
や行:緯糸
ら行:ルーピング

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫