マザー牧場再挑戦

 2018-03-10
2010年にマザー牧場に行ってものすごく楽しかったので、実は翌年もマザー牧場に行く企画を立てました。
行くつもりだったんです。2011年3月12日に。

…行けませんでした。何しろ職場で3/12を迎えた位でしたから。それにさすがに3/12はマザー牧場も休業だったそうです。途中の道も通行止めになったりしたようですし。

それから7年。とうとう、今年マザー牧場に行きました。いや毎年行きたいねって話はしてたんですが、いざとなると計画が立たなくて…。

まあ、行くことにしたからには、前回と同様、前もってタイムテーブルを作って真剣に挑みました(笑)。
今回回った順は以下の通り。

1. 赤ちゃん羊ふれあい写真館
2. マザーファームツアー
3. 赤ちゃん羊誕生編
4. ひつじの大行進
5. 「牧羊犬とまきばの仲間たち」ショー
6. シープショー
7. お昼

今回は、着いてから一番早くに行くマザーファームツアーに予約を入れました。で、それまでの間に、ふれあい写真館なら行けそうね!ということで、メインイベントの赤ちゃん羊との写真撮影をまず最初に!そこに至る道中で、ヤギに会いました。写真はカシミヤ。
カシミヤヤギ

生後一か月位の赤ちゃん羊と写真を撮ってもらって。

そのあと、土産物屋を見てちょっと時間をつぶして、マザーファームツアーへ。前回はトラクタートレインに乗る時に、アンゴラウサギに触らせてくれたのですが。あの「ほわー」感は今でも思い出せるほどなのですが、残念ながらそれはありませんでした。
しかし、ファームツアーに出発して見れば、生後2カ月の子がいたり、
ツアー中2カ月の子
逃げ出してたヤギがいて案内のお姉さんが捕まえに行ったり、
ツアー中逃げたヤギ
トラクターから下りて、羊・ヤギ・アルパカに餌をやれたり。ちなみにアルパカにはマザーファームツアーに参加しないと会えません。
アルパカ
あと、珍しい牛がいたりでかい牛(角が立派!)に並走されたり、まあ色々あって楽しいツアーでした。

さてそのあと、前回みそびれたひつじの大行進を見にひつじの牧場へ行き、ひつじの大行進の前後で赤ちゃん羊とお母さん羊を見ました。うぎゃー可愛い。今日生まれたばかりで、お母さんは後産のものをずるずる引きずっている…という状態の親子もいたのですが。柵越しでうまく写真がとれませんでした。
あとサフォークの子が真っ黒ですっごく可愛かったんですが!サフォークって生まれたては全身黒いんですかね!?この子はお母さんのガードがきつい&柵越しでやっぱりうまく撮れませんでした。
赤ちゃん羊

ひつじの大行進は大長編動画(7分。笑)で撮影してしまったので写真がありません(苦笑)。ひつじの大行進から帰る途中、また赤ちゃん羊がいる小屋で撮影したのがこちら。なんだか記念撮影風にこっちを向いていてくれました。
記念撮影させてくれた羊たち

さてそのあとドームに行ってショーを2連発。まず牧羊犬とまきばの仲間たち。ガラスの向こうで、芸ができる子は披露してくれるし、そうでない子も愛想をふりまいてくれたり、ふりまいてくれなかったり(笑)。
まきばの仲間たち

シープショーは今回は19種類。あ、今回のショーやってくれた人は日本人で、日本語でしゃべってくれました(笑)。
今回も知らない種類の羊がいました。サウスアフリカマトンメリノとドーパーとイーストフリージョンとカラクル。
シープショー
あ、ちょうどシープショーの動画と羊の説明があったので、リンク貼っておきます。去年のですが、今日見たのと羊の種類はほぼ一緒。ただペレンデールではなくチェビオットがいたんじゃないかな。

羊の毛刈りもありましたが、今回のお兄さんは、以前のニュージーランド人(多分)のお兄さんより、普通に毛刈りをしてくれました。
いや以前のお兄さんは…本当にショーだった。刈りつつ刈った毛を放り投げたりするので、フリースはフリースはああ???と思ったものです。
今日はちゃんとおおむね一枚にくっついて刈れていたように思います。

このあとこのシーズンだけは子羊も出てきます。

そして最後は台の上にあがって、19匹の羊を近くで見放題。触ってもOK。「おおう!指が一本分埋まる!」とか楽しめました。
子羊にも触れます。
あと、刈り取った羊毛も置いてあって触れるのですが、「ちょっともらってもいいですか?」と聞いてみたところ、ちゃんとビニール袋と毛の洗い方の説明を書いた紙まで用意されていました!大々的には言っていませんでしたが持ち帰りOKだそうです。ラッキー。ちなみに今日毛刈りされたのはコリデールとのこと。わーい、楽しみだなあ。洗って紡ごう。

さて、ここにいたるまでお昼を食べる余裕がなかったので(笑)、14:30になってようやくごはん。実は今回、JRのびゅーで申し込んで行ったのですが、お昼もこみでした。
御昼
実はソフトクリームもこみだったのですが。ちょっと寒くて食べられなかった…。子羊が生まれる時期に行くとちょっとソフトクリームは食べる気になれないかも…。

というわけで、もうもふもふをとっても堪能したので、満足して予定より早く帰りました。いやー楽しかった!

あ。ところでびゅーで行ったので車ではなくJRで行ったんですが。
行きに東京駅の総武線快速ホームに降りるべくエスカレーターに乗っていたら…背後から「ガタガタガタ!」って音がしまして。
なんだろうと振り向いたら、スーツケースがものすごい勢いで滑り落ちて来てました!
右側を滑り落ちていたので、左側にこのままいれば被害はない、と判断して見送りましたが、いやー当たってたらぶつかった瞬間に怪我をして更にそのままスーツケースごとおそらくふっとばされましたね…。右側、誰もいなくて本当に良かったです…。あー、怖かった。

ちなみに、スーツケースの持ち主は叫び声をあげることも、下に注意を促すことも、慌ててスーツケースを追いかけて来たりもしてませんでした…。おそらく普通に左側に立ったまま降りてきたのだと思われます…。
カテゴリ :おでかけ トラックバック(-) コメント(2)

イヌビユ染めした真綿をスピンドルで紡ぐ

 2018-02-24
前回の昼休みの成果が10/12に紡ぎ終わったものらしいので、おそらくそれ以降、昼休みに紡いでいたと思われます。
2/14に紡ぎ終わりました。
イヌビユ染めした真綿を紡ぐ


紡いだもの
2017/2に推定イヌビユで染めた真綿
紡いだ道具
金属製スピンドル
紡いだ時期
2017/10~2018/02


金属で見た目重そうなんですがこのスピンドル軽いので、真綿もいけます。というか真綿でもこんなに細くしなければ、もうちょっと重いスピンドルでもいいのですが、どうもつい細く紡いでしまいます。で、「何に使おう…」とか思ってます…。
カテゴリ :スピンドルでその他を トラックバック(-) コメント(0)

ネクタイ裂き織りL字ポーチ

 2018-02-04
伯父の形見のネクタイで作った生地が、もうちょっと残っていました。残っている量と手持ちの材料を考えて、最後はL字ポーチを作りました。

サイズ的にすぐ出来上がるかと思ったのですが、意外に時間かかりました。というのも一度ファスナー付けた後、裏地を付ける段になって「あれ?ファスナーのつける向き間違えた?」と思ってほどいたんですよね。
ほどいてからもう一度よくよく本を見たら「あれ?ほどいたけど合ってた??」となって、本の通り作れるかどうか、ファスナーと裏地をしつけ糸で仮縫いしてみたのでした。…本の通り作れることがわかりました。

というわけで、それから再度ファスナーをミシンでつけ、裏地もつけ、、、、まあいろいろして出来上がりました。
ネクタイ裂き織りL字ポーチ全景

ファスナーはこのようについております。まあまあ。
ネクタイ裂き織りL字ポーチファスナー

ちょっと上の二枚はL字であることがわかる写真になっていませんが、口を開くとこんな感じになります。
ネクタイ裂き織りL字ポーチ口を開けたところ

裏地はまたまた防水布です。

まあ、可愛くできた、んじゃないかなー…。
カテゴリ :裂き織りバッグ用生地 トラックバック(-) コメント(0)

シーピーちゃんピンチ!?

 2018-02-03
続けてのシーピーちゃんネタで失礼します。ものづくりネタじゃないですけど。まあ羊ってことで。

今までPHSやスマホは買ったものや作ったもので腰に付けていたのです。何故かというと、職場で机の上に携帯を置くな令が出たからです。机の上に出せない…けど、すぐ気が付くところに持っておきたい。というわけで、お腰につけた携帯~♪状態にしていました。

ところがシーピーちゃんは…ちょっと腰には付けられないなあ。腕に紐でもつけてぶら下げるかなあと思っていたのですが。
試しに、以前に倉敷で買ったジーンベイザメに入れてみたところ…
まるのみシーピーちゃん
入るじゃないですか。すごい絵面ですけど(笑)。鮫に丸呑みされてますよ!

ぶらさがりシーピーちゃん
ジーンベイサメの口を止める紐が長すぎると思っていたのですが、シーピーちゃん入れるとちょうどいい長さです。

よしこれで来週からも腰にスマホ(とシーピーちゃん)つけて会社に行けますよ!(笑)
あ、ちなみに昨日はポケットに入れたり、禁止令をやぶって机の上に置いたりしていました。後輩が「可愛い!」と言ってくれたので嬉しかったです。
カテゴリ :その他 トラックバック(-) コメント(0)

あれから半年

 2018-02-01
我が家にシーピーちゃんが来てからすでに半年以上。
一時「いっそキャリアを変えてもiPhoneにするか!」と思ったのですが…料金が馬鹿高くなるので…。
いや私、元々PHS派で、基本的に帰るコールと、あとメール位でしか使ってないんですよね。

そうこうするうちに、iPhoneの新しいのが出たので。これはきっとiPhone6がy!mobileに来るに違いない!と思っていたら、案の定来ましたー。これならただの機種変更でいける!
と、ただで機種変更ができる2月(前回の機種変更から25カ月後)を待っていました!

12月に他界した父が使っていた携帯電話の解約と、自分のスマホの機種変更をさくさく済ませました。
とりあえず、帰るコールは無事できたものの。
シーピーちゃんも無事ついたものの。
シーピーちゃん!

家のWi-Fiでの接続もできたものの。
メールアドレスの設定でバタバタしていました。大昔から使っているメアドを使いたいので、なんかちょっと初期設定だけじゃダメみたいで…。
一応現在元のメアドでのメール送受信はできているようですが…すみません、本日19時位から23時位までに、もし私にメールしてくれた方がいましたらロストしている可能性が大きいです。

あとは電話帳の移行と…アラームの設定と…あ、FitBitも使えるようにしなくちゃ。
ストレスなく使用できるようにするには、まだしばらくかかりそうです…。
カテゴリ :その他 トラックバック(-) コメント(0)

宮廷文化・今昔物語

 2018-01-13
TwitterやFacebookでは「牛車が!」と騒いだりしていたのですが、写真も撮ったのでブログでも書いておきます(笑)。

東京国際フォーラムは私の通勤経路なのですが、一月出社時、カラフルなものが展示されていました。新春特別企画で、「宮廷文化・今昔物語」だそうです。1/2~1/15 10:00~20;00(最終日は17:00まで) 東京国際フォーラム ロビーギャラリー。入場無料。

奈良時代から明治以降までの衣装の変遷とか、草木染めで染めた糸とかかさね色目の紹介とか、なかなか興味深い項目が多かったのですが、最初に見てびっくりしたのは実物大牛車です。牛車ってこんなに大きかったんだー。

出社時はまだ時間外だったので、囲われた外から見るだけでしたが、幸い10:00から20:00の開催なので、帰りに近づいてみることができました。…この日は携帯電話を忘れてきたので写真を撮れなかったのですが、翌日の帰りと翌々日の朝と帰りに写真を撮りました。

展示内容は次のとおり。

1. 『源氏物語』六條院1/4寝殿
「源氏が35歳の8月に落成した邸宅・六條院を舞台とした『六條院行幸』の場面を1/4サイズの寝殿模型で具現します」だそうです。撮った写真が全然行幸らしい場面じゃないですね。
六條院 六條院2
2. 寝殿造 吹抜屋台
平安・鎌倉時代に描かれた絵画に見られる技法の一つが吹抜屋台、だそうです。天井を描かないで室内を描写したもの、と言われると、なるほどそういう構図の絵を見た覚えがあるかも、と思います。で、それを模型にしたこれは、つまり天井がなくて室内を覗けるようになっています。
側面から撮った写真を載せたため、天井があるかないかわからなくなってしまいましたが(笑)。わざわざこの写真にしたのは、この室内がかさね色目の説明でもあったからです。

六條院1/4寝殿がこの「寝殿造 吹抜屋台」でもあったんじゃないかと思います。少なくとも同じ台の上に載っていた。
吹抜屋台

3. 国宝源氏物語絵巻 立体具現
『源氏物語絵巻』「柏木 一」の場面を等身大サイズで具現化したものとのこと。実物大です。そんなにわさわさ几帳とかあったんだー、と実感できる出来上がりでした。
源氏物語立体具現

4. 実物大牛車
夜撮影したのは暗かったので、朝撮った写真を載せます。単体だとサイズがよくわからないですが、車輪の直径が私の身長よりちょっとあるかな、という感じだったので165cm位でしょうか。

牛車って後ろから乗って前から降りるものだったんですね。エレベーターでそういうのありますよね…。
牛車

5. 王朝料理 行幸の饗宴 ―平安時代のご馳走―
牛車の後ろにあったのですが。あんまり興味がなくて写真を撮っていません…。
「『類聚雑要抄指図巻』から、保延3年(1137)9月、崇徳天皇が仁和寺法金剛院御所に行幸して競馬を御覧になった時の酒肴と御膳の献立を紹介」してあったそうです。
6. 大正御即位式模型
「大正天皇の即位式が行われた京都御所の紫宸殿及び南庭、さらに諸調度や参列する人々を再現した」とのこと。
大正御即位式

7. 平安の色彩 染料とかさね色目
染料とそれで染めた糸が展示してありました。あとそれで染めた衣装。ちょっとピンクがかって写ってしまいました。草木染であんなに色々な色を出してかさね色目とかやってたんだからすごいですよねえ。
草木染

8. 等身大宮廷装束
即位式の装束や宮中の儀式の際の装束が4点展示してあった、と思います(写真が4枚あるから)。写真は黄丹御袍というもの。
宮廷装束

9. 十二単の変遷
こちらも等身大。十二単の変遷と言いながら、奈良時代の衣装から始まっていました。最後は明治以降に使われているもの。写真はあえて奈良時代の衣装。全部撮影しましたけどね!9種類かな。
奈良時代の衣装

10. 十二単・時代衣装体験
そんなこともやっていたようです。私が通りがかる時間帯にはやっていませんでしたが。
11. 展示解説と十二単着装実演
1/2, 1/3にやっていたそうです。見たかったわー。ちょっと残念。
12. 旛
6. 大正御即位式模型で人の後ろに並んでいるのが旛。これが天井から吊り下がっていたのですが、何しろガラス棟(ロビーギャラリー)の天井は高い!大きさがあまり実感できませんでした(苦笑)。


そんなわけで、通勤途中で思わぬ拾いものをした感じでした。一週間楽しみました!(月曜日も通りますが帰る時間帯にはもう片付けてると思われます…)

あ、説明文は「」でくくってあるところは、 http://j-cf.jp/2018/gallery/ からの引用です。
カテゴリ :イヴェント トラックバック(-) コメント(0)

頑張るかわいこちゃんの子孫

 2018-01-10
今年に入ってからも、じわじわと綿が収穫できています。もう薄茶綿ばっかりのようです。
薄茶綿の収穫

うちの和綿の薄茶は、

このかわいこちゃんの子孫です。

去年も薄茶綿が一番収穫できたんですが、今年もかなあ。頑張っています、かわいこちゃんの子孫。
カテゴリ :棉成長記録 トラックバック(-) コメント(0)

ネクタイ裂き織りマチありポーチ

 2018-01-09
伯父の形見のネクタイで織った生地。青っぽい方はほぼ使い切りましたが、赤っぽい方がまだあります。
そういうわけで、ポーチを作りました。なお今回もタグは最初に縫っておきました。

またフラットポーチを作るつもりだったのですが、けっこう布地があったのと、ちょうど作っている時に姉が来て「ちょっとマチがあるといい」と言われたので、マチをつけました。でも何しろタグはつけちゃってあったので、タグがどうにか見えるぐらいに、とマチの量を決めた結果、ちょっと少ないマチに…。
ネクタイ裂き織りマチありポーチ
結局タグもちょっと折れちゃってるので、あきらめてタグをつけ直すべきだったかもしれません。

ファスナー側はこんな風になっています。この写真ではわからないかな。実は、裏地を付けた時に、黒糸が白いファスナーのところになっちゃったりしていて、あらあらまあまあ、という出来なのです。
ネクタイ裂き織りマチありポーチ ファスナー側

マチの量といいタグの場所といい、裏地の付け方といい、アバウトすぎる感じですが、まあ使えないことはないのでよし。(そんなのばっかりだなあ…)
カテゴリ :裂き織りバッグ用生地 トラックバック(-) コメント(0)

ネクタイ裂き織りペンケース

 2018-01-08
伯父の形見のネクタイで織った生地、青っぽい方はさすがにこれで終わりです。
手持ちのファスナーの都合で、横長のものを作りました。横長なら、ペンケースかなとマチをつけました。
ネクタイ裂き織りペンケース
あ、今回は前もってタグをミシンで縫っておきました。このへんかなーとアバウトに縫っておいたので、ちょっと微妙な位置かも…。

でもってファスナーもけっこうアバウトにつけたので、結果的に、左右のマチの大きさが違う…。
ネクタイ裂き織りペンケース マチ1
こう映すとよくわからないかな。最初の写真の方がわかるかもしれない。タグがない方(上の写真の方)が高さがあるような出来上がりになっています。
ネクタイ裂き織りペンケース マチ2

ま、まあ使えないことはないでしょう。
中はまた防水布で裏地を付けてあります。一応。

しかし、ポーチ類って作り方を見ると、裏地がないものが多いのですね。裂き織り生地だとやはり裏地を付けたいので、てきとーに付けています。これなんかだいぶてきとー。いや、まつり縫いをするならどうとでもなるのですが…まつり縫いなるべくしたくないんです…。

カテゴリ :裂き織りバッグ用生地 トラックバック(-) コメント(0)

織物用組織図マクロ Ver.3.7

 2018-01-07
V3.6と機能的には変わりありませんが次の変更を行いました。

・実行時エラーが出てしまうような操作をした場合に、何が悪いかがわかるよう警告メッセージを出すようにしました。
・ブログのURLが昔のままだったので、新しくしました。

weaving_macro3.zip

Ver.3.7にしたら、うまくいかなくなった!などということがありましたら、ご報告下さいm(_ _)m。

Ver.3.2.1、Ver.3.3、Ver.3.4、Ver.3.5、Ver.3.6の記事からもVer.3.7がDLできます。



【注意事項】
動作確認・ウィルスチェックはしていますが、ダウンロード・解凍及び使用は各自の責任で行って下さい。

このマクロの著作権は作者に帰属します。マクロの利用は自由に行っていただいて構いませんが、出版物に載せるなどの場合はご一報ください。
なお、個人が生成した図を画像にしてサイトに載せる場合はご連絡くださらなくてけっこうです。ただし、本に載っていたものから完全意匠図を作成した場合、マクロではなく、その本の著作権に抵触しないか、十分お気を付けください。

また、このマクロを使用して損害が発生してもマクロ作成者は一切の責任を負いません。

【使用方法】
1.初期化
踏み木本数と、踏むと綜絖が上がるか下がるかと、綜絖枚数と、タイアップ部分をどの位置にするかと、図の幅・図の高さを入力して[初期化]ボタンをクリックして、マス目を作ります。

2.準備
以下の図のように、綜絖とタイアップと踏み木を黒くします。
ドラフト3-1

3.組織図
[組織図]ボタンをクリックすると
ドラフト3-2
こんな風に、どんな組織になるかが表示されます。

4.配色図
以下の図のように、色を指定して、
ドラフト3-3

[配色図]ボタンをクリックすると
ドラフト3-4
こんな風に、どんな配色になるのかが表示されます。


尚、簡単なテストはしていますが、実際に使ってみると不具合が生じるかもしれません。その際はご連絡下さい。
可能な範囲で修正したいと思います。

【Ver.3.7 動作確認済の環境】
  • Windows 8.1 + Excel 2013
  • Windows 10 + Excel 2010
  • Windows 10 + Excel 2016


※ Excel 2007以降でしたら(それ以前の人はいまやいないかもしれませんが…)、拡張子はxlsmで保存した方が、次から面倒じゃないかもしれません。
※ 他の環境でも動いたら、動作実績ありとして追加しますので、ご一報いただけると有難いです。なお、我が家にはWindows 8.1 + Excel 2013しかありませんので、「○○で動作確認してもらえないか」という要望には応えられません。

【FAQ】
マクロを実行できない
Excelのマクロが無効になっています。有効にしてください。
最近だと、ファイルを開いたときに、マクロを有効するかどうかのメッセージバーが出ることが多いように思うので、そこで有効にすれば使えると思います。
そうできない場合は…「Excel マクロ 有効」などでネット検索するとやり方が出てくると思います。


【残っている野望】

  • 隙間を空けて緯糸を入れた場合の組織図・配色図に対応する。…配色図は白糸を入れた場合と判別つかないという問題があるんですがね…。厳密に「塗りつぶしなし」と「白」を区別することになるでしょうか。
  • 1クリックで色塗りを可能にする(今、セルの背景色をいちいち変更しないといけないので。コピー&ペーストできるとはいえちょっと面倒かなあと思いまして)
  • ろくろ式⇔天秤式の踏み方図変換機能をつける
  • 組織図から、綜絖の通し方・踏み木の踏み方を出せるようにする


参考用語
さ行:綜絖、組織図
た行:経糸、天秤式
は行:踏み木
や行:緯糸
ら行:ろくろ式



2018/1/7 18:00 Windows 10 + Excel 2016での動作報告をいただきましたので、動作環境に追記しました。
2018/1/8 18:50 Windows 10 + Excel 2010での動作報告をいただきましたので、動作環境に追記しました。
カテゴリ :ドラフト トラックバック(-) コメント(2)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫