『手織りのためのスコットランドチェック』

 2015-09-16
4416615833手織りのためのスコットランドチェック: タータンとツイード、自分で織るデザインとアイデア
明石 恵子
誠文堂新光社 2015-09-04

by G-Tools


風景写真やチェック織り地の写真・チェックデザイン満載の、贅沢な本ができました。
これまでも千鳥格子綾織りについて冊子を出しておられた手織工房タリフさんの、書籍です。

先週本屋さんで発見したので早速買ってきました。勿論出版されることは知っていたのですが、可能な限り本屋で買う派なんです。だって本屋潰れたら困るし。
ところで買ったのは台風が来ていた日でして。「こんな雨の日にわざわざ持って帰らなくてもいいじゃん…」と思いもしたのですが。カバーが大変雨に強そうな紙だったので、思わず買ってしまいました(笑)。
いや台風で電車が止まったり遅れたりしたら、電車の中で読むものがあるのは嬉しいじゃないですか!
まあ、カバーが雨に強くても、天地や小口は勿論雨に弱いですから、しっかり本屋の袋に隙間が入らないようにして持ち帰りましたよ!

そんなわけで、カバーも贅沢な本でした(笑)。
また、各Partの見出し頁も左側がチェックで、フッタもPartごとに見出し頁で使ったチェックをちょこっと入れてあったり、あとカバーの下もチェックだったりと、どこもかしこもチェック!な本です。

目次についてはタリフさんのブログで紹介されていますので、ここには書きませんが、チェックが千鳥格子、ガンクラブチェック、グレンチェックにタータンタイプと、体系づけて説明されていて、何ともデザインしたくなってくるような本です。
まあ載っているチェックを織るだけでもお腹いっぱいになりそうな位、デザインが満載なんですけどね!

あとエステードツイードについての話とか、読み物としても楽しめます。

誤字もなさそうだし、いい本だなーと思って、パッと広げたところに、大きな誤字を見つけてしまいましたけどね(汗)。P190の整軽が…。

難を言えば、文章面でときどき、行間を読まなきゃいけないというか、3回位読み直さないとちょっとわからないところがありましたが、まあわからないのは私だけかもしれない…。

あとは文章というか構成面の話かもしれませんが、この画像にはキャプションが欲しかったな、とか、ここからは織り地ではないと説明が欲しかったな、とか、巻末近くの見出しレベルがわかりづらいな、とかも思いました。

しかし、大変楽しめる本だと思います。
スポンサーサイト
コメント
丁寧に本を読んで頂き有難うございます
あれだけの人数と回数見ているのに
やっぱり、見落としがありました~
残念!Rikoさんに教えて頂くまで気が付きませんでした。指摘して頂いて良かったです。
冊子から入れたところだったので、気が緩んでいたのでしょうね。
文章が苦手な私が頑張って書いたので、わかり難いところは、想像して頂くしかないですね~ 
申し訳ありません。
内容も入れたいことが多すぎて欲張って、かえってまとまりが無い物になってしまいました。 
いつも良い読者でいて下さり、ありがとうございます。
【2015/09/19 23:09】 | タリフ #79D/WHSg | [edit]
>タリフさん
わあ、ブログへのご来場有難うございます。
いやーまとまりがないとは全然思わなかったですけど。楽しい本ですよ!
【2015/09/20 01:15】 | Riko #79D/WHSg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/978-108e2722
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫