FC2ブログ

昼休みにカード織り

 2019-04-29
カード織り熱が高まっていたので、三月末から昼休みにカード織りをしていました。
10連休なので持ち帰ってきて、4/28に、大改造 劇的ビフォーアフターや世界卓球を見ながら織っていたら、経糸を織りきりました。

ちなみに会社でやろうという位なので、モバイル性を大事にして、こういう感じで織っていました。
カード織りの様子
ベルトに糸端を直接通してお腹にしめる。反対側は会議用机(この写真は家なのでテーブル)の脚にとめる。
緯糸はシャトルに巻いて使う。このシャトルは新・東京スピニングパーティー2016で購入した手織工房SOXさんの糸巻き刀杼です。ベルト織り・カード織りに便利といううたい文句に惹かれて買ったようですが、本当に便利でした。そのまま打ち込めますからね!

今回参考にしたのは、糸巻き刀杼と同じく新・東京スピニングパーティー2016で購入した「SPINUTS No.81より抜粋」のカード・ウィービングの冊子。
まず基本からやろう!と思って「カードの回転の違いで柄が違う」を1から6まで試しました。

尚、糸は綿糸で濃色と淡色を探したのですが、濃色があまり量がなく致し方なく水色と白というどっちも淡色になったのですが。やってみたら悪くなかったです。なかなかに爽やか。

1. ずっと後ろ回転。途中からずっと前回転。
カード織り1

2. 冊子では「前方4回転 後方4回転」とありますが、模様のところは「後方4回転 前方4回転」って書いてあるんですよね。4回転ずつだからどっちからやっても最終的に同じ柄になりますが、「1セット」の開始を冊子の写真の印のところと考えると「後方4回転 前方4回転」だと思います。
カード織り2

3. これもセットの説明が2種類あるんですが、おそらく「後方2回転 前方2回転」が正しいです。前方2回転 後方2回転でやって冊子の写真のような柄にならずやり直しました。
カード織り3

4. これはセットの説明は「前方5回転 後方5回転」で揃っているのですが。セットの開始位置が冊子の写真では2種類ある…。3からの続きで冊子通りの柄にするなら、「後方5回転 前方5回転」が正しいと思います。
カード織り4

5. これもセットの説明が2種類あります。「後方3回転 前方3回転」が正しいと思います。
カード織り5

6. これもセットの説明が2種類あります。「後方4回転 前方4回転」が正しいと思います。
カード織り6

上述通り、記述の通りにやってもなかなか冊子の通りにならなかったわけですが、戻すのは簡単なので、戻りつつ違う回転を試したりした結果…、戻すのと、回転を検討するのは上達したかな(笑)。

ただ、脇があんまりピンとしていません。柄にもよるのですが。2番の柄辺り、大分脇が緩い感じ…。
「緯糸入れる→カードを回す→トントン→ピッ!」という動作なんだそうですが、どうもこの「ピッ」がうまくない。もうちょっと精進しないと。

ところで今、カード織り流行っています?個人的には、Atelier kisaragiさんがiOS用のカード織りデザインツールを紹介されていたのが、はまりのきっかけなんですが(笑)。
最近、よくカード織りという言葉を見るような気がします…。
なんか今年のスピニングパーティーではワークショップもあるようですし…。(でも中級向けって聞いたんですよ…。独学でしかやってない私は参加できそうにない…)

スポンサーサイト
カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

イノシシ+2019について

 2019-01-01
既にお披露目済みの一枚目(右側)を織ったあと、デザインを修正して織りなおしました。
イノシシ2枚

耳のラインが細くなって、尻尾が尻尾と主張するようになって、鼻と本体の区切り線はなくなって(これはあってもよかったかなあ…)、足が太くなって、お花と葉っぱの位置が近くなりました。

全般に大きくなったのは、茶色の糸に使っていたプリンセスアニーがなくなったので、緯糸をメイクメイクパフェに変えたせいです。どれも余り糸利用。

なかなか可愛いイノシシなのではなかろうか…(自画自賛)。

あと、『ポーランド ヤノフ村の絵織物』だと、経糸始末で載っているのはネクタイ結びなのですが、今回は上側・茶色だけに見えている辺りを二層にして織り、経糸は中に入れ込んで始末しました。棒を入れて飾りやすいように、と考えました。
イノシシ+2019 棒入れ

二層になっているので、棒を通す部分の裏側は白だけになっています。裏はこんなです。
イノシシ+2019 裏

織り上がった時点での犬からイノシシまでくっついたものはこうなっています。
犬犬イノシシイノシシ

いつもケチって後で苦労するので、今回は、作品と作品の間を潤沢に空けて織ったのです。
そうしたら最後のイノシシで、尻尾直前位まで織ったら(緯糸が太くなった分作品が大きくなったこともあって)開口が悪すぎて織れない状態になりました。
致し方なく、緯糸を抜いて戻り、作品と作品の間の紙を1枚抜いて、で、織りなおしました。
なんとか、開口を保って織ることができました。

そんなわけで、イノシシ1枚目と2枚目の間の糸は少なかったので、ネクタイ結びをするには、ループ返しを使用しました。
2枚目のイノシシの上の部分の糸始末にもループ返しは大活躍しました。

経糸総本数
濃色64本、淡色62本
通し幅
16cm
筬目
4/cm(丸羽)
使用糸
濃色 経糸:プリンセスアニー(40g/112m)、緯糸:メイクメイクパフェ(25g/62m)
淡色 パピーNew 4Ply (40g/150m)
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
4枚


参考用語
あ行:筬目
か行:開口
さ行:綜絖
た行:経糸、通し幅
な行:二重織り、ネクタイ結び
ま行:丸羽
や行:緯糸



1/6追記。

この二枚目のイノシシ、よく見ると三か所は間違ってますねえ…。
いや二か所(下のラインのところの両脇)は織機から下ろしたときに気が付いていましたが。
イノシシの後ろ足の上あたりのでっぱりは、玄関ドアに飾ったのを見て、昨日気が付きました…。
カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

イノシシ+2019

 2019-01-01
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
イノシシ+2019

亥年!に間に合いました。ヤノフ村の二重織り方式による、オリジナルデザインのイノシシ+2019です。
詳細は後程。

カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

2018年内に間に合いました

 2018-12-30
ヤノフ村の二重織りの織り方による、オリジナルデザインの犬を織ったのは、以前に織機にある状態のまま紹介いたしました。
その1
その2

余った経糸で続けてイノシシを織って、ようやく織機から下ろしました!
経糸始末をしました!
このようになりました。
犬 切り離した
左がその1。右がその2。
やはり口は右の方がいいな。

経糸は、『ポーランド ヤノフ村の絵織物』に書いてあった通りに始末しました。あれはネクタイ結びですよね。

2018と入ってしまっていますが。なんとか2018年のうちに始末まで済んでよかったです(苦笑)。


参考用語
た行:経糸
な行:二重織り、ネクタイ結び

カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

ヤノフ村の二重織り方式でイノシシ挑戦

 2018-11-03
せっかくイヌを織りきったので、早速イノシシの図案を考えて織りました。
イノシシは『ポーランド ヤノフ村の絵織物』に「春の野を駆けるウリボウ」が載っているので、来年の年賀用にはそれを使うのでもよかったのですが。
何分にも経糸を前回のイヌの余りを使う気満々だったので、サイズに制限があったのでした。
あと単純にせっかくマクロを作ったんだから、使いたい(笑)。元々ドット絵を描くのは得意な方ですし。といってもヤノフ村の絵織物の図案はドット絵とも勝手が違って難しいのですが…。

考えた図案はこちら。最初に書いたのはもっと大きかったのですが、経糸の数の都合で小さくした結果…胴が短いイノシシに…。
でも何とかイノシシなのではないかと。
イノシシ図案1号
一応、イヌの時の反省は少しは入っています。奥側の足だということをわからせるために、脚と胴の間に線を入れてもムダとか。両脇の白線をまっすぐにするのは難しいから誤魔化せるデザインにするとか(そこは綺麗に織る努力をするべきでは…>自分)。

織った結果がこちら。
両脇の白線はゴマカしが効いているようでしたが。
イノシシ試し1号
まだまだ「細かいところを表現しようとしてもムリ」という反省が生きていなかったようです。

奥側の足、細すぎ!遠近法を持ち出そうとしてもムリ!
鼻と胴体の間の線も入れてもムダ!
尻尾、毛がバサバサなっている表現と大差なく、尻尾だとわからない!
耳は線が太過ぎる!
目は大きすぎる!

…また図案を変更して挑戦したいと思います。

経糸総本数
濃色64本、淡色62本
通し幅
16cm
筬目
4/cm(丸羽)
使用糸
濃色 プリンセスアニー(40g/112m)
淡色 パピーNew 4Ply (40g/150m)
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
4枚

参考用語
あ行:筬目
さ行:綜絖
た行:経糸、通し幅
な行:二重織り
や行:緯糸
カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

ヤノフ村の二重織り方式で犬 2

 2018-10-29
昨年末に「ヤノフ村の二重織り方式で犬」を織り、「ちょっとおかしいから図案を変更した。まだ経糸があるからぼちぼち織る」とか書いていましたが。
…放置していました。

来年のイノシシを織るために経糸は再利用できますが、織りかけの犬をどうにかしなくては!…というわけで、先週位からチマチマ織りました。
日本シリーズの第一戦が長引いて、なかなかフィギュアスケートグランプリシリーズカナダ大会の放映が始まらなかったので、土曜の夜に大分織り進み、日曜日に織りあがりました。しかし、まだ経糸があるので、今度も織機にあるままです…。
ヤノフ村の二重織り方式の犬2

前のと比べて、口は細くなっています。この位でよさそう。
両脇の白線がまっすぐじゃないので、緯糸の入れ方がよろしくない、ということがものすごくよくわかります…。精進しましょう。

赤追加 図案を6ピクセルに
赤丸の辺りは…何だかよくわかりませんね!右の図案を見ると胴体の一部だったり、折り曲げた足っぽい。細かいものは表現しようとしてもほぼムリ(自戒)。

青追加
あと、この青丸の辺りになんかツノができてしまっています。
今月この辺りから続きを織り始めたのですが…おそらく一段とばしましたね…。どこまで織ってあるのかがよくわからなかったんです…。マグネットで図に印をしていたのですが、10カ月も放置していた間にマグネットがずれちゃっていて…。
そりゃあ、さんざん模様替えで織機を動かしましたから、印もずれるでしょう…。

というわけで反省点が色々で、この犬にもまた挑戦したいですが(そしてまだ織っていない犬図案もある…)、取り急ぎ次はイノシシです!反省はイノシシに生かしたいと思います。


経糸総本数
濃色64本、淡色62本
通し幅
16cm
筬目
4/cm(丸羽)
使用糸
濃色 プリンセスアニー(40g/112m)
淡色 パピーNew 4Ply (40g/150m)
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
4枚

参考用語
あ行:筬目
さ行:綜絖
た行:経糸、通し幅
な行:二重織り
や行:緯糸
カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

「ヘドルルームで裂き織りベルト」のワークショップで織ったもの

 2018-05-15
ワークショップではこちらを織りました。
裂き織りベルト

経糸の用意はされていて、最初10cm位は織ってあります。それによりどんな柄ができるのかがわかるので、好きな柄を選んで織るという方式でした。
上が最初に織ってあった部分なんですが、そこに比べると自分で織った部分は太い…。どうも引き具合の加減がわからなくて。もうちょっと精進しないとダメそう。
カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

ヤノフ村の二重織り方式で犬

 2017-12-23
来年の年賀用に織っていたのですが、喪中になりましたので、ふつうに織ったものとして紹介します。

とはいえ、まだ何枚か織るつもりだったので、織り機にあるままですが…。
犬2018

オリジナル図案で、ヤノフ村の二重織りを試してみました!しかもろくろ式の織り機で。

足の下と足のところ、少し失敗していますね。
あと、口が思ったより太くなったので、図案を変更して織り図を作り済みなのですが、まあ今年の内には織らないですね…。来年、ぼちぼち織ります…。
(実はもう一個別の犬の絵も用意してある…)

これを作るにあたって、『ポーランド ヤノフ村の絵織物』を熟読したので、その本紹介も書きたいし。
図案からこの本の方式に則って織り図を作るにあたり、面倒になってExcelマクロを作ったのでその話も書きたいし。
結果として「元の図案の描き方も変えた方がいいかも」と思い当たったのでその話も書きたいのですが。

まあそれもぼちぼち…。

 
カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

100円織り木枠で絵織り・少し修正

 2017-08-21
とっても「何かがチガウ…」感が強かったので、修正を試みました。

まず、嘴の肌色を外し、その辺りの背景色も外しました。良い子は真似してはいけない…かもしれません。本当は上も全部外して織りなおすべきかなあ…。
外す

背景色を針に通し、空いた隙間を全部埋める。元の糸をそのまま使ったので、面積が広くなる分糸が足りなくなるかと思ったのですが。不思議なことに糸は余りました。まあ、脇を見ても元よりゆるみが少ないですね。あと、往復回数が少ないかな。。
埋める

そして嘴辺りをレモン色で刺す。これは鬼柚子で染めたメリノを紡いだ糸を使いました。ランダムチェックマフラーに使ったのの余りです。
刺す
今回は元絵よりも、嘴っぽく、を心がけました。
あと目の位置も若干変更。
刺しついでに、頭のところとかも、ちょっとぼさぼささせてみました。

少しましになったんじゃないかなーと思うのですが、どうでしょうか…。
カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

100円織り木枠で絵織り。何かがチガウ…

 2017-08-20
100円ショップで織り木枠を買ったので、姉に鳥イラストを描いてもらいました。
それでボチボチ織ってましたが…、
モモイロインコ…ぢゃない!
チガウ…これはモモイロインコじゃない…。

ちなみに姉に描いてもらった元絵はこちら。まあ、こんな細かいのは無理だなとは思ってましたが…、それにしても違い過ぎる。
モモイロインコ元絵

敗因はまず、経糸密度2/cmってところ。前述しましたがそんなに細かいのはちょっと…。嘴が特にダメですね!実は上嘴と下嘴別々に織ったんですよ?そんな苦労も全然わからないうえ、オウム・インコ系の嘴じゃないー。

あと、色。中央のピンクはカラー原毛を紡いだもので、こたつ敷マットを織った余りですが、まあこの色はいいかなと思います。
グレー部分。モモイロインコのグレーはもっと薄い気が。オーバーショットでボレロを作った時のグレーとかが薄いと思ったのですが、使ってみようと思うと意外に濃い。結局手持ちの中で一番薄いと思われるグレーを使いました。第二回北欧旅行時にスウェーデンで買ってきたゴットランドの糸です。
それから嘴。指定は肌色orクリーム。これは2011年1月に小豆で染めた糸で、かろうじて肌色かなと思ったのですが…。なんか浮いています。
浮いていると言えば頭部。薄いピンクか、なかったら白でいいよと言われたので、木枠講習でいただいた雲や牛用の白を使ったのですが。白すぎました!でも薄いピンクは…オレンジがかったのならあるんですが、モモイロインコっぽい「…これ本当に自然の色なの?」みたいなピンクは手持ちにない…。

それから、目はあとで針で刺したのですが。場所が悪いなあ。何度かやり直してようやく丸い目になったんですけどね。もう一回やり直すか…。あ、目の黒はサンプルのカラー原毛を紡いだものです。

ちなみに地の色は、ピックアップのサンプルを作成するときに当時の先生がくれた糸、の余り。地の色もいまいちだったかな…。

そういうわけで、嘴は刺す方向でやり直したいですね。色も変えたい。目の位置も変えるかな…。それで少しはましになるかどうか…。
カテゴリ : その他作品 トラックバック(-) コメント(2)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫